社民党の山内徳信参院議員(元沖縄県読谷村長)は10日午前、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先を巡る関係閣僚会議の開催に合わせ、官邸前でキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)にくい打ち桟橋方式で滑走路を建設する案への抗議活動を行った。連立を組む与党議員が官邸前で抗議するのは極めて異例だ。

【写真で見る】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

 山内氏は「首相、『国外・県外』への公約守れ」の横断幕を前に演説。「政府は汗もかかず、米国の前にひれ伏している。沖縄に基地を押しつけることは首相としての判断力、資質が問われる」と強調した。【西田進一郎】

【関連ニュース】
【ニュースがわかる】沖縄の米軍基地をわかりやすく解説
<普天間移設問題>米大使、小沢氏と極秘会談「鳩山は信用できない」
<普天間移設問題>「5月末超えても交渉」 枝野氏、首相の責任否定
<普天間移設問題>月内決着見送り…官房長官が示唆
<普天間移設問題>政府案決定へ協議…首相「月内に方向出す」

口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
谷氏「やってみよう」 出馬決断は4月下旬 (産経新聞)
医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)
殴打後ひきずった跡=自宅周辺に血の付いた足跡も-私立校教諭殺害・宮城県警(時事通信)