「広がったら怖い」「一部地域だけ」-。タイのタクシン元首相支持派「反独裁民主同盟」と治安部隊との衝突が起きた首都バンコクからの直行便で11日、成田空港に到着した駐在員や旅行者らは、帰国に安堵(あんど)する一方、日本人が巻き込まれる状況に困惑の様子を見せていた。
 デルタ航空機で帰国したバンコク在住の会社員山下知絵さん(35)は「街は電車が止まったり、商店が閉まったりしていた。(衝突が起きている)広場一面に(元首相支持派の)赤色シャツの人がいて、市街地まで広がったら怖いなと感じた。商売をしている友人も早く店を閉めるなど注意していた」と話した。
 バンコク在住のテニスコーチ酒井亮太さん(29)は、ロイター通信の日本人記者が死亡したことについて「すごく残念に思う」と言葉少なに語り、「(衝突があった)10日は物々しい雰囲気で、街の様子がいつもと全く違った」と振り返った。
 また、一時帰国した会社員森脇達也さん(30)は「一部地域で衝突が起きているという感じ。街の様子も普段と変わらなかった。死者が出たことすら知らなかった」と驚いた様子で話した。
 一方、観光のため来日したタイ人の銀行員ジュニア・シンチャレンフルさん(26)は「ニュースで衝突の様子を見て危険を感じた。危険な場所には近づかないようにした」などと険しい表情で話した。 

【関連ニュース】
【動画】タクシン派、繁華街で大規模デモ-タイ
死者19人、負傷800人以上=首相は辞任を拒否
日本人ジャーナリストが死亡=デモ隊強制排除で治安部隊と衝突-9人犠牲・タイ
響く発砲音、退くデモ隊=負傷者運ぶ緊急車両
デモ取材の共同記者がけが=タイ

勝連半島沖への移設反対=地元市民団体-普天間問題(時事通信)
「道路に飛び出さないで」=警視総監が新1年生に(時事通信)
自転車欠陥で大けが 損害賠償求め輸入元提訴(産経新聞)
<石原都知事>新党から出馬「あり得ない」(毎日新聞)
<鳩山首相>マニフェスト修正に前向き(毎日新聞)