認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2013年09月

__
















 連休最後の日、息子からの連絡があった。
 「地方からの帰りなんだけどタイヤの空気が抜けた、やっちゃった
 見たいだ。」 ただのパンクじゃないのか?
 「今、スタンドに来ているんだけどタイヤが切れていて駄目だと
   言われた。スペアータイヤ使っていい?」
 トランクにあるから使え、それと現在使用中のナットは使えない。
 トランクにビニール袋に入ったナットがあるからそれを使え。
 そんなやり取りをして無事帰ってきた姿がこれ。
 __
 
















 オートクチュールレイティブ20インチ、タイヤは25扁平、
 これだけ薄いタイヤはそれなりの注意をしなければ起きる
 事です。
 本人に注意していた事は空気圧のチェック、冷えた状態で2,9キロ
 だよ。縁石には近づくな、歩道など段差の有るところは鋭角に進入
 を心掛けよ、など注意はしていたが段差の窪みに車輪を落としたらしい
 結果修理不可能なサイドウォールを切ってしまった様だ。

 標準で19,20インチを装着しているクルマが多い昨今、それなりの
 注意は必要です。切れると高くつきます。








__
















 最近、フランクフルトショーより帰国した関係者から聞かされた。
 会場内の雰囲気は変わってしまった。日本は影も無い有様で
 寂しいもんだ。聞けば中国のメルセデス・ベンツ販売ディーラー
 (18拠点運営会社)は年間25,000台も売ってしまと言う。
 日本における昨年の販売台数は42,000台。中国の市場
 規模を考慮すれば中国で売れるデザインになってもおかしくない。
 メーカーはアメリカから中国へ、そこには日本は存在しないか?
 そして、彼は嘆いていた中国趣味デザインは馴染めない!
 我がW211よお前は違うから、









__
















 LANCIA Y リア右側のマルチジェットのエンブレム。
 ディーゼルモデルである表示。
 そのメリットは給油時に実感できます。
 __
 
















 最近は新人研修を兼ねた2名乗車、エアコンバンバン状態
 (年寄りには辛いですが、)398,9キロ走行で、
__
















 給油量20,73リッター。
 1リッター 128円で 2,653円也。
 __
 
















 最近では同じディーゼルモデルであるE230CDIの出番がすっかり
 無くなってしまった。
 E320CDIの倍近く走るイプシロンの出番が多くなるのは必然か?

 それにしても乗る前に燃費を気にするなんて、けち臭くなったのか、
 節約習慣が身についてきたのか、、、、

 ランチャイプシロンとは、クルマ本来の魅力も経済性も兼ね備えた
 マルチ満足度の大きいクルマですね。
 噂によるとクライスラーブランドイプシロンの販売が苦戦していると聞く
 経済性の高い2気筒ツインエアー如何なんでしょう。先代が偉大すぎたか?
 持っている方は大切にしましょう。









__
















 思い込みのディーゼルエンジン始動儀式が無くなると、本当に
 気が楽になった。あ、またセルが回らないイライラが 無いと
 こんなに楽なのか。
 運転席に座りキーを挿しエンジンを掛ける、ギアをいれアクセル
 を踏みスタートする。今朝もスムーズにタワーパーキングより
 出庫。不満のない日々を過ごしています。
 燃費も相変わらず新車当時と変わらず都内18キロ前後、高速
 20キロ以上余裕で出ています。但し、煙の問題は解決されずです。
 

__
















 ブログを見た前担当者に言われた、イプシロンはクイックスタート
 でOKですよ。それにグローランプはメーター右側の中に有ります。
 確認すると確かにコイルの形をしたマークが有った。
 (写真、上から4段目左側)
__
















 そして、担当者の言う通りクイックスタートの証であるマークは
 あっという間に消える。
 上下、写真の相違はカメラが光の調整をする前にマークは
 消えてしまうほど早い為。
 実際、上の写真はキーを捻るのと同時にシャッターボタンを押
 して撮影したもので、カメラが露光調整出来ていない。
__
















 じゃあ、このマークはなんなのか?
 答えは盗難防止装置のものでイグニッションオン後、消灯すれば
 正常。
 しかし、本当の大笑い者になってしまいました。
 老眼で思い込みが強いこの性格!
 イプシロン唯一の不満が解消されエンジン始動もクイック一発
 気分も上々の上に、今朝の給油で更に満足度が上がった。
__
















 我が社の燃料費は3ヶ月前と比べ2倍になっている。
 プレミアムと軽油の価格差リッター当り40円が、その理由である
 事は間違いのない事実。
 __

















 直前給油した方が忘れていったレシートが有ったので見てみると
 プレミアム29.76Lで、5,000円。
 一方、イプシロン軽油25.31Lで、3240円。
 給油量4Lの違いは有れどほぼ同量と思って見てぞっとした。
 1760円も余計に?ディーゼルで良かった、本音です。


















日々、快調に走っているイプシロンなんら不満も無いのですが、
唯一気に入らない事があります。
それはディーゼルエンジン特有の儀式と言うべきエンジンスターター
ONにする前の予熱作業。
簡単に言えば、ディーゼルエンジンにはスパークプラグが無いため
エンジン始動前にグロープラグと言う一種の電熱ヒーターを作動させ
て、グローランプ表示が消えるのを待ってスターターをまわします。
最近では、この予熱時間1〜2秒に短縮されほぼクイックスタートも
可能になっているようですが、グローランプ表示は存在します。
現に、ディーゼルのイプシロンもグローランプ表示に従ってランプ消灯
でスターターを捻るのですが、何故か回らない。再度キーを戻し何度目かで
エンジンが掛かる状態。これが唯一気に入らない不満なんです。
前回の点検時、主治医のガレージ伊太利屋さんに相談したら、
そんな物で異常ではないとの判断だった。
__
















 今まで、スピードメーター内の点灯している下の表示が消える
 のを待っていたが、、、
__
















 イプシロンは2秒位で消えるのですが、写真を撮ろうとキーを
 捻りカメラの シャッターに指が掛かる前に消えてしまいチョット
 苦労した。
 __

















 そんな事を繰り返していて気づいた。
 あれこの表示、何だ! 私が知るグローランプ表示はコイルを
 イメージした物だったんじゃないか?
 車両に鍵、これは何の意味なのか?そして、何故グローランプ
 見たいな点・消灯をするのか?
 マニュアルを見て違っていたら大笑い者ですね。
 確認前だが、思い込みとは恐ろしいと思った次第。
 最近言われた、人の話聞いてないでしょう、見てないでしょう、、、




このページのトップヘ