認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2013年05月

__
















 燃料添加剤3本使用して、どうなったか?
 まず、昨日帰宅途中に給油をした。
__
















 給油量 31,12リッター。
 燃料添加剤は一応休止にしたのでほぼ通常燃料になった事
に成る。
__
















 走行距離720,2キロ、を燃料31,21リッターで走った。
 1リッター当り 23,07キロだった。
 高速利用が多かった事も考慮しても中々の数字が出たと思うが,
 実際の興味は添加剤なしでの走行フィーリングだ。
 本日午前中、横浜から芝浦まで湾岸線を走った感想は「おおいいじゃない!」
 だったが、そんな感じも直ぐに馴れてしまった。
 これと同様なのがご存知SEV、走りだして直ぐ感じて馴れる。

 みなとみらいランプより本線に合流する際のアクセルに対する
 エンジンがスムーズにトルクが湧くように滑らかになってる。
 数日前の軽いノッキング症状は消え、添加剤によってクリーニング
 されたエンジンが通常燃料によって燃焼運動している。
 感じた通り表現すれば「スムーズに軽くなった」「乗り易くなった」
 
 自慢ではないですが117443キロの個体とは思えないです。

 で、燃料添加剤3本使用の良い話でしたが、重要な事が残って
 おりました。、、、ディーゼル臭と煙の問題はどうなったのか?

__
















 ディーゼル臭はだいぶ軽減しましたが、まだ臭います。
 一方の煙はご覧の通り出ています。
 但し、エンジンが冷えている時の始動後、数分間ですが青い煙が出ます。
 私の元に戻って初めて煙を目にした時愕然とした。
 あれ、オイルが燃えてるのか?でしたが、幸いにも原因は違って
 ましたが、今だ原因究明出来ず。10万キロオーバーのディーゼル
 エンジンには避けられ無い宿命なのかも?
 でもですよ、クリーンディーゼルと言われているエンジンが、ある時から
 臭いと煙を出し始めたらクリーンと言えるのでしょうか?
 現に、E320CDIの排気口が煤けて来たのは如何いう事なのか
 知りたい。
 
 そして、どうなった?
 お答えいたします。

 エンジンはスムーズに、燃費は良くなった感、
 問題の臭いは軽減、煙は出てます。

 以上、WAKO’Sのフェーエル1 燃料添加剤3本連続使用の
     個人的検証結果でした。
     今後適に使用して行こうと思います。
 
 






 
 
 
 







__
















 
 WAKO’Sの燃料添加剤3本目注入後、注意事項の症状が出てきた。
 注意事項に「アイドリング不調やカブリ気味に成ることが有りますので,
 燃料30L未満に使用する場合は1%以上添加しないで下さい」との表示。
 3本目給油時は38Lだったが、連続使用でチョット濃くなってしまった様で、
 高速走行でカブリ気味の症状が出たが、それ以外はエンジンは
 スムーズ滑らかになった。
 一応3本で止め様子を見ることにした。
 現在までの走行距離、約2700キロ 3本使用。

 排ガス臭、煙、効能は次回に、
 E320DI 004そして、本日よりE320CDIに注入します。
















 __




  












 以前スタッフに言われた言葉を思い出した。
 「自分では分らないでしょう! 最近のCDIエンジン音大きくなってますよ」
  
 排気口が煤けている。8万キロオーバー自分では気が付かなくとも
 そろそろ黒煙が出てきているか?
 






 


__
















 WAKO'Sのフェーエル1 燃料添加剤。
 じゃじゃ〜ん、5本まとめ買いしちゃいました。

 ランチャイプシロン排ガス臭対策で知った燃料添加剤。
 ガレージ伊太利屋さんには2本連続してくださいと指導された。
 どの様なものかネットで調べたら連続使用が効果的である
 のは皆同じだったが、 2〜3回、3〜5回と違いがある。
 2本目使用中で効果を体感出来ているので、もうちょっと入れたら
 もっと良くなるのか?なんて思い始めたのとEクラスCDIにも
 入れたらいいかも!思い立ったら直ぐのこの性分、ネットでまとめ
 買い。5本で送料込み7,085円。
 俗に言う「やり過ぎ」「やり無さ過ぎ」も良くない事は解っているのですが、
つい、 やりたくなってしまうのはクルマ好きの性なんでしょうか。
 

首都高速でTAXIに追い越された直後、右ドア当りからボコと音がした。
石はねたな!音の大きさから推測すると結構なキズだろうと思われる。
こればっかりは注意のしようが無い。ああ、と嘆くばかりでキズを見るのが
怖い。

