認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

2017年09月


IMG_4648
















 老齢化の対策もすんで絶好調な我が相棒。
 最近、チョット燃費が悪くなった気がする。
 普段から満タン燃費で健康状態を見ていて気になる。
 特別な乗り方をしない限り燃費は変わらないはずなのに!
 普段からリッター15〜18キロ位は出ていたはずが、
 最近10キロちょいが出てきた。エンジン絶好調なのに
 何故か?踏みすぎか、それとも何処か、気になるところ
 です。
 
 
 


IMG_4605 
















 8月24日の納車以来初めて乗った。
 つい、乗るのも面倒くさいと思ってしまうのは歳のせいか?
 開口部の広いTOPを開けチョット髪を切りに代官山まで
 出かけた。やはり此奴はイイ!ゆらり、ゆらりと船の様な
 乗り心地はドイツ車では味わえない。
 手動のTOPをわざわざ開けてこそ感じる爽快感。面倒く
 さがっては何も得られない。齢に関係なく行動あればこそ 
 得られる何かがあるのが人生か?遣って見ればなんて事は
 なかった!だから、人生は自分次第と言うことでしょう。





IMG_4516
















 スマートの原型は二人乗りフォーツーだと思う。
 最近MINI全車種に乗ったて解かったのがオリジナル
 が一番という事。元が良いと発生モデルもそこそこですね。
 営業車、街乗りにはベストなスマートフォーツーお試しあれ!


IMG_4566
















 シフトレバーをDに入れるとエンジンストール再発の
 赤スマートが戻って来た。
 作業としてはDASシステムテスト、各実測値測定、
 ロードテスト 。そして患部であるシフトモジュール
 脱着点検と原因と考えられるアースライン増し締めを
 行った。費用21600円也。
 車齢11年ダンダン緩く成って来たが、その緩さが楽しさ
 でもあります。やはり此奴は「宝」だ!
 来月5回目の車検を迎えます。



IMG_4349 
















 ジープフェイスの赤いペダル。
 夜な夜なネット周遊で見つけたものだ。交換ついでに
 ジープの特長であるアクセルとブレーキペダルの段差を
 修正。更にフットレストを新設した。これで普通に運転
 出来るようになった。
IMG_4355
















 マットはラバーをチョイス。
 ご丁寧にフットレスト部分に加工がされていた。さすが、
 FullSizeRender (7)
















 そして、驚いたのが2ドア後部座席用のマットが無い!
 載せ忘れかと思ったが、そもそも存在しないそうだ。
 という事でカー用品店で汎用品を探したら、安い!
 そして、合うではないか!
FullSizeRender (6)
















 汎用品侮るなかれ!安い、ほぼ合う、物も悪くない。

 以上、主な変更箇所はこの位。後は乗りながら弄ろうと
 思っている。


 



















FullSizeRender (7)
















 赤スマートのエンジンストールが再発した。
 原因は前回判明しているので 驚きはしないが、やれやれ
 と言うところです。金を掛けて弄り倒した挙句に苦労す
 る羽目になるとは、、キーシリンダーからボタン式に
 交換した部品との接続が甘くなり、シフトをドライブ側に
 倒す際の振動が原因。閉めても緩むのは如何したものか?
 戻すか、緩んだ部品を交換するか、11年目のスマート
 アチコチ緩んできました。


IMG_4454 
















 クルマ道楽は楽しいもんだ!(ただ、一人だけいい顔を
 していない人が居る?)人生最後のクルマとしてやって
 来たJeep WRANGLER SAHARA (Make My Jeepオーダ
 ー車両)には、私の思いを実現してくれたジープ沼津、
 佐々木店長他、工場スタッフの高い技術と拘りが詰まっ
 ており、クルマ好きオヤジ最後の車両に相応しいクオリ
 ティに仕上がっていると思う。自己満足ですけど、
 さて、佐々木店長に「好きなようにしてください、先に
 アドバイスはしません」冷たいね〜と、思いながら吹っ
 切れた。じゃぁ、思い通り拘ってウンチクを語れる仕様
 にしてやる。と、見た目から始めた。以下ご覧あれ!
IMG_4455
















 SAHARA2ドア、幌仕様、色はゴビ(ゴビ砂漠の意)を
 選択。SAHARAはボディ同色フェンダーなのでラグジュ
 アリー系のカスタムをイメージ。
 前後バンパー&サイドステップを同色塗装としゴビカラー
 とマッドブラックのコントラストで纏めることにした。
IMG_4362
















 そこで、梨肌のウレタンバンパー塗装方法で佐々木店長
 が工場にお願いしてくれたのが、梨肌の下地処理だった。
 そのまま塗ってはダメ!見た目が悪いし、剥がれる。
 そんな仕事、我々ALCモータースグループではしない。
 「ディーラーの名が廃る」と言って塗り終わったのが写真。
 左上のフェンダー部分と艶・光沢とも違わない仕上がり。
 更に、サイドステップ中央の足を載せる部分を残す。
 汚れ、剥がれ、が気に成ると塗り分けを依頼した。
 これまた見事なマスキングをして頂いた仕上がりです。
IMG_4365
















IMG_4364
 
 









 




 黒い部分が梨肌のオリジナル部分。この下地処理の苦労
 を思うと心から感謝したい。(但し、それなりの請求額
 になります)
IMG_4361
















 ボディ同色のグリルに対して、7グリッド枠、ヘッドラ
 イト内側はシルバー塗装されていたものをマッドブラック
 に再塗装。Jeepエンブレムはマッドブラック品に交換。
 ヘッドライトは社外品のLEDブラックハウジングに交換。
 これで顔つきが精悍になったか?
IMG_4359










 





 社外品のブラックハウジングLEDライトユニット。
 センターの上下〇はロービーム、左右四角がハイビーム
 IMG_4371
















IMG_4474
















 バンパー埋め込みフォグランプは純正LEDに交換。
 LEDヘッドライト、LEDフォグランプ全灯状態。
 凄く明るいです。年齢と共にライトは明るくした方が
 良いかと思います。
IMG_4342
















 そして、カスタム重要部位であるホイール&タイヤ。
 マッドブラックホイールの一部分をボディ同色に塗装。
 ここでも、ALCモータースクオリティを見せられた。
 塗装部分の下地処理はもちろんだが、部品にバリなど
 が結構見つかり丁寧な処理をした見事な仕上がりである。
 これぞ、ALCモータースグループ(Jeep,ジャガー・
 ランドローバー、MINI、プジョー・シトロエン・DS、
 FIAT、ABARTH、フェラーリ、)クオリティと
 言って良いと思う。クルマ好き最後を飾るに相応しい
 「技術と安心」を兼ね備えたジープ沼津さんとの出会い
は冒頭に述べた「最後のクルマ道楽を楽しくさせて貰えた」

次回は、インテリア編。


























 

このページのトップヘ