運勢鑑定の「高島易断」などを名乗る男らによる祈祷(きとう)料詐取事件で、兵庫県警生活経済課などは10日、詐欺容疑で和歌山市黒田の自称易者、西園徳盛被告(61)=詐欺罪で起訴=を再逮捕、新たに同市松島の元事務員、清水ひとみ容疑者(43)を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成16年7月~20年10月、兵庫県内で開かれた出張鑑定会場に訪れた同県南あわじ市の女性(83)ら2人に、「今年中に死ぬ」「このままでは息子さんは結婚できない」などと不安をあおり、2人から祈祷料名目などで計750万円をだまし取ったとしている。

 同課によると、清水容疑者は主犯格の西園容疑者に雇われ、13年ごろからクレーム対応などの事務的な仕事を任されていたという。

【関連記事】
【衝撃事件の核心】個人情報は漏れている!? “思い出”悪用、有名高卒業生宅狙う振り込め詐欺
メシ食いに記者もビックリ その手法とは…
「正月迎えよう」ラブホに1人で無銭宿泊 51歳男を逮捕
所持金1円で34時間居座り無銭飲食 男を逮捕
「高校のころから犯行」詐欺の岐阜県警元巡査に有罪判決

女高生に下半身露出=容疑で23歳男逮捕-警視庁(時事通信)
不明直前「波かぶった」=僚船に無線連絡-社長ら会見、状況説明・山田水産(時事通信)
いす底板に覚醒剤隠す 密輸容疑2人逮捕(産経新聞)
居酒屋で男が発砲、3人死亡=義母ら撃つ、離婚トラブルか-もう1人も重傷・大阪(時事通信)
【阪神大震災】鎮魂「京連鶴」6434羽、妻を思い折り続け(産経新聞)