__
















 
 案の定シッカリキズは有りました。結構目立ち深さも有る。
 丁度プレスライン硬い凸部分のへのヒットだったのが幸い
 だったか。それにしても悔しい限りです。

__
















 
 位置的にはこんな感じ。

 日本は道路インフラがシッカリ整備されいる思いが有ったが、
 最近はそうでも無いようで永い景気の低迷で、以前の様な
 維持管理が出来なくなっているのが現状の様です。
 結果、道路面の荒れがパンク、飛び石など様々な危険をもた
 らしています。では如何したら飛び石等の被害に遭わないか?
 運任せなのでしょうが、飛んでくる石を避けることは不可能。
 どの道当るのなら被害を軽減させる事なら可能。それは
 こちらのエネルギーを小さくする事しかない。スピードを控える
 事だと思います。スピードは控えめに、車間距離は充分に、
 月に1回はタイヤの空気圧点検、標語にありますよね。
 







__

















 物は傷みだすとどんどん傷んでゆくが、その反対も有ると思う。
 今回、ランチャイプシロンリフレッシュ作戦でそれを経験している。
 昨年11月の車検時遣り残した作業を幾つか行った。
 まず、フロントショックアブソーバ交換により先に交換されたリア
 との相乗効果で乗り味がシットリしたのと高速での直進安定性
 が向上した。
 特に、ステアリングから伝わって来る路面情報が正確に成ったのと、
 レザー張替えで 握りが少し太くなった効果は想像以上に両手を
 伝わって感じさせてくれる。
 更に視覚的にも良くなった気がしてくるのには驚きだった。

 そして、今回の重要事項で有った排気ガスの臭いの問題。
 診断は特に問題となる所は無いが、実際臭うことは事実なので
 考えられる作業を行った。
 EGR 脱着 清掃
 フェーエルフィルター交換 
 燃料系にもカーボン付着の可能性ありとの判断により燃料系
 添加剤(WAKO'Sフェーエル1)2本使用した。
 ガソリン、ディーゼル兼用燃料添加剤で、燃料に添加するだけで
 燃焼室・給排気バルブ・インジェクターなどに蓄積したカーボン・
 ワニス・ガム質などを除去し、新車時のエンジン性能を取り戻す
 という物で、燃料30〜50リッターに対して1本を使用。
 連続2〜3回の連続使用が効果的とのことで2本使用した。
 
 注入後、約1,000キロほどだが、エンジン始動後の臭いは大分
 改善した(以前の様に強いディーゼル臭はしない)、エンジン音
 が小さくなったのとスムーズに成った。
 これが冒頭に述べた「傷みだすとどんどん痛みが進む」反対の
 良くなってゆく話なんです。
 
 傷み始めた物の進行を止めて、反転させるリフレッシュ作戦の
 終わりは無いようです。
 
 
 






 
 

ランチャY 044
















 何事も続けていれば終わりは来る。
 昨年10月から進めていたランチャイプシロン10万キロからの
 リフレッシュ作戦が終了した。
 その7ヶ月間に及ぶリフレッシュ作戦の総括をお届けします。

 実施作業は以下の通り、

 エクステリア編
 1.ボディコーティング施工
 2.全ウインドウ面への透明UVカットフィルム施工、サンフーフ2面
  は色入りタイプ。
 3.ヘッドライトHID化 6000ケルビン
 4.プロジェルターフォグランプHID化 3000ケルビン(イエロー色)
 5.フロントポジション、リアライセンス灯 LED化
 6.タイヤ4本交換
 
 インテリア編
 1.内装レザークリーニング
 2.フロアマットオーダー製作
 3.NAVI交換(パイオニアサイーバーNAVI前モデル)
 4.レーダー探知機取り付け
 5.ステアリングレザー張替え
 6.シフトノブレザー巻き
 7.助手席側サンバイザー受け部品交換
 8.イオン発生器設置

 機関編
 車検整備時
 1.クラッチディスク・カバー・ベアリング・フライホイール交換
 2.フロントディスク・パット交換
 3.リアダンパー交換
   4.その他車検基本整備及び消耗品交換
 今回の追加整備
 1.フロントダンパー左右交換
   2.同 ショックパット交換
 3.同 ショックラバー交換
   4.排気臭の点検
  燃料系にもカーボン付着の可能性を考慮して 
  フェールフィルター交換と燃料添加剤注入
   5.リモコンキー1本追加
 6.その他、点検一式
 
 ランチャY 046

















 
 ロブソンマチュリティさんにお願いしたステアリングレザー張替え
 とシフトノブレザー巻き仕上がりました。
 感想としては素晴らしい仕上がりに満足!
 
