政府は25日、ロンドンで28日に開かれるアフガニスタン支援国際会議で、反政府勢力タリバンの元兵士の社会復帰事業を支援するため、国際基金の創設を英国と共同提案する方針を固めた。基金は5年間で5億ドル(約450億円)規模とする方向で調整しており、日本は1億ドル程度を拠出する用意があることを表明する見通しだ。
 政府は5年間で50億ドル規模のアフガン支援を表明しており、その一部を基金に充てる方針。日英両国は、財政基盤の不安定なアフガン政府が元兵士の職業訓練や雇用創出を着実に行えるよう多国間の支援枠組みを調整していた。 

【関連ニュース】
【特集】オバマ語録
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
タリバン投降者にカネや職=日本は資金拠出の用意
出席できないのは問題=アフガン支援会議で岡田外相
日米安保クロニクル

中学生の塾代 不況でも最高 20年度、小・高は減少(産経新聞)
東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)
「QCサークル活動」発表会を開催-東京都(医療介護CBニュース)
<春闘>電機連合、賃金改善見送り 要求方針を提案(毎日新聞)
阪急通路1/4幅に“ラッシュ”(産経新聞)