認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2012年09月

E320CDI 216

 「お乗り頂けます」と、
   主治医であるメルセデス・ベンツ品川、サービス鈴木氏より
   ご連絡を頂いた。

 早速、スマート451と入れ替えがてら受け取りに。
  
 原因分かりました?

 「テスト走行後考えられるチェックをいたしました」
   足回り、ブレーキ、そして疑われたサイドブレーキ分解など
   実施しましたが、異物、擦れた形跡など認められませんでした。
 この状態でお乗り頂いても問題ないと思われます」

 SSでリフトアップして確認してもわからなかったが、見えない
   所に何かあったらと心配しての入院。
   ディーラーのお墨付きを頂いたので一安心。
   明日は安心して静岡まで行けるか。

 そして、帰路の首都高速であの音が聞こえてきた!
   右側から、、、、、、、

 










どんなにエコなクルマに乗ろうが高燃費を出すことが出来ない我が右足。

前々から 何故ゆえに他の人と比べて燃費が悪いのが以前より不思議に思っていました。

僕の運転スタイルは特にかっ飛ばすわけでもなく自分で言うのもなんですが営業M君などの方が飛ばすし、 それに比べればホントおとなしいほうだと思います。

しかし不思議な事にかっ飛ばすM君のほうがこの手の話になると燃費がいい。

日頃、営業で外回りが多く高速などの利用が多いことも日常の平均燃費に影響大とは思いますが、それだけではないのではないかとうすうす思ってはいました。

でも最近オンボードコンピュータの燃費表示を見ていて、もしや!と有ることに気が付きました。

それについては只今絶賛検証中でまたまた次回以降にご報告できればと思っています。

さてさて話変わって先日ちょこっと静岡まで行って来ました。東名高速を利用したわけですが春に開通した新東名を初めて走りました。

感想としては非常に走りやすい!

イプシロンにはオートクルーズが装備されており、従来のルートよりカーブも起伏も緩やかになった新東名では威力を発揮します。非常に楽ちんです。

IMG_1053
IMG_1055

そして毎回驚かされるのは高速道路利用での燃費!

行きに満タンにしオンボードコンピューターのトリップB(イプシロンはトリップなどをABの2つ計測できます)をリセットし走行距離432kmで平均燃費23.4km/L。

約18.5Lの燃料消費です。片道9Lちょっとって。。。すご過ぎます。
オンボードコンピューターがあてにならないんじゃないか?と思ったりしますが、2枚目の画像中央の小さな円形のメーター左側が燃料計です。針が半分にも達していません。

今全国の燃料代の平均が(2012年9月27日現在)、軽油で125.2円/L、ハイオク157.2円/L、レギュラー146.3円/Lだそうで、今回の燃料代は2320円ほど。これがガソリン車だったら2710円と400円ほどリーズナブルです。

しかしコレも単純計算での数字で、最新のエコカーのカタログ数値であればもっと下がりそうですが、そこそこエコな普通のクルマ(以前レポートしていたルノーTWINGO など)は、ハイオク指定で高速でもせいぜい17km/Lくらいで(コレだって立派な数字です。)

しかしイプシロン・マルチジェットのべらぼうな燃費にはかなわないし燃料単価も安いので、非常にエコノミーです。 

こうして悪魔の右足を持つ僕ですら、高速の走行ではこれだけの数値が出ます。すばらしい!

そしてこの事も(僕でも高速なら高燃費) 踏まえて色々と考えると日頃の走行でなぜに高燃費がマークできないのかが見えてきました。。。。多分。

E320CDI 215

 最近、活躍中のCDI異音がしだした。

 77,000キロでやっとこさ故障か?
 なんて喜んでいる訳ではないのです。

先々週、福井日帰り時に聞こえてきたキュキュキュからシュシュシュ
途中のSSでリフトアップして点検するも素人目には異常なし。

本日、主治医の下へいきました。

さて、さて、音は何処から、何が原因なのか?






