神奈川県平塚市で昨年7月に起きた暴力団の抗争事件で、県警暴力団対策課などは23日、殺人容疑などで国際手配していた住所不定の指定暴力団住吉会系組幹部、穴井憲一容疑者(40)を逮捕した。県警によると、「今のところは話したくない」と供述しているという。

 穴井容疑者は他人名義のパスポートで潜伏していたバンコクで現地警察当局に今月7日に身柄を拘束され、日本に強制送還された。

 県警の調べによると、穴井容疑者はほか数人と共謀し、昨年7月5日、平塚市紅谷町の稲川会系組事務所で、事務所に出入りしていた男性=当時(34)=を拳銃で射殺した疑いが持たれている。

 この事件では、穴井容疑者を含め稲川会系と住吉会系の組関係者計11人が殺人容疑などで逮捕された。

【関連記事】
バンコクで日本の暴力団員逮捕 殺人容疑で手配中
殺人容疑で手配の暴力団幹部を逮捕 神奈川の組関係者殺害事件で
罰ゲームは死の覚醒剤焼酎 元組員「合法ドラッグ…飲ませた」
闇勢力相手に危険なマネーゲーム、黒木容疑者の手口とは?
山口組直系の組長を逮捕 神社改修代めぐり脅迫容疑

【集う】東京都若者総合相談公開研修(1月22日、都庁)(産経新聞)
脱北者「難民並み」に 政府、北朝鮮人権法改正を検討(産経新聞)
<龍谷大>院生にセクハラと解雇 教授は「恋愛関係」主張(毎日新聞)
変わる百貨店1階にスイーツ売り場 デパイチ登場(産経新聞)
首相動静(2月19日)(時事通信)