認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

カテゴリ : LANCIA YPSILON


IMG_3309 
















 リフレッシュを終えて、新車に近くなった1年来の相棒
 イプシロン。フェリーに載せて連れてきた。暫くここで
 の相棒にする事にした。
 チョット心配なのが主治医を見つけていない事です。
 さて、ここは何処? おんなの駅にて、
 


IMG_2713
















 左から11年、10年、20年目の老体達。
 齢は取っても中身は若者と変わらない奴らです。
 先ごろリフレッシュされて元気そのもの、、
 綺麗にされて明日から連休に入ります。


IMG_2212
















 小さな高級車と呼ばれたランチャイプシロン。
 上質な素材を巧みな色使いでイタリアらしいお洒落で
 高級感を醸し出す特別なクルマ。
 最近ではアバルトを代表とする「小さな高性能車」に
 取って変わられた感は有るが、小さくてもゆったり乗れ
 るクルマは良いもんです。完全リフレッシュされて
 再復活。これから10年は乗るぞ!
 
  


IMG_2197

 














 昨年7月9日に入院して9ヶ月が経った。
 その前も6ヶ月程入院していたので都合1年半ほど留守
 をしていたイプシロンが退院の日を迎えた。
 大台10万キロから始めたリフレッシュも、今回で完全
 終了と言えると思う。見た目は変わらないが中身は新車
 と変わらない。掛りました!新車が買えるほど、、
 詳細は次回に纏めて述べます。




 
 


 


IMG_7278 (1)
















 イプシロン主治医の元に入院して8か月を経過した。
 その間、こちらから1度だけ連絡したところ、完成した
 が不都合が見つかり対応中との事だった。
 それから数か月過ぎた。我が相棒は如何なっているの
 だろうか?困ったもんだ2です。
 しかし、この主治医、古からのイタ車ユーザーを放置
 するところは昔も今も変わりないなぁ〜





 


IMG_2298
















 あと一つの部品で終了するらしい。入院から7ヶ月そろそろ
 退院の準備が始まったイプシロンマルチジェット。
 気付けば昨年11月に車検が切れている。先ほど主治医に
 その旨を伝え車検整備もお願いした。あちらもスッカリ忘れて
 いた様です。
 そんなもんだ!今じゃマイナーなLANCIAですから、、





  


写真 (1)
















 今年7月10日主治医のところに入院している我がイプシロン。
 仲間の編集者が、取材ついでに主治医の置き場で見つけて
 写真を送ってくれました。
 5か月間この状態だったのか?と思ってしまうほどの汚れた姿
 が痛々しい。それでも黙して待つ!
 そう教育されてきたイタ車オーナー。入院後は完成の知らせが
 あるだけですから、それにしても可哀そうだな〜ぁ、イプシロン。




  


IMG_2289
















 吹けない時が有った症状で入院しているイプシロン。 
 主治医のガレーヂ伊太利屋さんの所見が出た。
 インジェクション、フェーエルポンプが怪しいのとターボの圧が
 下がっているとの事だった。
 どこまで交換修理をするか?と、部品調達に時間が掛るので
 判断を迫られた。
 ええ〜い、、ここまで手を入れて来たから引けないのです。
 俺はとことん付き合うと決めているので即答。全部遣って下さい。
 という事で、全部交換修理としましたが部品調達の問題でいつ
 終わるかは未定と成りました。
 これが古いイタ車はガレージより工場にいる方が多いと言われ
 る所以です。だらか可愛いくてしょうがないのですけど、、
 
 




 


IMG_5795
















 信号スタートでべた踏み状態で吹けなくなったイプシロン。
 予約を入れ主治医のガレーヂ伊太利屋さんの元へ向かおうと
 踏んでみればあらまあ、吹けるじゃないですか!
 引き返そうかと思ったが、やっと取れた予約だし今症状は出て
 無くとも原因は有ったはずと思い直し入庫させた。
 正直、メカニック泣かせの依頼で有る事は百も承知のことだ。
 その代りこちらも催促無しという事で気長に待つことにする。
 これがランチャオーナーのガレイタさんとのルールです。
 





  


