認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2013年12月

__
















 今年もイプシロン良く働いてくれました。
 __1


 














 10万キロからのリフレッシュ後、約3万キロ稼いだ。
 あれこれ警告灯は点灯しましたが、大事に至らずに無事でした。
 但し、最近は朝のエンジン始動に少々技を使うようになった。
 以前にも書きましたが、ディーゼルエンジン特有のグロー(予熱)
 のいらないクイックスタートをするとスターターが長く廻るようになった。
 あれれ、バッテリーがもつか?不安を覚えつつ5秒近く待つ事になる。
 13万キロに成ろうとするイプシロン、新車と同じ扱いでは可哀相と思い
 2段階始動をする事にした。
 まずアクセサリー段階で5秒ほど予熱する。
 キーを一旦OFFに戻して、再度スターターを回す。
 これで一発始動します。
 やはりな!ディーゼルは予熱をした方が良い筈です。
 
 2013年、元気に働いてくれましたイプシロン今日が仕事納めになります。
 1年間ありがとうございました。
 
 2014年も皆様にとって良い年であるようお祈りいたします。


 











__ 1
















 今年もあと1週間足らずになってしまった。
 年の性か、日々の過ぎる速さは異常なくらい!
 今週は月曜日から中距離地域朝10時のアポイントを金曜日
 までこなした。新年からの新メニューを成功させるべく一気呵成
 に成そうと頑張ましたが、今週は寒さと渋滞に悩まされた。
 そして、連日の雨空がクルマを汚すのが気になった。
 ボディは諦めてもこちらはこんな対策を講じておりますので
 紹介します。
__ 2
















 オーダーで製作したマット黒ずんでるのは光の加減です。
 明るいベージュがこうならない為の対策ですから。
__ 3
















 カーショップで何百円で売っている汎用マット、成型物でごみ
 がこぼれず便利。
__ 4
















 あ、雨が! で、とランクより出動。
 使い捨て感覚価格です。
 カラーは黒、ベージュありましたが、あえて黒を使ってます。
 なぜならベージュは汚れが目立ちます。












 











 



__ 1
















 時代背景も有るのだろうが、ランチャイプシロンは良く働いて
 くれている。私が乗ろうと購入したが、何故か出稼ぎに出され
 続け戻ったのが昨年11月、オドメーター10万キロだった。
 ズタボロ状態からリフレッシュ、あと10万キロは大丈夫までにして
 いたら何の因果かまた出稼ぎに出てしまっていたのが、先ごろ
 戻ってきた。
 12ヶ月点検後の初乗りに沼津、静岡をひと回りしてきた。
 写真は新東名清水付近、照明灯が無く結構暗い中リフレッシュ
 作戦で装備したキセノンライト、フォグランプの明るさが安全運転
 に大きな役割を発揮してくれた。ライトは純白6000ケルビン、フォグ
 はイエロー3000ケルビンが良く分かると思います。
 __ 3

















 ナッパーレザーに張り替えられたレザーもしっくり手に馴染み
 出した。
 __ 4

















 世にも珍しいと言われるイプシロンディーゼルモデル、
 1,3リッター、ターボ、「マルチジェット」
 __ 2

















 6年、128,351キロ、今回は高速使用でリッター21,8キロを記録
 した。12ヶ月点検、バランス整備、油脂類交換で普通にこの数字
 が出ています。
 経済性プラス(クルマのウンチク)で選んだランチャイプシロン
 マルチジェット 大正解だったです。
 
イプシロンまた私の手元で大事に、大事にされるのです。
       
             お帰りイプシロン。






__
















__
















  形ある物が、ああイプシロン諸行無常と悲しんでいたら、
  あれ、綺麗になっている?(よく見るとキズは数箇所あるが)
  聞けば編集長が磨いてくれたとの事。
  ジワジワと壁に当ったため塗装に大きなダメージが無かった
  為コンパウンドで磨けたらしい。
  良かったわ!
  
 





__
















 昨夕、イプシロン担当者から「先に謝ります、ごめんなさい。
 クルマぶつけました」との報告があった。
 で、どの様な状況でどうなったの?
「 路上駐車中、クルマが動き壁にぶつかっていた。」
サイドブレーキが甘かったのが原因と思われる。
トルコンオートマチックではないイプシロンPモードが無くギア
ロックされない為に起こる現象。

ことわざに、「形あるものいつかは滅びると言う事」がある。
本当は、人の人生も同じように、諸行無常である。と言う意味
なのですがイプシロンも諸行無常。
救いは人様を傷つけなかった事でした。
サイドブレーキは効くまでシッカリ引きましょう。










このページのトップヘ