IMG_7160







長距離レポート最終回の第5回目です

今回は総括として3泊4日約1600キロ BMW i4を運転してみてどうだったのかと買いていこうかと思います

結論から言えば「快適で全く疲れなかった」です

疲れなかったと言うのはBMW i3に比べ「運転疲れ」がなかったと言うことです


要因は3つ

・車の大型化・サスペンションが柔らかくなった

・自動運転の多用したこと

・ICEのように車が振動しない・静寂性が高い

1つ目の大型化ですがBMW i4は全長4.8mあり、ホイールベースも伸びたので走行安定性が上がったこと

サスペンションがi3に比べ柔らかくなり乗り心地が向上しました

2つ目の自動運転ですが、現行はレベル2の自動運転ですがBMW i3には搭載されていなかった機能です

通常走行時はもちろん渋滞時も支援してくれ、ストップ&ゴーも可能です

これにより前を向いてハンドルを握っていれば良くなったので

格段に疲労軽減されていることが実感できます

この機能を実現している高性能さ3眼カメラ&レーダーが高性能で夜中でもちゃんと車線を認識し

走行をするので、時間帯を問わずに使用できるのも大きいです

帰りは滋賀県からの約450Kmをほぼ自動運転で帰宅してきました

途中の工事区間やジャンクションの大きなカーブなどは念のために私自身で操作していますが

その他はほどハンドルを握って前見て座っているだけです

今まで自動運転を体験するまでは「自分でハンドルを握るのが好き」と思っていて

自分が使うことは滅多に無いだろうと思っていましたが

ここまでの正確性、信頼度、疲労軽減を体感してしまうと考えが変わりました

今では、高速道路走行時の大半は自動運転を使用するようになりました

3つ目は内燃機関の振動がない、音が静かと言うことです

内燃機関車はエンジンの振動があり、長時間乗っていると疲労を感じます

今ではICEに乗ると「車が揺れている」と違和感を感じるようになりました

「音」も重要で、乗っていて聞こえる音は走行音、タイヤノイズくらいですが

BMW i4は防音性が高いのか外の音はあまり聞こえません

スムーズに乗れて静かと言うことも疲労感軽減の要因だと思います


そして、最後に一言言いたいのは

ピュアEVでも遠出も数日間の外出も何も困らない!と言うことです

万人に電気自動車が受け入れられるとは思いませんが

気になっている方はぜひ試乗してみて下さい