原口一博総務相は22日の衆院予算委員会で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件に関し「『関係者によると』という報道は不適」との自身の発言について、「取材源を明らかにしなさいということは一切考えていない」と述べ、「関係者」の実名を明らかにしろという意味ではないと釈明した。その上で「不確かな情報によって巨大な資本が一色に人を追い詰めてはならないということを言った」と述べた。

【関連記事】
「地デジ応援隊」を創設 総務省、各界の著名人で
「『関係者によると』は不適」 原口総務相発言に広がる波紋
旧自由党解党時の資金移動質問で衆院予算委審議が一時紛糾
「取材源の明示求めず」TV批判で総務相が釈明
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”

<雑記帳>500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
小沢幹事長「毎度お騒がせいたしております」(読売新聞)
<政教分離訴訟>原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告と国、主張隔たり-今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
<元オウム幹部>新実被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却(毎日新聞)