独立行政法人国立高等専門学校機構(東京都八王子市)は22日、前日に実施した2010年度の国立高専入試の理科で出題ミスがあったと発表した。中学校学習指導要領から外れた設問一つについて、受験者全員を正解とする。
 機構学務課によると、設問は「酸・アルカリとイオン」に関する内容で、中学3年は習っていない。51校ある国立高専の入試には計1万3063人が出願。全国共通の筆記試験が21日に行われ、23日以降に合格者が発表される。 

【関連ニュース】
理学部入試で出題ミス=立教大
日本史で出題ミス=法政大入試
関係良好、韓国に配慮=自民は追及の構え
日本大使に遺憾表明=竹島めぐる学習指導要領解説書で
17人を追加合格=10カ月前の入試ミスで

国際犯罪の情報収集強化=グローバル化に危機感-警察当局(時事通信)
幼稚園狙い盗み、男逮捕=「夜人おらず入りやすい」-北海道警(時事通信)
<大津波・津波警報>鉄道24路線、東名高速などに影響(毎日新聞)
複数強盗殺人で初の求刑は無期 「同情の余地、遺族も求めてない」 裁判員 鳥取地裁(産経新聞)
「ローリング族」助長の不正改造、車整備2社を捜索 兵庫県警(産経新聞)