認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

DSCN2751早いもので、イプ君のレポートを初めて4ヶ月が過ぎました。

実際には、レポートの1ヶ月前から乗り始めていますので5ヶ月いっしょに過ごしたことになります。

その間、かなり素人目線の勝手きわまりない、ともすれば的外れなレポートもあったともいますが、まぁそれはそれ!そう感じちゃったんだから仕様がないってやつです。

感じ方は人それぞれですので、「jimaそんな風に思うんだ〜ちょっと変わってるね~」くらいに軽く受け流していただけると幸いです。

実際には、7月末の段階で45,272kmだったオドメーターは現在48,675kmと約3500kmほどをこの4ヶ月間で走行したことになります。

燃料の消費に関しては、度々レポートしてますが街乗りチョイ乗りでは夢の様な数字は出ません。国産のスモールカーに全くかなわないというのが正直なところです。

しかし振り返ってみると、この4ヶ月間で給油回数は5~6回ほどで、「満タン〜エンプティ」に置き換えてみると4回弱と言ったところだと思います。

47Lタンク4回分で3500kmあまりを走ったという事は、ざっくり計算すると18km/Lオーバーとなり、意外と結果は健闘しています。

これは、燃料の価格差を考えた場合、都内では軽油とハイオクで40円/Lほど差のあるところもありますが、30円で計算すると190Lで5700円も燃費セーブ出来たことも意味しています。。。わずか4ヵ月ですよ♪

1年間で夢の国へ家族3人が遊びに行ける費用が捻出できちゃいます。

ただこれには、ちょっとしたコツがあります。

チョイ乗りだけじゃなく、ちょっとしたドライブにもたまに連れ出してあげることです。

しかし、シルバーウィークのレポでも書きましたが、コンパクトなクルマは出先でも比較的置き場に困らず、下手に大きい車で出かけるよりも車内に一体感もあり運転手としては楽しいドライブになります。

と、ちょっと真面目に総括してみましたが、僕はこの4ヶ月間でイプ君をどう思ったのかと言うと・・・・かなり気に入ってます。まさに「愛いヤツ」って感じです。

年明けは、念願の点検に突入です♪

年末年始は我がVWバスで出かけてしまうので、このレポートもひとまずお休み突入です。

それではみなさん、よいお年を!

y-091222-01年末に向けて大掃除やらなんやらで巷はなんだかあわただしい感じです。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

これからしばらくは天気も良さそうなので洗車&室内清掃をしました。

以前にもブログで書きましたが、洗車などの手入れすると普段気がつかない事なんかも発見したりしてクルマの状態を把握することもできるのでとっても大切です。


y-091222-02

この写真・・・何だかまったくわかりませんね。。。

残念なくらいピンボケです。

すみません。

これは、ドアについていたキズです。

通称「ドアパンチ」ってやつです。

このドアパンチ、隣の車がドアを開けた際にぶつけて出来た傷で、東京あたりに住んでいると結構な頻度で被害にあいます。

と言うのも、そもそも都会の駐車場はコインパーキングにしろ月極めにしろ1台あたりのスペースが狭いところが多いからです。

比較的、被害を少なくする方法は、多少不便でも入口などから離れたすいているところに停めたり、枠のセンターよりも隣のクルマの運転席寄りに駐車するのがコツです。

それは、普段運転する人より、助手席などに乗せてもらっている普段クルマに意識がないような方がドアを開けるときにぶつける可能性が高いからです。

あとは、仕事クルマのような乗りっぱなしの手入れの悪い車の近くにも停めないほうが賢明です。。。と、僕は思っています。

しかし、いくら気をつけていても、相手がすることなので防ぎようがありません。

やられてしまったら十中八九泣き寝入りです。


y-091222-03しかし、キズが浅ければ、これで何とかなります。

これは、超微粒子コンパウンドです。

場合によっては、細目、極細目、超微粒子と3種類ほど使用します。




y-091222-04

使いは、堅めの背がついたスポンジで・・・・

コスルベシ!ゴスルベシ!!

この時、円回転ではなく垂直または水平の一定方向への往復で磨きます。





y-091222-05

乾いてくると白くなってきます。

このあたりはワックスと一緒です。








y-091222-06

最後は柔らかいきれいな布でふき取ります。

これで大分きれいになります。

コンパウンドで磨く際は、磨き過ぎない事が重要です。

細目などではやり過ぎると下地まで出ちゃうことがあるので、何度も少しずつ様子を見ながら慎重に行いましょう。

特に、エッジ部分などはもともと塗膜も薄いので注意が必要です。プロの磨き屋さんのようにちゃんとマスキングしたほうが良いですね。

大分目立たなくはなりました。

しかし、本当に勘弁してほしいですね。。。ドアパンチ。

今年も残すところ僅か。適当に過ごしたかったのですが、世の中そんなに甘くないですね。
先週よりスタートいたしましたメルセデス・ベンツ企画次回分の取材で、おなじみアラFIVEオヤジチームUCG元編集長とチョット広島まで。気楽な気持で片道834キロひとっ飛び?だったのでしょうか。
勿論、相棒はE320CDI。さて道中は?

