会員制リゾートホテル事業などを手掛けるリゾートトラスト(本社=名古屋市)は4月19日、都内で4つの介護付有料老人ホームを運営するボンセジュールグラン(本社=東京都世田谷区)の発行済みの全株式を6月1日付で取得し、100%子会社化すると発表した。グループのシニア事業を発展させる上での基盤としたい考え。

 ボンセジュールグランは、都内で介護付高級有料老人ホーム「ボンセジュールグラン南平台」(渋谷区)、「ボンセジュールグラン杉並宮前」(杉並区)、「ボンセジュールグラン桜新町」(世田谷区)、「ボンセジュールグラン用賀の杜」(同)の4施設(合計居室数346 室)を運営している。

 リゾートトラストは、2006年に介護付高級有料老人ホーム「クラシックガーデン文京根津」(東京都文京区)を、09年に高級有料老人ホーム「モーニングパーク主税町」(名古屋市)をそれぞれ取得。今回の買収により、シニア事業の運営居室数は438室、売上高は約33億円となる。同社では将来的に運営居室数1000室を目指すとしている。


【関連記事】
ベネッセHD、ボンセジュールを傘下に―低価格帯ホーム拡大へ
介護事業、増収傾向続く―大手4-12月期決算
有料老人ホーム、27%増の3400施設―厚労省調査
通所介護事業所は増、訪問は減―08年施設・事業所調査
介護施設整備に民間事業者の活用を

過労死控訴 障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
<北名古屋市長選>長瀬氏が再選 愛知(毎日新聞)
「よく分からないけど」谷垣氏「つぶやき」総裁に(読売新聞)
愛子さま、登校続ける=始業式から1週間(時事通信)
<小池正勝参院議員>離党へ 候補選考に不満(毎日新聞)