日豪両政府は19日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を都内の外務省施設で開き、自衛隊と豪州軍の間で食料や燃料を相互に融通しあう「物品役務相互提供協定」(ACSA)に署名した。国連平和維持活動(PKO)や救援活動、共同訓練などの際、食料や水、燃料などの相互提供のほか、輸送や整備、医療活動でも相互協力を可能にし、効率的な部隊運用を目指す。日本がACSAを結ぶのは米国に続き2カ国目。

【関連記事】
日豪でACSA締結へ 自衛隊と軍、食料・燃料を相互提供
捕鯨問題で日本がラッド政権に立腹と豪紙
「日豪関係育成すべき」鯨問題で豪有力紙
外務省がEPA推進本部設置 政治主導で交渉打開?
ASEAN首脳会議閉幕 迫られるアジア共同体への対応
中国が優等生路線に?

【中医協】診療報酬改定の「特別調査」、今年度は5項目-検証部会(医療介護CBニュース)
<伊達政宗>伊達政宗から18代目 18代目党首が茶摘み(毎日新聞)
鹿も口蹄疫心配、でも対策が…頭抱える奈良公園(読売新聞)
<医療事故>ガーゼ取り残し、25年後に摘出 長崎(毎日新聞)
首相動静(5月25日)(時事通信)