認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2014年06月


写真 2 (13) 


 













 消費税アップ後、景気動向調査を兼ねて静岡方面に出かけて
 来た。相棒はもちろんイプシロン。
 毎度の話ですがリッター20キロ以上、軽油燃料、これを経験すると
 ハイオク車では行けません。

 3軒ほど訪問しての帰り道、口が寂しくなってコンビニへ、
 カロリー表示を確認しながら食べれる物がこれ、、

写真 1 (13)
















 高カロリーに見えますが、下にはコーヒーゼリー。
 見た目ほどカロリー高くないです。

 して、クルマに戻り食べ始めてきずいた!

 フォークで食べろと言うのかい? 頼みますよ!

写真 3 (7)
















 その後もサービスエリアをハシゴしながらチンタラ戻った。

 相変わらずイプシロン絶好調、燃費も20キロオーバー、
 あまりの調子良さに一抹の不安も感じるくらい。(15万キロに成ろうかと
 しているイタ車です。最後の灯?頭を過ぎる、、、)

 来週火曜日、エンジン、ミッションのマウント交換と点検の為、
 主治医のガレージ伊太利屋さんに入庫します。

 













 












 
 
  


写真 1 (9)















 
 カニ目越しに見える我が450エディションRED。
 8年越しの付き合いになる相棒である。
 車歴を考えても一生の付き合いになると思う。
 その理由として、次期スマートはルノートゥィンゴとの兄弟車になり、
 スクープ写真で見る限り、正直スマートらしくないスマート
 の感は拭えない。
 
 写真 2 (9)















 
 出合、巡りあわせ、相性、人生には様々なことが起きる。
 クルマにも同様の事が起きるものだと考えている。
 さてさて、エディションREDを望むこちらはなんでしょうか?

 BRABUS  High Perfomancw Automobiles のステッカーの貼られた、、

 不思議な人生だ!
 小さいころより望むものが、手の届くところに近づいてくる気がして
 いた。
 努力すれば運命だって変えられるはず、それはクルマの運命だって
 同じのはず。
 そして、躊躇せず手に取ることが絶対です。
 
 
 




















 













 

f1453d73-s
先週、土曜日から始まった恐ろしいスケジュール。
 4日目ともなると見た目は健康的な小麦色になりました。
 が、、実際はよれよれ状態。
 こちらは午前9時よりスタート、工場横のシャッターを背にして、
 炎天下、イプシロンを避難場所に使っての撮影。
 エンジンは掛けずでしたが日差し除けに重宝した。
 それから、ディーラーご担当者も小麦色になるほどにご協力
 頂きました。新しい試みだからこそ小麦色になって頑張ってます。
 
 認定中古車で検索頂きますと、小麦色のクルマ達が見れます。

         YouTube認定中古車チャンネルはこちら


写真 (7) 
















 昨日が福島県いわき、今日が埼玉県鴻巣、明日が埼玉県古河、
 地獄の撮影キャラバン。
 人気者は引っ張りだこ?
 いえいえ、ただ、ただ、使われてるだけ?
 相棒のイプシロンはひたすら走り続けているのでした。

 こちらのマネージャさんもイプシロンオーナーでお褒めを頂きました。
 イイ色ですね!
 最近は白、黒、シルバーばかり見ているので、、、









 


写真 1 (6) 
















 走行14万5千キロを超えた我がイプシロン。
 機関は絶好調。燃費も高速25キロは出るほどの好調さを維持
 しているのですが、、ひとつお洒落なイタ車には似合わない問題
 があります。

 それが、この煙(排ガス)

写真 2 (6)
















 エンジン始動時と低速ギアでトルクをかけた時、吐き出します。
 高速料金所通過して加速すると,ぶあぁぁ〜と後続車に煙を浴びせて
 いるのがバックミラー越しに見えます。
 ああ、お洒落なイプシロンが台無しだわ、、何とかならないか
 相談し対策もしてみたが効果は無かった。
 これも、オヤジ年齢相応の程よい「塩梅」と思えばいいのかも?

 でも、似合わないよな〜。












 
 







 


写真 1 (6)
 















 我がイプシロンが戻ってきた。
 経済性抜群のディーゼル、つい、これ乗ってけ!
 という事になって暫く貸し出されていた。
 戻って最初の作業が、お決まりの掃除から、、

写真 2 (6)
















 写真 5 (5)















 
 綺麗には成りましたが、また一つ増えた!

写真 4 (5)












  


 
 運転席ドア下部の擦り傷。

 ドアを開けながら足を出すとこうなります。

 ステップ同様注意さえすれば付かないキズだ。残念!

 








 

このページのトップヘ