2次医療圏別の人口当たり医療施設従事医師数に、2008年末現在で最大16.4倍の地域差があることが2月1日、日本医師会総合政策研究機構(日医総研)のまとめで分かった。06年末時点の16.0倍からやや拡大した。日医総研では「もともと人口当たり医療施設従事者数が多い2次医療圏で、さらに増加したため」としている。

 08年末現在の人口当たり医療施設従事医師数が最も多い2次医療圏は東京都区中央部で、1000人当たり11.78人。最も少ないのは愛知県尾張中部で0.72人だった。
 このほか、多いのは東京都区西部(4.78人)、福岡県久留米(4.06人)、島根県出雲(3.98人)、栃木県県南(3.77人)などで、東京都区中央部が他を大きく引き離している。一方、少ないのは茨城県常陸太田・ひたちなか(0.84人)、北海道根室(0.87人)、茨城県鹿行(同)、北海道宗谷(0.91人)などだった。全国平均は1.85人。

 日医総研では、厚生労働省が2年ごとに実施している「医師・歯科医師・薬剤師調査」などを基に分析した。


【関連記事】
医師の需給状況の把握などが課題-総務省委員会が答申
人口千人当たり医師2.1人、OECD平均を下回る
格差17倍、二次医療圏別「千人当たり医師数」
産婦人科・産科の医師数10年ぶり増―厚労省調査
来年度の医学部入学定員は360人増―文科省

<雑記帳>大井川鉄道で「受験生応援SL」運行 静岡・島田(毎日新聞)
双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)
<感想文コンクール表彰>皇太子さま「良い本と巡り合って」(毎日新聞)
女子中学生2人にわいせつ行為、巡査長逮捕(読売新聞)
胸に刃物、マンション入り口で男性死亡 神奈川・川崎(産経新聞)