民主党の渡部恒三元衆院副議長と前原誠司国交相ら「民主党七奉行」が1日夜、都内の日本料理店で会談し、2月の長崎県知事選での民主党推薦候補の大敗などを踏まえ、夏の参院選の情勢は厳しいとの認識で一致した。

 会合後、渡部氏は「(参院選で)29ある1人区で、(民主党の候補が)必ずとらなければいけない。国民にアピールする政策を考えていかなければならない」と述べた。

【関連記事】
国家戦略相がルーズって…遅刻の常習犯、仙谷氏は大丈夫?
“凋落”民主…身内から次々と責任追及のイヤミ
「あの人が煽動」小沢側近が“黄門”渡部氏を痛烈批判
真紀子、沈黙やぶりついに始動!?擁護一転、小沢に反旗
「喜んでもらえるけじめを」渡部氏、七奉行称賛も
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

小林氏の議員辞職要求=「政治とカネ」を徹底追及-自民幹事長(時事通信)
調査捕鯨、継続前提に縮小も=保存と捕獲の両立模索-日本(時事通信)
JFEホールディングスとJFEスチールの社長人事(レスポンス)
<雑記帳>鉄腕アトムの五月人形を発売 群馬の人形店(毎日新聞)
<社民・国民新>民主に幹事長会談を要請へ(毎日新聞)