認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2011年02月

イプ-バンパー 004

毎日の足に都内を相変わらず元気に走ってるイプ君です。
おひさしぶりですこんにちわ。

この冬は、例年以上の冷え込みで先週などは都内でも結構な量の降雪がありました。

そんななかでも6万kmを超えてなお相変わらず好調をキープしています。
頼もしい限りです。

最近ちょっと気が付いた事があります。
ディーゼルってもしかしてヒーターが効き始めるのにガソリン車に比べて時間がかかる?エンジンが温まるまでちょっと時間がかかるのかもしれないという事です。

でもまぁ効き始めてしまえば何にも問題は有りませんし、だから不便と思うような事もありません。
ただちょっと思っただけです。

そんなイプ君ですが、雪・雨などに有ったせいで洗車したいなぁ〜と思っていました。

superglo-04前回ここでも紹介したとおり、ボディコーティング剤SUPER GLOSSで軽〜くお手軽にコーティングを施したイプ君。
どの程度の耐久性があるのか興味もありスタンドの洗車機でシャンプー洗車をしてみました。

結果は、水弾き(撥水)力はまだまだ健在で、今までのコーティング剤より断然耐久性が高いんだなぁと実感しました。

ただ、施工直後のヌメヌメ感(触った感じがそんな風なんです)は無くなってしまっているようで、やはり最初は念入りに数回塗って、その後は水洗いの後に軽くメンテナンスのつもりでふき取るついでに塗るというのがツルツルヌメヌメを保つ簡単な方法かもしれません。

イプ-バンパー 001bと、そんな変わらぬ日々を送っていたのですが、平穏で平和な日々とは永くは続かないようで、今回の洗車時にフロントバンパーに結構な傷を発見してしまいました。

誰だよ!!!!!

がっ!しかし、この1週間自分以外はこのクルマを動かしていません。

じゃぁぶつけられたのか?

でも、どう見ても自分で擦ってすんだよなぁ。。。

じゃぁ誰?・・・・・・・・・僕か・・・ orz.....チーン

これだけの傷が付けばその時に気が付きそうなものですが、全く覚えがありません。

一体どこで?自宅の駐車場?そんなはずはと思いながら事務所の駐車場を見ると。。。。。
イプ-バンパー 003b
丁度良い高さ、そして良い感じの角が。。。。

以前から注意はしていましたが、どうやらここに擦ってしまったようです。ハゥ~ン

さてさて、事の顛末と事実を社長に告げると「しょーがねぇなぁ〜。まぁそのまま乗れば?あまり場所的に目立たないし。」と意外と大らか。

でもでも気になって仕方が無い。
申し訳ないし。。。イプ君に。(社長にじゃねぇのか!いやいや当然社長にも)

まぁ懐に余裕がある訳ではないですが、自分の不始末と言う事と、基本的に自分が気になっちゃってるって事から「治さなくて良い」とは言われたものの、このくらいの傷って結構つけちゃうし修理すると一体いくらほどかかるのか今後のためもあり調べてみる事にしました。

修理にかかる費用は、本当にピンからキリのようで1万円〜10万円と驚くほど価格差があります。

クォリティ重視でバンパーを脱着し擦った部分を成型後全体を塗装する場合から、脱着せずに部分塗装だけの簡易的な方法などで価格に差が出るようです。

ネットで調べると5000円で請け負っているところもあり、この業界も低価格化が進んでいるところもあるようです。

しかし超低価格で請け負っているところでは、塗装時の色合わせはカラーコード合わせのみ(現車合わせはしない)ノークレームなどと書かれているところもあり、あからさまに安かろう悪かろうの匂いがぷんぷんします。

意外だったのは、全国的に大きくフランチャイズ展開をしているクイックリペア店での見積金額や、大手カー用品店での金額が意外と安くなかったという事です。(4〜5万円)

そんななか「これは!」と思ったのは、意外や地元の板金屋さん。2万円くらいで何とかなりそうです。

なにが一体「これは!」なのかと言うと、最近ではガソリンスタンドなどでもクイックリペアをスタンドのスタッフが研修を受けサービスを行っているところなども多いですが、この手の作業は結局はやる人のスキルで仕上がりが変わってしまうという点で、長い間板金塗装に携わってきた職人さんにはかなわないと思うからです。

見積してもらった職人さん曰く「ちょっとと思っても治した方が良いんだよね。治さないと扱いが雑になってどんどんクルマがボロくなるし、『もうちょっと傷んでからまとめて』なんて思っていると思いのほか費用がかかるしね。」だそうです。

