乗客106人と運転士が死亡、562人が負傷した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故(05年4月)から、25日で丸5年を迎えた。JR西日本は午前9時過ぎから同市総合文化センターで追悼慰霊式を営み、発生時刻の9時18分に参列者が全員で黙とうした。

【写真特集】もう一度事故の様子をみる JR福知山線脱線事故

 式で前原誠司国土交通相は、「最愛の肉親を突然失った遺族の悲しみを思い、痛惜の念を禁じ得ない。事故を風化させることなく、公共交通機関の安全対策に取り組んでいく」と述べた。

 またJR西日本の佐々木隆之社長は、国交省航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)から、公表前の最終調査報告書案を入手していた問題について、「経営トップによるコンプライアンス違反で、被害者の心情を深く傷つけた。許されることではない」と、改めて謝罪した。

 事故現場に設けられた献花台には、早朝から遺族や負傷者が花を手向け、犠牲者の冥福を祈った。【小坂剛志】

【関連ニュース】
<福知山線脱線>被害者へメルマガ100号「孤立しないで」
<福知山線脱線>事故当時の車掌献花…「道義的責任感じる」
<福知山線脱線>JR西歴代3社長を強制起訴 指定弁護士
<福知山線脱線>JR西日本歴代3社長の起訴内容要旨
<福知山線脱線>遺族らアンケ 9割が「事故報告書に不信」

東大寺にふすま絵40面奉納=日本画家、5年がかりで制作-奈良(時事通信)
<西武鉄道>変電所停電で運転一時見合わせ 7000人影響(毎日新聞)
<ウナギ>稚魚の漁獲量激減 中国、台湾も 土用の丑ピンチ(毎日新聞)
「土佐大好きぜよ!!」宮迫博之さんの色紙盗難(読売新聞)
橋下知事の仲介、合併破談2市町が6年ぶり連携協議(産経新聞)