広島 001
広島市内のホテルまで

834キロ









広島 002現在時刻

12月19日(土)

午前10時

広島到着予想時刻

20時33分と出ました。

やはり10時間は掛かるか?

広島 006
それでは、いざ出発です。

アラFIVE頑張ります。

これも有難い土・日曜日

高速道路1,000円のお

陰です。本当か?
費用の事を考えるとこうなるんです。

広島 013
一回目の休憩足柄SA
ちー、をして
スタバーでコーヒーブレイク

1時間33分経過
到着予想時刻
20時51分




広島 018二回目のちーは
遠州豊田SA
そして
昼ご飯、レバニラ定食


あと、608キロ
到着予想時刻
21時02分




広島 019三回目のちーは
養老SA

時刻は14時45分

あと452キロ







広島 020
到着予想時刻

20時35分

少し取り返しました。







広島 021
で、コーヒーブレイクと思ったのですが外はなんと雪

数日前から降っていたようです。
夏タイヤではこの先の
関ヶ原がヤバイ。と、ちー
をして早々に出発。




広島 026
ここ、雪景色の東名高速

東北道を走っている気分
のようです。








広島 029
こんな感じ

今年はスタッドいるかも?

これでタイヤメーカーも
一安心となればいいのですが。





広島 033
その後、危険エリヤを抜け
無事20時15分広島着。
お疲れ様でした。
ちなみに夜ご飯はホテル
近くで焼き鳥、刺身・・・
でした。
さあ、早く寝て明日から
取材です。



広島 039
翌日は広島での取材の後
大阪に移動。月曜日もう
一箇所取材後、帰社。

左写真は広島にて給油後
大阪を経由しての数字。

879,4キロ




広島 040
879,4キロ

燃費1リッター当り

14,6キロでした。

距離を重ねる毎に少しず

つ伸びているようです。



V8 5リーター同等の動力性能、装備で、この経済性。
高速道路1,000円は、このクルマに乗る最大の理由になると思う。

そして、片道800キロ走ってアラFIVEオヤジは腰が痛いとは感じなかった事もお伝えします。元気でした二人とも。

                            今度は北か・・。T M






y-sakaigawaすっかり冬本番ですね。

年末も押し迫まり、慌ただしい毎日を送っています。

昨夜などは、外気温計をみると3℃となっていて、「路面凍結の危険がありますよ!」と、走行中にインパネ内の雪結晶マークが点灯しました。

そんな毎日ですが、ここ最近イプ君に乗っていて気になることがあります。

それは、エンジン停止時にキーをオフにした直後に「ブルルン、ブルルン、ンゴッゴ」と大きめな振動を伴って停止することです。

なんていうか・・・丁度ランオンしている感じです。。。ディーゼルの場合はディーゼリングって言うんでしたっけ???ですね。

一般的に言われるディーゼリングのように何十秒も回っているわけではないし、警告灯類にも点灯が見られないので大丈夫なのかも?とも思いますが、やはり気になります。

考えられる原因は、フューエルカットオフスイッチなどの燃料系?もしくはエンジンの過熱による自己発火。しかし、燃料がなければ発火もしないので燃料系かもしれません。

ディーラーさんからは、以前連絡してからその後も入庫の案内が無いようなので忘れられちゃったのかもしれません。大分時間も経ってますしね。。。トホホ。

大事に至る前に、再度催促してもらったほうが良いかもしれませんね。

「これまでも、これからもメルセデス・ベンツ」
認定中古車ドットコムにおけるメルセデス・ベンツ統一スローガンとして
特別企画が本日よりスタートいたしました。
第一回は「選べるEクラス」から、メルセデス・ベンツを徹底紹介してまいります。全国のメルセデス・ベンツ正規ディーラー様にお訪ねしての生の情報をお届けいたします。最新モデルW212デモカーからW211前期モデルお買い得車両まで盛りだくさん。そして、多くの販社ご担当様が推奨するディーゼルエンジン搭載車E320CDIスペシャルレポートご覧ください。

                    こちらです

このページのトップヘ