認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2014年10月


写真 (12) 
















 旧車関連の打ち合わせには旧車で行くか!
 至極簡単な理由で車庫から出た450SELハンドルを切ると
 ギュギュ、ギュギュ、と音が????
 あらら、パワステポンプからの音だな、、、段々大きくなる音
 こりゃ駄目だ、他のクルマで行くことにして車庫にUターン。
 見てビックリ戻って正解でした。
 それにしても見事に漏れてました。

写真 (11)





























 災いは突然やって来るのです。
 旧車には付き物ですね。

 






 


 


写真 2 (5) 
















 行く先の事情に関係なく乗って行けるイプシロン。
 例えば、ブランド、駐車事情、何も気にせずに乗って行ける
 凄い奴です。
 正直に言えばメジャーじゃないから、他車ブランドであっても
 気にされないと言うことです。
 でも、イタ・フラ車ディーラーでは豪く興味を示してくれます。
 解る人には解る、イプシロンなんです。


 


写真 2 
















 うかつだった!
 150,000kmの写真撮れなかった、、考え事をしていて気づくのが
 遅れたのでした。
  相変わらず調子も良くなんの不安もない我がイプシロン。

 今日は打ち合わせで、故郷を同じにするブランドディーラーに
 堂々乗り付けさせてもらいました。

 イタ車同士だから良いでしょうと、、、

写真 3
















玄関前に堂々と駐車させて貰いましたが、それは、それは
スタッフ皆さん優しい眼差しでした。
やはり、イタ車は仲間だ!
写真 1
















こちらは、先月オープンいたしましたマセラティ板橋さんです。

右端にイプシロン、イイ眺めだわ、、、、



















写真 (7) 
















 燃料費の安いイプシロン(ディーゼル)でゆくか? チョコット
 悩んでもやはり今日の気分はコイツだ!
 連休初日の午前8時30分、東名高速用賀料金所通過したら
 大渋滞。行楽の秋、TOPを下してドライブがてら沼津まで取材
 アテンドのはずが、、狂いました。
 厚木まで1時間30分、その後1時間、ああ、30分前の到着の
 はずが、1時間遅れだった。
 長距離、渋滞、やはりイプシロンが良かったわ!




 


写真 (4) 
















 旧車は心穏やかなときに乗ると決めている。
 クルマが話しかけて来たとき気付いてあげる余裕が必要だから。
 ここ最近、回して、回して、と言っているように聞こえてくる。
 だから、つい踏みたくなる! でも、、急の付く動作は禁物、
 何せ車齢34年のオヤジなので、、オヤジはオヤジクルマに
 乗ると心が穏やかになります。 
 何年ぶりにAMラジオを聞きましたわ!



 


写真 (5) 
















 WAKO'S の燃料添加剤 FUEL 1 到着。

 10万キロオーバーのイプシロン5,000km毎に使用している。

 その効果は以前にも述べた通り、年2回の恒例となる位。

 さて、イプシロン起こしてFUEL 1飲ませてやるか!

 ファイト いっぱーつ!

 
 














 


写真 (7) 
















 
  来月3回目の車検を迎えるため骨休めをするイプシロンと
  怪しげなシリアルナンバーを持つSMART BRABUS Ultimate 112 

写真 (8)
 
 






 








 限定112台+世界に何台存在するのか?
 
 最近は乗り心地の良いプジョー407に乗ってます。

写真 (9)






 









 








 


写真 (3)
















 クルマは綺麗にしましょう。
 すると眺めても、乗っても気持ちがいいもんです。
 だから今日も乗りたくなる。
 すると、この感覚が心地いいと思える。
写真 1




 
 























 ベンツの特許だったと思うゲート式ギアシフト。
 シフトノブを触るだけでギア位置が即座に解るのです。
 その都度インジケーターを確認しなければならない昨今の
 クルマとは大違い。老眼のオヤジにはインジケーターも見えや
 しないし不安になります。
 また、ドライブ中は右手を休ませがてらシフトノブに手を載せて
 ギア位置も確認でき安心していられる。
 
 写真 2





























 そして、足踏み式のサイドブレーキもすぐれものだ。
 信号停止では、ギアをニュートラルに左足でサイドブレーキ
 ペダルを踏んで待つ。
写真 3





























 信号が変わると右手でひとつゲートを手前に引く(ATモード)
 ほぼ同時に左手はハンドル左の円いノブを引いてブレーキ
 解除、右足でアクセルを踏んで発進。
 この一連の動作が感覚で出来るのです。
 クルマを動かしている感覚が何とも心地いい。
 昨今、販売店の方から耳にするのが旧車需要が伸びて販売
 車両の仕入が出来ない。
 有れば売れんだが、但し、イイクルマだけだけど、そのクルマが無い!
 
 楽ちんに乗せられてる感覚、操作しながら乗っている感覚、どちらが
 楽しいのか?

 現代車と旧車の違いではないでしょうか?
 
                         お知らせ

 認定中古車ドットコム 姉妹サイト 認定中古車ドットコムYouTubeチャンネル
  では安心して旧車を楽しんでいただこうと名車館をスタート致します。
   信頼できる専門店とその販売車両をご紹介いたします。

                    コマーシャルはこちら






このページのトップヘ