認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2016年01月


IMG_7295 
















 長期入院となった相棒イプシロン。
 昨日ふと気づいた、待てよ、、今回エンジン降ろすという事は
 ああ、エンジンマウントをついでに交換できる事に気づいた。
 早速、主治医のガレーヂ伊太利屋さんに連絡しその旨伝えた。
 エンジンを降ろしての様々な作業が始まります。
 時間、費用共に掛りそうです。
 IMG_7288
















 お気に入りのクルマを手を入れながら永く乗る事もECOと
 言えると思う。
 






IMG_2289
















 点検に入っていたイプシロン。
 主治医のガレーヂ伊太利屋さんより連絡が来た。
 メカニックよりのメッセージとして、今回作業のタイミングチェーン
 交換、クラッチ交換を実施するに際し、エンジンを下してヘッド
 廻りのスラッシュなどクリーニングしたいとの事だった。
 お気に入りで永く乗りたいし、他に乗り換えるクルマも思い浮か
 ばないのでお願いした。
 費用は総額で3ケタの大台に載るらしい。
 新車に乗り換える事を考えれば安いけどねぇ、、と、いう事で
 我がイプシロン長期入院となりました。
 リフレッシュ後の走りを楽しみに待つことに成りました。







 


IMG_3576
 















 広岡さん喜んでください。
 最高の褒め言葉を頂きました。
 あるメルセデス・ベンツディーラーにお邪魔した際、受付の女性
 スタッフ始め営業さんまで「この色ありましたっけ?」 
 と声を掛けられました。
 これ、ラッピングです。と答える私の声が弾んでいるのでした。
 さすが、ディーラースタッフ、BRABUSモデルにイエローは
 無いことをご存じでした。有りそうでないイエローBRABUS
 を作ってしまったのは大阪のシュテルン天王寺 豊中サーティ
 ファイドカーセンター センター長の広岡さんです。
 クルマ大好き(特にスマート)な御仁です。
 メルセデスとスマートの事なら頼りになる方です。







 


IMG_3273
















 自分で暖かくならない旧車のシート。
 自分の温もりを毛皮で保温する。
 電気毛布同様のヒートヒーターより自然で良いと思う。
 今年の東京オートサロンで見た絢爛豪華なSLのシートに
 ムートンが装着されていたのにはタマゲタ!
 

 


IMG_3443 
















 嫌な予感がしてから乗らずにいたイプシロン。
 本日無事に主治医の元に届けた。
 依頼事項は、
 ・12ヶ月点検
 ・油脂類交換
 ・タイミングチェーン交換
 ・ウォーターポンプ交換(タイミングチェーンと同時の作業)
 ・クラッチ点検
 ・両ドア内部の増し締め(ビビり音がする為)
 ・リアLANCIAエンブレム交換(白い濁りが出てきた)
 ・その他、悪いところ修理
 以上、大変気に入っているのでシッカリ整備したいと伝えた。
 さて、16万キロオーバーのイプシロン健康診断は如何に?

IMG_3450
















 イタ車と言えば誰もが知るガレーヂ伊太利屋さん。
 現在はお台場に移転されたが等々力の時代はイタ車乗りの
 聖地的な存在でした。
 







 


IMG_3121 
















 元気が良すぎると思っていたイプシロン、
 昨年11月の12ヶ月点検を忘れていた。
 入れなきゃと思っていたら、嫌な予感をさせられる音が2度ほど
 した。多分タペットだと思うのですがその状況が良くない。
 加速中に一瞬だけ音を発した。いやだな、、そしてタイミング
 チェーンを交換する予定だったのと重なりとても嫌な予感が
 するし他に気になるところも出始めた。
 来週にも主治医のガレイタに連絡するか、、
 さてさて16万キロにして機関を気にすることに成るのやら
 楽しみとドキドキですね。
IMG_3125











 


IMG_3073
















 新年おめでとうございます。
 老体のイプシロン年末年始も人・荷物満載で成田空港を元気
 往復しておりました。
 さて、昨日知り合いのディーラーの方からお電話を頂いた。
 「私も〇〇さんと同じマルチジェット(ディーゼル)に乗り換えましたよ」
 前型のイプシロン(ガソリン)も〇〇万円で早々に買い手が
 付きました。と電話の向こうから聞こえてくるイプシロンを愛する
 オヤジのい声である。
 聞けば走行12万キロのベージュとの事、16万キロの我が相棒
 に比べれば4万キロも若い。FIATのディーゼルエンジン耐久性
 の高さを考えればまだまだの域である。日本市場では5万キロを
 超えると売れにくくなり、10万キロの声を聞くと売れなくなると言
 われている中古車業界中で10万キロオーバーのイプシロンが
 生き続ける事はとても稀少な事だと思う。
 イプシロンレポートもそろそろかと思っていたが、俄然元気が出て
 参りました。という事で、イプシロンレポートまだまだ続きます。
 今年もよろしくお願い致します。

 
 









 

このページのトップヘ