認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2013年07月

__
















 本日めでたく120,000Kmに到達。更に過走行車となりました。
 私を含め4名が6年間に渡って酷使(全員ではないが)
 されながら良くぞもった。思えば100,000Km時にリフレッシュ
 を実施したからこそだと思う。
 昔から、業界では走行30,000Km以上を過走行車と呼び売りにくい
 と言われてきた。その理由は「壊れる=金が掛かる」だったが、今では遠い
 過去の事。現代では12ヶ月法定点検をディーラーで受けてさえ
 いれば100,000Km誰でも到達できます。私は更に100,000Km
 目指しリフレッシュしました。イプシロン今年の猛暑もなんのその
 燃費も普段使いで18Km台をキープ機関共に快調です。
 100,000Kmから再度乗り始めて思う事。それは、
 「気に入ったクルマを手を入れながら永く乗る」
 究極のECOなんじゃないかと言う事です。
 それに個性の薄れた最近のクルマには興味がわかない?
 
 







 

__
















 今日は朝からあいにくの雨空。
 強く降る訳でもなし、さりとてフロントガラスには雨粒は増えワイパー
 の世話にならずにはいられない。
 そんな時は間欠式ワイパー機能が役に立つのですが、我がイプシロンには
 雨滴感知式オートワイパーと言う高価な装備が付いております。
 但し、ドイツ車の様にシッカリ雨滴を感知してくれればの話でして、
 残念ながらイプシロンはイタ車だから?かどうかは定かではありませんが、
 雨滴に関係なく作動後数十秒で高速作動になります。
 何処に問題があるのか解りませんが、言える事はお馬鹿なワイパー
 であってもイプシロンの魅力は褪せませんが情けない事ではあります。
 イタ車だから!で済ませられるのはオヤジ世代だけでしょうね。
 でも、調べる必要性は有りかもです。
 






E320DI 005
















 ああぁ、が、あってから10日位経っただろうか。
 スタッフとオートカー編集部のある赤坂のコインパーキングで
 事は起きた。
 初期型フラップタイプにバックで入庫中にガガガとの音を助手席
 で聞いた。おい、当たってるんじゃない?
 ドライバーは運転席より右側地上のフラップ機器ギリギリにバック
 していたにも関わらず意外だった様子で「何故」が最初の言葉
 だった。音は左後輪が隣枠の機器に当たっての物で、えええ
 だった。再度、右側機器数ミリ間隔で駐車し恐る恐る見ての
 言葉が「ああぁ」だった。
 右側ギリでこの間隔しかない駐車スペース。
 太目のタイヤ・ホイール装備の方、自枠と隣枠にも注意が必要です。
 ガガガの写真は後日に。
 
 
 
 






__
















 トンネルを抜けると、そこはリッター14キロの世界だった。
 て、訳の解らないこと?
 連日の猛暑如何お過ごしですか?クーラーにあたり過ぎに
 ご用心ください。現に弊社にも風邪でダウンした者がいます。

 絶好調のイプシロンですが、最近は2名乗車、エアコンフル稼働
 が祟ったのか直近の給油(満タン計算)で,なんと私個人での
 最低記録を出してしまいました。前担当者、悪魔の右足か?

 理由?
 簡単なこと、ダイエットと同じで食べなきゃ太らない。
 燃費もアクセルを踏まなきゃ減らない。
 解っちゃいるけど、、調子がいいとつい踏むのと、1名食い扶持
 が増えたことは間違いないこと。

 元気ですイプシロン。







 

__






















 イプシロン運転席下に落ちてくる白いものは?
 やはり思った通りスポンジ素材だった。
 一週間位ほったらかすとこんな感じになります。
 座席右側だけ。
 さてさて、座席ひっくり返すか?黙って掃除し続けるか
 思案のしどころです。
 
 __ 







 









 そして、以前より作ろうと思っていたダッシュボード上の敷物
 現在は前担当者が製作した滑り止めが載っている。
 これどう見ても???気になっていたところ。
 今日は助手席乗車だったので寸法計測ができた。
 __

















 考えているのはステアリング、シフトノブと合わせたナッパー
 レザー敷物を運転席、助手席2枚の表裏色を変えてボルドー
 カラーステッチ(写真)仕様でロブソンマジョリティさんに作って
 もらう。気分に合わせて今日はベージュ、明日はダークブラウン
 なんていいじゃありませんか。
 エンジン絶好調のイプシロン、何処かいじくれないか日々思う
 クルマが大好きなオヤジです。
 






__
















 お暑うございます。
 まだ梅雨も明けていないのに夏本番の空です。
 午前10時で温度計は34度(誤差あり)、ピーカンですが、
__
 















 我がイプシロンのエアコン温度は25度でOKなんです。
 但し、体感温度は個人差があります。私はジジイなので暑さを
 感じる機能が弱くなっているのだと思いますが、紫外線、赤外線
 カットフィルム施工対策は効果ありと判断できます。
 でも、効果の幾ばくかは人の経年変化の性でもあるのでしょう。
 この夏は猛暑の予想が出ています。エアコンの効いた車内で
 あっても水分補給はお忘れなく。オヤジ世代の方は特にですよ。
 __

















 温度に関係なく出てくる白い煙(量と白濃度は減った)。
 
 排ガス臭、煙は出るが、エンジンコンディションは明らかに改善
 されて来ている実感がある。
 例えば、信号発信でアクセルを軽く踏み込んで行くと以前には
 無かった前輪駆動を実感する引っ張られる感覚を体感できる。
 アクセルレスポンスとトルクが向上している証だと思う。
 ここ数週間で感じられる様になった。
 WAKO'S燃料添加剤の効果がジワジワ出てきている様です。
 「イプシロン日々乗りやすくなっている」言い過ぎじゃないです。
 これも対策のお陰です。
 











__






















 センターコンソールと運転席シートの隙間から見える
 白い物。普通に考えれば手の届きにくいところのゴミ
 なんでしょうが、前日に掃除機でシッカリ綺麗にした
 ばかりなんです。
 なにが落ちてくるのか?考えられるのはシート裏側の
 スポンジ素材ではないかと言う事。
 助手席下では見られない事から10万キロ、軽い人、
 重い人、多くの人を座らせてくれた運転席は見た目
 以上に痛んでいるようです。
 
ランチャY 052
















 張りも申し分なしヘタリなど一切感じられないシートですが、










このページのトップヘ