認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2014年01月

__
















 スタッドレスタイヤ装着して10日余り何処にでもスート行けます。
 でも、雪はあれどスタッドレスタイヤの恩恵はまだでして何処かで
 雪上路を走りたいのですが、、なかなかお目にかかれない。
 降る降ると言われながら降らないのが雪です。
 
 燃料添加剤3本使用してまたまた快調に成ったエンジンですが、
 黒煙は相変わらず出ています。
 
2_
















 携帯ストラップをキーホルダー代わりに使ってますが、わかりますか?
 赤・黒の文様、、本田選手の所属するクラブの公式グッツです。
 数年前にミラノのACミランショップで購入したもので今旬になって
 ますかね、、ちなみにこれ銀製です。(そこそこの値段しました)

 イタ車にはイタモノグッツが似合うと思うのですが、
 自己満足の何者でもございません。










 



__ 1
















 「小さな高級車」と言われたランチャイプシロン。
 上質な素材を多数使用したインテリアは誰もが高級と認める
  程の仕上がりだ。
  現に、私も選んだ最大の理由だったが、先週イプシロが
  「小さな高級車」と言われる真の姿を発見した。
  使用素材は勿論のこと真の高級車とはその構造にある事を
 思い出した。
 それは、ショーファードリブンとしての構造で簡単に言えば
 後部座席が運転席より高い位置にあると言う事。
 「偉い人は高い所から見下ろす」この優越感こそが、高級車
 の基本である。
 先週、静岡からの戻る途中後部座席からの見晴らしのよさが
 イプシロン「小さな高級車」と言われる由縁である事に気が付いた。

__ 2
 
 
  
 
 











 昨今は高級車と言えど経済性を無視できない事は誰もが思う事でしょう。
 高速走行中心だか、421,6キロ、タンク半分(軽油約20リッター消費)
 の経済性は現代における真の高級車と呼ぶに相応しいと思う。
 但し、残念なのはこのモデルを新車購入できない事だ。
 そして、13万キロを越えたこいつを大切にする理由がそこに有ります。
























 

__
















 ホイールセットでスタッドレスタイヤに交換されたイプシロン。
 継続使用中の燃料添加剤も3本目を入れた。
 エンジンの調子も良し、ホイールが変わってチョットイメチェン
 したイプシロン。
 キラキラしていませんか?
 乗るほどに良さがわかる「小さな高級車」
 今が旬と思えます。

 





__ 1
















 年末に注文していたスタッドレスタイヤセットを装着した。
 全国的に 寒波に見舞われている今年、何処に行くにも安全の為
 必要と思うのです。現に、先週浜松よりの帰路箱根越えで雪に
 遭遇したほど危険があります。
 これで約束している東北・北陸方面に行けます。来週くらい行くか?

__ 2




 











 SPORT TECHNIC MONO10 ADVANTAGE 2 ポーリシュ15インチ

 ポーリシュとワインボディとのバランスも良し!
 若干ホイールが小さいか?とは思えますが、費用面を考慮して15インチ
 これが冬用タイヤの考え方です。
 ホイールもタイヤも大きくなれば高くなりますので。


__ 2
















 クルマは乗り手が変わると壊れる?と言われてきた。
 イプシロン多くの担当者に乗り継がれ別段変化は無かったが、
 ここに来て なにやら不安を煽るような変化が起きている。
 色々な警告灯の点滅は余り気にしてはいなかったが、昨日
 地下駐車場のらせん昇りスロープでミッションシフトダウンが
 上手くいかずエンジンストール(ATモード走行中)、その後
 ウインカー操作で突然ハザードランプが点灯し暫く制御不能に
 陥った。心配していた電気系統のトラブル症状が出ていないと
 対処のしようがない厄介なものです。
 エンジン添加剤効果もあって調子のいいイプシロンですが、
 未病状態になっているのかと心配です。
 
 



 





 

__ 2
















 昨日の浜松、豊橋、からの帰り何と足柄山で雪に遭遇した。
 だいぶ手前から表示版に「この先除雪作業中」と出ていたが
 何言ってるんだ雪?そんな事あるか!なんて思いながら箱根
 を上がってきたらこの様相でした。
 あちゃ、スタットレスタイヤ注文していたのに、、真っ白に雪化粧
 した足柄SA誘導路を見て、私は楽しみの「たい焼き、お茶タイム」
 を諦めたのでした。
 __ 1
 





 










 で、本題は燃料添加剤注入後の燃費のお話です。
1本目注入後の往路が40リッタータンク半分消費して470キロ。
 (前日より2日間の走行距離)

__ 3
















 豊橋で2本目注入しての復路が、40リッタータンク1/4消費で
 271キロ走った。
 往復とも渋滞の無い同条件だった事を考えれば添加剤効果は
 ありと判断できると思う。実際エンジンの吹けは確実に変化している。










__ 1
















 
 以前購入し2本残していたエンジン添加剤、WAKOS FUEL 1
 前回使用から5千キロ経過し推奨通り残り2本を使うことにした。
 驚いたのは注入直後から体感できる効果はまるでSEV同様だ。
 「付けた瞬間から体感できるSEV」と同じ!
 エンジンが滑らかに、静かに、レスポンスも向上し、ディーゼルエンジン
 特有のエンジンOFFでの停止タイムラグが無くなって直ぐ止まります。
 明日は浜松、豊橋までひとっ走り、燃費など計るつもりです。
 __ 2

















 





__ 2
















 2014年度 イプシロンの仕事始めは洗車だった。
 年輪を重ねると所詮、何々だと世の中を舐める。
 結果、仕事納めでやることを先延ばしにして仕事始めにしてしまう。
 いやぁ、駄目でしょうと分かっていてもこのざまです。
 だからか、10日目の目覚めでエンジン始動後エンストした。
 汚いまま9日間ほど放置されてよほど気に障ったのだろうイプシロン君。
 機嫌直せとばかりに外も中も綺麗にしてあげました。
__ 1
 
 














 1年しかもたなかったLEDポジションからシールド球に戻した
 のですが、淡いオレンジ色もいいかも?
 
 もう直ぐ13万キロ到達、これから始まるのか?
 不、幸、、、、、

 今年も宜しくお願いいたします。

 
 
 
 






このページのトップヘ