羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第2局は28、29の両日、栃木県大田原市のホテル花月で行われる。開幕戦を制した久保がリードを広げるか、羽生が追いつくか。注目の一局だ。

 第1局では久保が三間飛車から緩急自在の指し回しを見せ、羽生の猛追を振り切った。第2局は羽生の先手番で、持ち時間は各8時間。振り飛車を得意とする久保が後手番でどんな作戦を使い、羽生がいかに対応するか。序盤から目が離せない戦いになりそうだ。立会は屋敷伸之九段、解説は佐藤義則八段、記録は鵜木学三段。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:王将戦開幕 久保が先手番
将棋:卒業後も出雲で活動…高校生棋士・里見香奈さん
将棋:アマ王将位大会 さいたま市の遠藤正樹さんが初優勝
将棋:アマ王将戦開幕 準決勝・決勝は11月29日
将棋:名人戦A級順位戦 丸山と郷田が4勝目

内側にさび、缶入りパン15万個自主回収(読売新聞)
土地購入前日、8億円を集約=陸山会など複数口座から-資金洗浄意図か・小沢氏団体(時事通信)
3人乗り漁船、北海道白糠沖で消息絶つ(読売新聞)
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相(時事通信)
土佐弁で振り込め詐欺、都内で出身者狙う(読売新聞)