認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2014年08月


写真 2 (1)















 関東近県への半出張が増えた。
 相棒はもちろんイプシロン、燃料費高騰の折り頼もしい限りです。

 そんなイプシロンも万能ではなく苦手な事があります。
 
写真 1 (1)
















 緩やかな上り坂での渋滞はDFNミッションには辛い。
 トルクミッションと違いクリープしない2ペダルマニュアルは
 半クラッチ状態が続くと熱の影響が出てくるのです。
 意識的に前車との間隔を取ったうえでブアーンと進む。
 この繰り返しが疲れる要因になる。
 でも、我がイプシロンSEV装着によりこの問題を解消している。
 (人によってSEVをおまじないと言う方もいると聞いたが、)

 写真は首都高速3号線に合流する大橋ジャンクションループ
 上り坂、この状態でローギア繋がったまま登ってゆきます。
 但し、少々のギクシャク感は有りますが。

 たまにトルコン車に乗るとホットするのは正直なところです。














 


写真 2 




 










写真 1















 
 中距離移動の相棒イプシロン、
 ミッションマウント交換後ビビり振動が無くなった。
 エンジン、ミッションとも快調。
 オドメーターは148480Kmを示している。
 リフレッシュ後はや5万キロに成ろうとしている。

 ところで、ネット中古車サイトにイプシロンマルチジェットが出ていて
その価格にビックリした。
なんと我が相棒と同じ147000Km、2007年モデルが、なんと
93万円もしているではないか!

従来常識なら間違いなく0円。

いやあ、驚いたです。そして、ますます愛着が湧いてきたのでした。

イプシロンオーナー皆様、イプシロンの価値は永遠ですよ〜、、、、

 U00013266928_001





  
  








 ちなみにこのクルマです。
 Bカラー、内装は我がイプシロンと同じです。


 


写真 2 (1)
















 明日から、やっと休みだわ、、
 全国的には今日13日からの方が多いでしょう。
 電話もメールも来ないこの安らぎは嬉しい限り。
 ですが、本当に慣れるには数日かかるでしょう。

 そして、マッタリする前に一仕事することに成った。
 遅れていたYouTube名車館チャンネルプロモーションビデオ
 撮影をすることになり 我が450SELを引っ張りだした。
 急な出動バッテリー交換しておいてよかったわ、やはり旧車といえど
 直ぐ動ける状態にしておく管理が大事ですね。
 
 我々はそんな良い状態の名車を販売しているショップ
 の旧車達をご紹介するYouTube名車館チャンネルをスタートいたします。

 隠れた名車、手ごろな、でも、安心して乗れるクルマ選びがテーマ。
 
写真 1 (1)
 
 
 
 
 
 
 








写真 3 (1)















 
YouTube名車館チャンネルは、 現代から20〜30年前に生産された
クルマを中心としクラッシックカーの味わい深ささと、現代のクルマの維持しやすさ
を併せ持つ「ヤングタイマー」と呼ばれるクルマ達を積極的に紹介いたします。
 
旧車を楽しむことが喜びに、、、

YouTube名車館チャンネル 宜しくお願いします。
 


 
 

 
 







 






 
 


写真 (3) 
















 お暑うございます。
 連日の猛暑、エアコンフル稼働でも乗りたくないクルマです。

 それでも、電車よりましなので、愛車達の中でどいつが涼しくて
 快適か検証してみた。

 結論から言いますとイプシロン。理由は全てのカラス面に赤外線・
 UVカットフィルムを貼ってある為に室内温度の上昇が抑えられ
 エアコンの効きが良い。

写真 2 (5)
















 こんな天気でもエアコン温度は、

写真 1 (6)
















 エアコン苦手という事もありますが、25・26度で快適です。

 少々割高なフィルムですが効果は充分体感できます。
 エアコンが外気温度と戦う音がすぐに収まり室内が静かなのは
 イイです。

 負けたSMART BRABUS。エアコンは良く効くがウインドウ面
 が近いため直射日光に晒されれる。

 旧車 450SEL 広いので直射日光を浴びることは無いが、
 エアコン能力が低い。

 写真 3 (1)
















 15万キロに成ろうかと言うイプシロンですが、連日の猛暑にも
 負けず元気です。
 経済性だって、301キロ走って燃料計1目盛りチョット減った
 だけ(1目盛り約10リッターなので優に20キロ超えてます)

 使えば、使うほどに、乗れば、乗るほどに、

 愛情の湧くイプシロンです。






 


写真 1 (1)
















 4月に交換したばかりのバッテリーが駄目になった。
 充電しても比重は上がらず死んでいた。

 また試されているンだな! 
 昔から買ったものに何かしらの瑕疵がある事が多々あった。

 この450SELだって納車された日にオーバーヒートしたし、
 サイドミラー調整機能も緩く勝手にずれる、ヘッドライトもシールド
 不良で曇る、ホイールの塗装剥がれも、、古いクルマだからでは
 済まされない様な事がありすぎる。

 ここで怒っては成らない、これは誰かさんに試されているんだ。と、
 思い様にして笑って対応しています。

写真 2
















 交換されたバッテリー、ここにも問題が有った。
 本来のサイズのバッテリーが乗らない。
 ヘッドライトをHIDに変更した際、バッテリートレイ周辺を加工
 した形跡があり結果少々小さい物になってしまった。

 誰かさんのお試しのおかげで無駄な時間を使っています。

 何度も有る事は、またあるのでしょうね。
 











 
 
 








写真 2
















 クルマ道楽の上がりクルマになるか?
 そんな思いにさせる新相棒Smart BRABUS Ultimete 112
 「the final ONE」 怪しげな素性のクルマ。
 その怪しさは後で検証しますが、満足度の高いクルマです。

 例えばシフトノブが光る。吊るしのBRABUSと見た目は同じでも、
 そんな箇所が至る所に有ります。
 さすがBRABUS社がスーパーカー分類しているだけの作りをして
 居ると思われる。乗るたびにそんな発見をする喜びをくれます。

 写真 1 (1)















 
 恥ずかしいくらいお馬鹿な光景!

 










 




このページのトップヘ