Ypsilon-data-a前回ここでフォグランプのバルブが片方切れていることはお伝えしたとおりです。

その時、前任者が「どうやらバルブの交換はちょっと面倒らしく、11月の車検時に修理予定」と聞いていました。

前回のヘッドランプバルブ交換ですっかり自信をつけてしまったワタクシは、「たかだかフォグバルブごときで〜」と正直思ったわけです。

Ypsilon-data-bその後、なぜか英語版のランチャイプシロン-ワークショップマニュアルを入手!早速燈火類のページを見ました。。。

なるほど・・・バンパー下部に付いている補助灯のバルブ交換をするためにはインナーフェンダーを外す必要があるのか・・・ってことは、ジャッキアップしてタイヤ外さなきゃならんかよ!

もしかしたら、ハンドルを目一杯切ればタイヤ外さなくても出来るかもしれませんが、 経験上 大体こういう場合ちゃんとタイヤ外して行ったほうが簡単だし早いというのを過去幾つもの失敗から学んでおります。
自分でも出来そう。。。でもなぁ以前イプシロンでパンクした際ホイールのセンターキャップが外れず、結局は JAFのお世話になったことがあります。

ってことで、この件は11月まで放置決定!!

さてさて、話変わって。。。
ただならぬ愛情をイプシロンにも持っている弊社社長 。
当ブログでも書かれている通り僕の所へ今回来る前に一瞬乗っていたのですが、 その間にSEVの再装着やらボディコーティングやら、ヤレてしまったエンブレムを交換したりと新車当時とは言わないまでもそこそこのリフレッシュ作戦を敢行してました。

そこで、ブログに書かれていてまだ施工されていないのは新型ナビへの交換ですが、確かに5年前のナビですが実は実用的には全く不便がありません。気になる点といえば地図が古いくらいです。

それも地図をバージョンアップすればそれで解決!と思っています。
新品に付け替えだと製品代+取り付け工賃。地図のバージョンアップなら2万円ほどのようです。個人的にはそれで十分じゃないかなぁと思っています。

できればその予算を足回りのリフレッシュに充てたほうが安全かつ気持ちいいクルマになるんじゃないかなぁとワークショップマニュアルを眺めたりしています。そのあたりの事はまた次回!!

福井出張 011

 先週金曜日、福井県のある正規ディラー社長に取材を兼ねて
 お目にかかって来た。
前日の集中豪雨が気にかかっていたがショールーム内にも
水が入ってしまったとの事。・・さん、昨日だったら掃除のお手伝い
しても貰うところだったね!

2年振りのご挨拶が、8年前の豪雨被害を経験した社長の機転
で今回の被害を回避できた事。
早朝一人で車両10台を避難させたお話だった。

それでシュールーム床のACコンセットが外れているのか?
言われなければ解らない程にシュールームの掃除が行き届いて
いるのには正直驚いた。

福井出張 005

 さて、久し振りの遠出。もちろん相棒はE320CDI、3年目、
走行75000キロ越えてのコンデションは絶好調を維持しており
気持ちが悪いほど。

福井出張 006

今回は一人旅、人体のコンデションを整える意味でCDI同様に
SEVを首、腕、足に装着して出発。
思った以上に人もクルマも元気だ!
やはりSEVのお陰か?これ以上言うと怪しくなるので、、、

福井出張 009

 本当に気持ち悪いほど調子がいい。
100〜120キロ巡航を2000回転程度でこなすV6、3000cc、
ディーゼルエンジン、55,1キロの強力なトルクを生かした走り
はストレスを感じません。
絶対的にエンジン回転数が低い事はストレス軽減になると思う。

写真

昼は、羽柴秀吉と柴田勝家が争った滋賀県北部の
賤ヶ岳SAで、夏の麺合戦!梅塩冷やしうどん650円を
梅の好きな方には合うと思われる。
入っている具を考えても少々お高い感が、

