札幌市で6月に開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の環境担当大臣会合の参加者を出迎えるため、北海道安平町早来の雪ダルマ郵便局から24日、スチロール入りの雪ダルマ(高さ約50センチ)6個がチルド便で発送された。

 APEC事務局が札幌・手稲山で作り、冷凍保管している高さ約180センチの雪ダルマ2体と一緒に大臣会合のある札幌市白石区の札幌コンベンションセンターで大臣たちを出迎える。

 安平町では雪ダルマを郵パックで全国発送している「ハヤキタユキダルマカイ」(真保生紀会長)が雪ダルマを大型冷凍庫で保管し、通年販売している。真保さんは「北海道の雪ダルマもいよいよ国際舞台にデビューです」と喜んでいる。【斎藤誠】

【関連ニュース】
警察庁:APECに向け警護訓練 警察官160人が参加
APEC:警察庁、開催に向け警護訓練
テロ対策連絡会:APECを前に会議--県警本部 /鳥取
APECかるた:読み句と絵を公募 子どもの関心アップで--福井市 /福井
APEC:ハンドブック作製 もてなしに活用を--県開催推進室 /福井

普天間、岩国市長が訓練移転など拒否表明(読売新聞)
亀田興毅さんの車接触される=運転中、けが人なし―東京(時事通信)
東国原知事「殺処分の49頭まだ生かしている」(読売新聞)
焦土の東京、写真にはっきり=最後の大空襲前後―地図センター(時事通信)
三原じゅん子、女優引退宣言 谷亮子を挑発「二足のわらじは無理」(スポーツ報知)