自民党は2日、夏の参院選で宮崎選挙区に現職の松下新平氏(43)、岡山選挙区に元会社員の新人、山田美香氏(42)の公認を発表した。松下氏は統一会派を組む改革クラブに所属していたが、1月に自民党へ移籍し、党宮崎県連の公募に応じていた。これにより、同党の参院選の候補は選挙区40人、比例代表23人の計63人となった。

【関連記事】
北教組事件で問われる民主の体質 「労組ぐるみ選挙」が常態化
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判
「切れ目ない景気対策」…浮揚効果は? 来年度予算の年度内成立が確定
自民が参院宮崎で改革クラブから移籍の松下氏公認を決定
山岡氏、主導の質問研究会でマニフェスト案検討も 党内中堅のガス抜きか
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

ケータイ派? パソコン派? 上手にこなす若い世代(産経新聞)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
<チリ地震>医療チーム派遣 鳩山首相が方針(毎日新聞)
投薬後の死亡で「遺憾」=遺族との調停、県が解決金-兵庫(時事通信)
ミス福分け娘「亀戸大根どうぞ」(産経新聞)