日本原子力研究開発機構は10日、試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で同日、制御棒1本の挿入操作にミスがあり、試験を一時中断したと発表した。制御棒は約2時間後、正常に挿入された。環境への影響はない。

 原子力機構によると、この日の試験終了時、19本ある制御棒の2本を全挿入しようとしたが、運転員が操作を誤り、全挿入から3ミリ手前で制御棒が止まったため、午後8時50分に試験を中断。再び挿入操作を始め、同日午後10時38分に全挿入を完了した。原子力安全・保安院によると、運転員は今回、制御棒を初めて操作しており、全挿入の手前で制御棒のスピードが落ちることを知らなかったという。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:冷却系配管で高温警報

B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
<女性遺体>「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
素朴な“青空市” 街のにぎわい創出(産経新聞)
親子3人はねられ死亡 パンク修理中、トラック突入 中央道(産経新聞)
<普天間移設>首相、15日の訪沖先送り(毎日新聞)