IMG_7524 
















 エンジンオーバーホール始め大規模なリフレッシュを行った
 イプシロンが不調だ!
 赤スマートに始まる我が年寄連中の調子がオカシイ。
 低速でのトルクが不足気味と言うか吹けないのです。
 主治医に連絡だな、、



 


FullSizeRender (3)
















 大掛かりなリフレッシュを実施して若者に戻ったイプシロンで
 でしたが、やはり苦手な道は苦手だった。
 山手トンネルから首都高3号線に繋がる大橋ループ道では
 DFN(2ペダルMT)ミッションクラッチが音を上げます。
 上りのノロノロ渋滞では警告音と表示が頻繁に発せられます。
 車間を開けて一気に進むを繰り返すことが対策なのですが、
 余り開けていると後続車に顰蹙を買うので気を使います。
 ああ、トルコン車に乗りたいと思う唯一の所です。
 解っていても警告音は嫌ですね!
IMG_7278

























 


FullSizeRender (3)

















 ランチャイプシロン、リフレッシュの仕上げはタイヤ交換。
 新車から数えると4セット目に選んだのがブリジストンの
 新しい低燃費タイヤPlayz PX セダン・クーペ専用タイプ。
 「疲れにくい、という安全性能」を謳う「乗り心地と操縦安定性、
 静粛性の最適バランスを実現する」という。
 先週、沼津往復の感想としては柔らかいがネットリ腰がシッカリ
 踏ん張るので、車線変更後の揺り返しが少く直進安定性がイイ
 と感じた。乗り心地も上々、リクエスト通りのタイヤを選んで
 貰えたと思う。
 持論だが、タイヤはクルマと路面を結ぶ重要な役目を担ってい
 ので疎かにしては成らないと思っている。
 つい、価格に引っ張られるような選び方をしてしまいそうですが
 違います。安全は付いてくるものでは有りません。自ら選ぶ事が
 出来るのです。

FullSizeRender (4)

 
 
 






 






 日本の道には国産タイヤが合っている気もします。

IMG_6732 (2)

















 冬タイヤ装着中のイプシロン、
 やっと夏タイヤに衣替え出来た。

 タイヤの空気圧について、普段から高速道路使用が多い為、
 指定数値より高めにしていましたが、最近指定数値に落として
 います。やはり乗り心地が良くなるのとハンドル操作感が変わり
 ますね。これも年齢から来る考え方の様です。












 


FullSizeRender (8)
















 費用を掛ければ何だって、、冒頭から金が有ればの話で恐縮
 だが、我がイプシロン3桁万円掛けてエンジン、ミッション他
 のリフレッシュ後、初めて沼津往復をした。(正確には3年前
 にも150万円程掛けて足回り、ミッションなど手を入れた)
 163,000キロで終わらすか、生かすか、迷ったが、生かして
 良かったと思った。新車時の記憶はないがエンジンが静かに、
 吹け上がりもスムーズに、トルク感が増した、等、間違いなく
 生まれ変わっている。
 その生まれ変わり方が良くて、まったく新しくなったのでは無く
 使い込んで滑らかになった状態で新しくなったというのが正しい。
 燃費もオンボードコンピューターで見る限り伸びている様子だし、
 試してはいないが最高速も上がっている??なんて、試した
 いほど調子の良くなったイプシロンです。
 思えばこの3年で、灯火類、NAVI、足回り、マウント(エンジン、
 ミッション)、ブッシュ類、ステアリング、シフトノブレザー張替、
 ドアハンドル、ステップ、スイッチ、エンブレム前後、等、部品の
 有るうちにと交換していたので半新車と言っても過言ではない
 かも知れません。
 
 
 
 
 











 


IMG_6157 
















 先ごろ、大規模リフレッシュを終えたLANCIA Y マルチジェット
 (ディーゼルモデル)。
 9年前、これからは小型ディーゼル車が主流になるだろうと考え
 選択肢の少ない中から選んだのが、小さな高級車を謳っていた
 ランチャ イプシロンマルチジェットだった。
 ところが、こちらの思慮とは裏腹に世の中は排ガス規制強化
 の方向に動きハイブリッド車が主流になって行った。
 そして、各社ディーゼルモデルは姿を消して行く中でイプシロン
 の輸入も途絶えてしまったのである。
 そう、今では欲しくても買えない稀少車に成ってしまった我が
 相棒イプシロンマルチジェット。今だ薄れないその魅力は
 再生してでも乗り続けたいとの思いからリフレッシュ作戦を実施
 したのだが、昨日BMWジャパンより1シリーズにディーゼルモデル
 を投入する発表が有った。
 これは、お先御免だな!早く出した者勝ちと思えた。
 9年前に思った事が、いよいよ現実化してきたのは嬉しい事。
 今後、他ブランドからもコンパクトディーゼルモデルを上陸させ
 事だろう。発育なった日本の自動車業界で主流になるであろう
 コンパクトディーゼルモデルが面白くなりそうです。