写真

約3時間の滞在を終え午後3時半過帰路に就く。

途中どこかで泊まる事も念頭に走るも思った以上快調に走れて
気が付けば三ケ日まで来た。

ここで気が付いた新東名走って無いことに、標識のままに三ケ日
より新東名より東京へ向かう。

休憩も兼ねて各サービスエリアを探検する事に
 
写真

 最初の浜松SAでは先に燃料給油をしたら施設に戻れなくなって
見学断念。
訳の分からない誘導路は訳が分からなくなります。
最近のトレンドなのでしょうがもっと単純でいいのでは。

写真は最後の駿河湾沼津SA。
浜松SAは見てないが、まあ似たり寄ったりでしょうかね。

それから新東名高速の上り線は下り勾配が多いように思われ
自然にスピードが出てしまうので充分注意がいる。

走りやすいので最高速度の引き上げもあっていい気がします。

写真

 1027キロ走行後の燃費は13,5キロ。(走行モードはエコノミー)
 最近SEV Sブロック3Dをイプシロンに移植した為この数字
 に成ったと思われる。
 本来なら14キロ台は出ていたはず。
 
 CDIコンディションは更に良くなっている感じがする、ディーゼル
 エンジンは十万キロ単位で乗れるほど丈夫だと言われる。
  信用できるんじゃないでしょうか。
 










IMG_1034
先月頭にルノーTWINGOにお別れをし、その後つなぎで借りていたスマートブラバス赤の初号機をも返却、そしてまたまたイプシロンに乗る事になったjimaです。

前任者からカギを受け取る際に「昨夜気がついたんですけどヘッドライト片側切れてます。」との事でした。

もともと純正のヘッドライトがハロゲンの55Wと、最近すっかり視力にまで老いを感じている自分としては、ちょっと暗めなせいもあり片側切れていても全くわからないような感じでした。

でもまぁしかし、整備不良車をそのまま乗っているわけにもいかなし、そういう部分がちゃんとしていないクルマが大嫌いってのもありまして翌日近所のカーショップでバルブ購入&交換をしてもらおうと思っていました。

IMG_1033出かける前に、一応切れてるバルブを確認するために外してみると、H7-55Wのシングルバルブでした。

以前乗っていた時も全く気にしていなかったのですが、この型のイプシロンは、HiLow別でHiビーム時は同時点灯でした。

車庫の物置に、弊社社長が過去にバルブのハイワッテージ化やHID化の際に外したノーマルバルブが幾つかあり、もしかしてH7とかもあるかも〜と見てみると1setH7ノーマルバルブを発見しました。ラッキー♪ 

ヘッドライトカウル裏側のラバー製の蓋を外しバルブホルダーを左に45度ほど回すと外れます。
バルブはホルダーのソケット部分に刺さっているだけなので、外して切れていないモノに交換し外した時と逆の手順で戻せば完成です。

ただその際に、バルブのガラス面に油脂が 付いてしまうと点灯時に切れてしまうので素手で触るのはご法度です。

そして、取付けのスペースに余裕のある場合であれば素手での作業も気をつければ可能ですが、なにせ小さな高級車イプシロン!見た目通りに狭い!その為、作業には綺麗な軍手をはめて行う必要があります。まぁスペースがあっても突起物などで怪我をする場合もあるので軍手はなるべくつけたほうがいいですけどね。 

そんなこんなでヘッドランプは復活!。。。

しかし、実はフォグも片側切れてるそうです。 

こちらはバンパーだかなんだかを外さないとバルブの交換すらできないようで、11月に迎える車検時に一緒に整備・修理の予定です。 

さてさてイキナリ修理からですか!!!

ってな感じなのですが、久しぶりに乗ったイプシロンは、1年半前より多分走行距離が3万km以上伸びています。そしてメデタク10万kmもオーバー。
あの頃の印象からすると愕然とするようなヤレっぷり!

しかし2日ほど乗って見ましたが、あの頃の小さな高級車な片鱗は残っているようです。
そのあたりはまた次回!

このページのトップヘ