認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!


IMG_6526 (1) 
















 連日の寒さで冷え切っている我が相棒達。
 「幾ら冷えたって一発始動が使命だ!何たって何時も綺麗に
  して貰っているからダダを捏ねたら追い出される。
  最近では450SELが去って行った。理由はイマイチ
  信用出来なかったから、と聞かされた。う〜ん、年齢差
  は有れどガレージの仲間だ!みんな、シッカリ健康管理
  して永い仲間でいような!」
 そうだろう、そうだろう、健康管理も怠らず、何時も身ぎ
 れいにして貰ってるんだからねぇ〜、頼みますよ相棒達!
 
 



IMG_6466 
















 沖縄から戻り現役復帰したランチャY。
 当時、小さな高級車として知る人ぞ知る存在だった。
 10年経ってもコンパクトカー需要は旺盛なのだから、
 スポーツ系でなくラグジュアリー系のコンパクトカー
 があれば売れると思うのですがねぇ〜。
 


IMG_6378
















 齢を重ねる毎に抜けてゆく脂分。尖った性格は丸くなり
 選ぶクルマも変わって来た。「衣」「食」「住」
 のステージを表す道具から、一人のクルマ好きオヤジと
 して愉しい人生を送りたい。気が付けはスマートとイプ
 シロンは車齢10年を越えリフレッシュまでしていた。
 古いクルマが良いとは言わないが、最近のクルマは高価
 になり過ぎクルマ好きが造り、売っているとは思えない。
 とまあ、面白いクルマないですか〜、、というこの頃で
 した。そんな折、師匠から「弄ると愉しいよ!」と薦め
 られたシトロエンC2。WRCで暴れまくった姿は記憶
 に残るが存在は薄かった。そんなC2を弄れと言う師匠
 それなりの経験が有るらしく1,6 L VTR,VTS 2台
 の在庫が有った。そこに、嵌められるクルマ好きが現
 れたのだろう。そして、素直な私は「その気になり」
 シトロエンC2弄りプロジェクトを始める事にした。
 車両+弄り含めて120〜150万円位で始める予定です。
 欧州では「ヤングタイマー」〜30年未満のクルマを安価
 に愉しむクルマ好きが増えていると聞きます。成熟した
 クルマ文化を持つ日本に於いても根付いて欲しいですね!
 IMG_6409
 
 
 










 


IMG_6364
















 グダグダになる前に沖縄から戻したイプシロン。
 昨日到着し磨きコーティングを実施した。
 どうです何とかグダグダに成らずに済みました。
 やはりイタ車はイイ!
  


IMG_6342 
















 導入から15ヵ月16,000キロで汚れが目立って来た。
 と、言うより汚れが取れない。特にプラスチック類の
 白みは気になる。素材に問題があるのだろう。
 だから、汚してはいけない、汚れたらどんどんボロ
 になって行く感じだ。まあ、造る方も承知しており
 汚れたら乗り換えて下さい。とでも言いたいのだろう。
 乗り物として優れてる最近のクルマ。愛情が湧かない!
 
 
 














 

このページのトップヘ