IMG_6155

 
 


 





 
 



IMG_6160
 















IMG_6158










 


IMG_6146
 















 イプシロンリフレッシュ請求書が来た。
 全部で3桁位と聞いていた通りの数字が書いてあった。
 10万キロ時のリフレッシュと合わせて合計250万円程掛った
 事に成る。これで、ほぼ新車状態になった感のイプシロン
 300キロ程走って感じるのは、新車時には無かったスムーズ
 差だ。9年、16万キロの垢を取り除かれ蘇ったエンジンは
 ベテランが息を吹き返し技を駆使して動き回る様である。
 新車価格(乗り出し価格)370万円を10万キロ乗って、
 更に250万円掛けてもう10万キロ乗る。
 初めての経験だったが満足している。

 IMG_6141



 
 
 
 


 


 IMG_5801
















 エンジン、ミッション等、主要機関のリフレッシュのため主治医
 のガレーヂ伊太利屋さんに1月17日に入院していた我が
 相棒イプシロンが本日戻って来た。
 
IMG_5799




 











 3年前のリフレッシュに続き主要機関に手を入れた今回は、
 9年、16万キロを共にした相棒を完全復活させるため3ヶ月
 半を擁した。エンブレムからエンジン、ミッション、全てお任せ
 したので費用計算が間に合わなかった。
 
IMG_5803

 
 




 





















 詳細は整理して後日にするとして作業風景写真を頂いた。
 驚きで言葉もない惨状と言うのが正しいくらいである。
 
 IMG_5796









 






 プラスチックカバーも新しくなって綺麗になりました。
 その効果は、エンジンを掛けた瞬間に解かりました。
 16万キロ走ったイタ車だってシッカリ手を入れてあげれば
  復活するという事を教えて貰った。
  但し、頼りになる主治医が居ればこそですが、、
 
IMG_2389




 


IMG_2289 
















 現在メンテナンス入院中のイプシロン経過報告です。
 1月17日に主治医であるカレーヂ伊太利屋さんにエンジン、
 ミッションを始めとする大掛かりなメンテナンスのため入院
 したイプシロンやっと退院のめどが立ちました。
 本国からのパーツ待ちもあり時間が掛っておりましたが
 やっと見えてきました。
 聞くところによるとエンジン内のカーボン汚れは相当酷く
 開けて良かったとの事でした。
 相棒が元気になって帰ってくる日が待ち遠しい。
 あと一月か、








  


IMG_2298 
















 エンジン、ミッション主要機関始めリフレッシュ入院中のイプシロン。
 イタ車乗りは黙って待つ!なんですが挫けて連絡してしまった。
 それによるとイタリアより各パーツが到着し始めており近日中に
 作業開始出来るとの事だった。 
 じゃぁ、1ヶ月くらいですかねぇ〜との問いに、う〜ん、そこまでは??
 と言う状況でした。やはり、「黙って待つ!」が鉄則です。






 


IMG_3745 
















 1年前の山形でのカット。夜の山形道で吹雪かれこのまま
 止まりでもしたら、、なんて恐ろしい事を考えた記憶が蘇る。
 そんな恐ろしい事に成らない様リフレッシュ入院したイプシロン。
 エンジン、ミッショと主要機関に手が入ることに成り長期の入院
 が予想される。せっかく冬用タイヤに履き替えたにも関わらず
 その恩恵に預かれそうにない。
 退院の予定も聞いてみたいが、往年のイタ車乗りは黙って待つ!
 そう教育されて来たので、「連絡を待つ」 教え通りにしている。
 花が咲くころには帰って来るかな?




 
 

このページのトップヘ