【バンクーバー=五輪支局】18日のスケルトン女子で小室希(仙台大大学院)が滑走前に失格した件で、日本選手団の笠谷幸生副団長は19日、日本ボブスレー・リュージュ連盟の関係者から事情説明を受けた。また、橋本聖子団長も「ここまできてスタートラインにも立てないのは遺憾」と関係者に猛省を求めた。

 小室は国際ボブスレー・トボガニング連盟が規格に適合したそりであることを証明するステッカーを、五輪では不要と勘違いしてはがし、失格。高橋宏臣監督は「事前にスーツや靴などがそろっているか入念に確認したが、ステッカーには気付かなかった。日本中の皆さまに申し訳ない」と謝罪した。

 そり競技では、リュージュ女子の安田文(北海道連盟)も15日の1人乗りの1回戦後に重りの超過違反が判明して失格となっており、日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は両選手が所属する日本連盟から「まずは説明を受けたい」としている。

普天間移設めぐり閣僚間の調整不足露呈(産経新聞)
飼料工場で爆発、7人重軽傷=溶接作業中-北海道・苫小牧(時事通信)
<脱税容疑>シティ元幹部を告発 東京国税局(毎日新聞)
<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)
<地震>福島、茨城などで震度3=午後6時53分(毎日新聞)