 2色コンビに張り替えたが、ベースの濃茶レザーの選択に迷ったが、
 上クラスのナッパーレザーに近い色があった。
 写真の通り微妙に違って見えますが実際はあまり気にならない程度
 の違いです。
 
ランチャY 049
















 
 以前よりハンドルの握りを少々太くしたい思いがあった。
 相談をしたところ現状の上に新たなレザーを巻けば革1枚分
 は太く成りますと説明を受けた。
 ナッパーレザーの手触りを楽しむ為、あえてパンチング加工
 はしなかったのは正解だった。
 革の滑らかさと微妙な太さが手の平に伝わって来ます。
 
ランチャY 047


























 純正デザインそのままに2色コンビにステッチはボディ
 同色のボルドーに、赤も合わせてみましたが強すぎた。
 控えめでシックリ馴染んでいると思うのですが?

ランチャY 052

















 お洒落ですね!ガレージ伊太利屋のご担当者に言って頂いた。
 自画自賛ですが結構イケテルと思うのですが?
 気に入ってます。

ランチャY 041

















気分転換としてリモコンキーを追加購入した。
左が新品。右のに比べ表面のザラザラが有る。
左のマークが左下がり、これもご愛嬌イタ車です。
、、、ちょっと驚いたのは1個 4万円しました。

ランチャY 056
















 
 今回の作業で一番の効能は暑さ対策のUVカットフィルム施工。
 特にサンルーフ炎天下でもシェードを開けていられます。

 5年前に考えた。
 俺の上がりクルマはなんだろうか、
 クルマ好きを自負するオヤジが乗って違和感の無いクルマは何が
 あるのか?が、選択与件だった。

 1.これからはコンパクトカーの時代が来る。
 2.将来の収入を予測すれば経済性は大事。
 3.良い素材が使われている。
 4.お洒落心が感じられる。
 5.永く乗れる。
 6.ブランドとして認められている輸入車。
  等、勝手に思い込んで選んだのが、ディーゼル仕様のランチャY
 だったが、何故か私の手元から離れ5年、10万キロのよれよれ状態
  で戻ってきた。従来だったら5年、10万キロの個体は一生を終わらせる
  のだろうけど、もう二度と買う事の出来ないディーゼル仕様、思い入れの
  クルマを手放す事は出来なかった。もう10万キロ俺が乗る思いでリフレッシュ
  した。昨日の今日だが綺麗に成った我がイプシロンに乗って思う。
  購入時与件は5年後、今まさに時代が追いついて来ている。
  そして、好きなクルマに手を入れ続け永く乗る事が究極のECOだと思う
  のですが。
  今回のリフレッシュ作戦費用は概算で150万円位。
  この費用で購入可能なクルマでこの満足は得られないと思う。
  リフレッシュ作戦やってよかった!
  
  20万キロ目指してイプシロンは走ります。









 

 











__

















 メルセデス・ベンツE320CDI(2009年式 W211マイナーチェンジモデル)
 NAVI地図データー2012年度版がようやく発売された。
 先月の定期点検時に発売されたら、の予約をしていた。
 第二東名、新名神、山手トンネル始めここ数年で開通した
 道路が多くNAVIは道無き道を行く状態だった。
 最近、再開発地域に移転したディーラーに行こうと住所検索
 したらそのエリア自体が無かった。
 再開発が進む中、地図ソフトの更新はされた方が良いと思います。
 
 __



 














 社外NAVIと違い純正品は1年位データーが古いようです。
 実際これも2012年3月時点のデーター。
 それでも5年位前の物にくらべれば新しい建物が載ってました。

 して、費用は以下の通り

COMANDシステムの地図データー 更新 NTG2,5 工賃 3時間
                               34,650円
地図ディスク NTG 2,5    29,400円

合計64,050円だったが、法定1年点検時に注文していた為、
チャンペーン価格を適用して頂き30,660円の割引を受けた
結果、33,390円と成った。

ハードディスクNAVIは地図更新前にシステムの更新をした後
地図データー更新をする為、3時間位を要するのと地図データー
と作業工賃が掛かります。
今回はキャンペーン中だった為、工賃分が割引になった。
3万円の割引は有りがたかった。
これも主治医であるメルセデス・ベンツ品川サービス鈴木氏の
アドバイスのお陰でした。

























ランチャY 001


















 ランチャイプシロンいよいよ今週末に戻ってきます。
 この先10万キロは乗りたいと始めたリフレッシュ作戦も終了します。
 昨日の確認では張替えられたステアリングとシフトノブは、5月2日に
 ガレージ伊太利屋さんに到着し装着され残りの整備を行っている
 との事だった。

 来週には総括レポートを行いたいと思います。
 さて、ステアリング、シフトノブの出来栄えが楽しみです。





image

さすがに3週間も経てばと思ったら、案の定動きがあった。
昨日、ガレージ伊太利屋さんよりハンドルとシフトノブはいつ頃戻ってくるのか?との連絡があった。早速、レザー張り替えを依頼しているロブソンマチュリティさんに確認した所、本日発送した
旨の返事を頂いた。
これで6ヶ月間に及ぶリフレッシュも完成します。楽しみだななな!

このページのトップヘ