政府は12日、殺人など凶悪重大事件の公訴時効を見直す刑事訴訟法改正案を閣議決定した。公訴時効制度の見直しは05年の改正以来5年ぶり。未解決事件の被害者遺族の強い要望を受け、殺人など一部の罪で時効を廃止する内容で、刑事政策の転換となる。

【殺人と時効 各国の制度は】米国の場合 元検事、ケネス・オドネルさん

 見直しは人を死亡させた犯罪が対象。殺人や強盗殺人など法定上限が死刑に当たる罪は時効を廃止し、傷害致死や危険運転致死、自動車運転過失致死などその他の罪は現行期間の倍に延長する。過去に発生した事件でも改正法の施行までに時効が完成していなければ適用対象となる。【石川淳一】

【関連ニュース】
【殺人と時効 各国の制度は】フランスの場合 パリ第2大法学部教授、ディディエ・レブさん
【殺人と時効 各国の制度は】ドイツの場合 ベルリン・フンボルト大法学部教授、ゲアハルト・ウェルレさん
忘れない 「時効」よ止まれ アーカイブ
【関連動画】殺人事件時効の瞬間 被害者家族は  尼崎の19歳女性殺人事件
【未解決凶悪事件の特集】忘れない 「未解決」を歩く

ベルルスコーニ伊首相にノーベル平和賞を!(スポーツ報知)
<神奈川歯科大>補助金75%減額 巨額投資巡る詐欺事件で(毎日新聞)
文京区長育休 ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
民主の比例新人が勉強会(産経新聞)
米次官補来日中止、関知せず=鳩山首相(時事通信)