作業自体は1.5日ほど。近いうちに修理する予定です。

皆さんも気になる小傷などがあったら、地元の板金屋さんに一度聞いてみると良いかもしれません。
聞くのはタダですから♪

SUPER GLOSSの詳しい情報はコチラから
----------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.2.1
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!
認定中古車.comスマートフォンページ続々補完中!!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!
またVer.2.1ではwebサイト認定中古車.comへもシームレスに閲覧可能です 

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」


修理に出していたホイールがやっと戻ってまりました。
その修理技術、まずは写真でご覧ください。
BEROF

E320CDI 104

AFTER

ホイールリペアー 004

ホイールリペアー 005

ホイールリペアー 006

修理箇所の写真を撮るに当りさて、何処だったか?
見分けがつきません。修理前の写真を見直し、ああ、JWLの
マークの所と確認出来た。
修理箇所を目視で見つける事はまず不可能と思われる修理
技術。さすが日本の技術は世界一と関心した。
最近はチョット停滞しているが我が日本まだまだ世界に負けません。
頑張れニッポン!です。

ホイールリペアー 001

診断書なるものが付いてきました。
指摘は研磨による肉薄から強度の低下に注意と言うもの
まあ一般的な指摘ですね。

ホイールリペアー 002

ホイールリペアー 003

気になる費用は近くのSSを通しての価格です。

修理費(送料込み) 23,342円
タイヤ脱着費 5,250円         合計28,592円

傷ついたままか、多少の労力と費用を掛けるとこの様な結果
を得られます。私は充分満足を得られました。

                                  T M


新車は必ず中古に成る運命にある。
正確にはナンバーを付けた瞬間に中古車になります。
もっとヒドイ言い方をしますと価値は70%位と思ってください。
だから中古車を買いましょうと言っているのではありません。
新車を買う理由は沢山有ります。中古車では知る事の出来ない
多くの満足があります。

でも、その一方ですぐ中古車に成るのなら中古車からスタート
しても同じじゃないかと言う考えも有ります。

それでは新車と中古どちらを選ぶのか?
大切な事は「選ぶ理由」がはっきりしている事だと思う。

たとえば我がメルセデス・ベンツE320CDIを選んだ理由は
ただひとつ。経済性を重視しての事。
オヤジで有りながらオヤジクルマを嫌っていたのに昨今の
経済状況を考慮してディーゼルの経済性を重視した結果
オヤジクルマを選んだ。そして導入1年を過ぎた現在大変
満足していると言う事実がある。

発売当初よりCDI車両本体価格850万円は高いとの声が
多かった。あるディーラーの方は500万円台だったらもっと
売れるのに残念だ。CDIは認定中古車で買うのが賢い買い方
でしょう。と仰っていた。

そして、E320CDIの賢い買い方が、現実に成る時が来た事実を
お伝えしようと思います。

新車本体価格850万円、スライディングルーフなどのオプション
を入れると総額900万円のもなるE320CDIアバンギャルドが
メルセデス・ベンツ サーティファイドカー(認定中古車)で
300万円台で買えるまでに成りました。

一年ほど前に新車で購入した我がE320CDI(サンルーフ付き)
今では48,000キロほど走った立派な中古車。
走行48,000キロ、業界では過走行車と呼ばれマイナス査定
され相場より安く販売されます。
理由は簡単、何の根拠も無く走行距離の少ない方がいい物と
思われているから。

確かに走行距離は少ない方が良いいですが、それは情緒的
な事でクルマ本来の性能とは別の話です。現に48,000キロ
走った我がCDI新車当時よりエンジンの調子がいい感じです。

もし、今50,000キロのCDI300万円台で買いますか?
問われれば間違いなく「YES」と答えます。
何故ならば価格も品質も充分満足出来ると思われるから。

最近、また燃料が上がってきました。
ハイブリットと言う情緒的流行を追うのもいいですが、真の経済性を
追求すれば間違いなくディーゼルじゃないでしょうか。

そして、充分に減価償却され、信頼と安心が担保されたメルセデス
ベンツ サーティファイドカー(認定中古車)を選ぶ理由は充分に
有ると思います。

昨年12月28日よりメルセデス・ベンツオフィシャルサイトとの提携
により全国のメルセデス・ベンツ正規ディーラーの認定中古車在庫
全てを本サイト認定中古車ドットコムにて検索閲覧が可能となりました。

今日からCDIのウォッチ始めてみませんか。

CDIオートクチュール 018
   
 こちらから、日々のメルセデス・ベンツ在庫を確認できます。 
          
                                T M

















このページのトップヘ