認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

カテゴリ : jima

IMG_1249この週末はそんな感じでした。
天気予報では、午前中は雨、午後から霙〜雪への予報となっていたので、雪が降り始めてから本降りになる前に買い物へ出かけてしまおうと近所のスーパーへと向かったのですが、買い物をしている間にひどいことになりそうだったので引き返してくるはめになってしまいました。

そして本日。
いつもどおり車で出社しようか迷った挙句、昨年の事を思い出し「午後には溶けてなくなるだろう」と甘く考えて家を出ましたが、我が家から主要幹線道路までが「雪国か!」っていうほど道路がひどい状態で、激しく後悔しました。
IMG_1251その上、あまりの酷さに引き返す事もできず会社までなんとかたどり着きました。。。
いま一番の問題は、帰れるのか?悩みます。
とりあえず家族に連絡して家付近の道路状況を確認してみようと思います。

今回の教訓は、やはり東京とは言えチェーンくらいは用意しておかないとダメですね。いまさらですが。

そういえば先週の金曜日に弊社社長に「スタッドレス履いたほうがいいかなぁ?」と聞かれ、「持ってるんなら履いたほうが良いでしょう?だいたいみんな雪降ってから『履いておけばよかった〜』って言うんだから、雪降前に履き替えなきゃ意味無いじゃん!」などと偉そうなことを言っておきながら自分はチェーンすら持ってないとか・・・・ありえません。そしてすみません。(-_-;)
早速、時間を作って近々購入します。

IMG_1198

相変わらず好調のイプシロンですが、最近寒いせいなのか排気ガスがモクモク状態です。
家族からも「コレ調子悪いんじゃない?」と言われる始末。
前からこんなだっけかなぁ〜?
言われれば言われる程に、エンジンの音が大きくなったんじゃないかとか、イロイロと気になりだしています。
でもまぁ元来丈夫なディーゼル。根本的に壊れたりとかはしていないとは思うんですよね〜
今はしばらく様子見な感じです。 

IMG_1181

弊社の駐車スペースはガレージ内に2台、道路に面するように横付けに寄せて停めればギリギリ1台と計3台駐車できます。

そして暗黙の了解でチョビっと道路にはみ出してても2トンクラスのトラックが普通に通行できればOKって感じです。実際はあまりはみ出しすぎると当然駐車違反だし、地域の方にも迷惑ですからね。

そこで通常は写真に映るアスファルトとコンクリの境目のあたりを一つの目安に駐車しています。(奧の植え込みよりちょっと出てますが一応敷地内です。。。らしいです。)

 
IMG_1182
IMG_1184
なのに・・・なのに。。。。。FフェンダーからRフェンダーまでキッチリ擦られました。。。orz

その位置でそこまで擦れば植え込みの木はもちろんの事その先の電柱にブツカリそうですが。。。その形跡はなし。 不思議だ・・・

ラビングコンパウンドとマイクロコンパウンドで磨き倒してあらかた消すことは出来ましたがショックです。

スーパーやサービスエリアのなどの駐車場に停めておいて所謂ドアパンチやられたり、バンパーを擦られたり、イプシロンこの5年で傷だらけです。。・゚・(ノД`)

IMG_1148
イプシロンが車検のためガレージ伊太利亜サービス工場へ入庫してから2週間。
その間にも途中経過の連絡などをもらいながら帰ってくるのを待っていました。

前回書いたように幾つか気になる点がありそのあたりを確認・調整・修理などしてもらうのにちょっと通常より時間がかかったようです。

シフトチェンジに関する不具合や発進時などにガタガタ音が出ている件に関しては、当初DNFの油圧不足ではないかとの診断もありましたが、その後の調べでクラッチの摩耗が大きな原因の1つだろうと判断されました。

油圧不足の場合、この油圧ユニットがアッセンブリー交換となりパーツ代がとても高価で有ることを僕は事前に知っていたので(25万くらい)深いタメ息を吐いてしまったのですが、これがクラッチのOHで済んだことは幸いでした。

それでも今回、整備・修理の箇所が多く、車検代を入れて50万円弱掛かってしまいました。

主な修理箇所は
1.クラッチディスク・カバー・ベアリング・フライホイールの交換
2.フロントディスク・パッドの交換
3.リアダンパーの交換
などなどで、あとはワイパーブレードの交換やポーレンフィルターの交換など通常の車検時に比較的行う作業でした。

IMG_11515年2回目の車検で40万オーバーとか庶民感覚では恐ろしい感じですが、通常イプシロンというコンパクトな車種であることを考えると、年間に1万kmも走れば良く乗ったほうで、せいぜい7千kmくらいがアベレージなんじゃないかと思います。
その点、我社のイプシロンは5年にして10万kmオーバーで通常の倍以上、場合によっては3倍ほどの距離を走っていることになります。
そう考えると、1万kmあたりの整備費用が部品代込みで4万ちょっとと、まぁ普通に考えても常識的な保守料金として受け止めることもできます。

そして、交換・調整されたクラッチは素晴らしく、今までの不調が嘘のようです。
外されたクラッチを見ると、ディスクに刻まれたスリットは半分ほど消えるほど摩耗しており、リベットまで0.5mmほどでした。
 車検前の数カ月間滑り気味だったのかもしれませんが、それにしても「元とった!」って感じです。ただ、フライホイールを見る限り変な焼け方はしていなかったので、絶えずズルズル滑っていたって感じではなかったようです。

IMG_1155もう1点、劇的に良くなったのがリアのダンパー交換による効果でした。
ちょっとしたコーナリングでもリアが異常にヨレてしまうような感じはすっかりなくなりました。
ただ残念なのは、今回フロントも交換したかったのですが国内に部品の在庫がなく改めて様子を見て発注〜交換となったことでした。
しかし今回不思議なのは、フロントよりリアのヘタリが気になったことでした。 普通はフロントから抜けるんですけどね。なんででしょ?乗り方?そのあたりはよくわかりません。
 
IMG_1167別のクルマじゃないかと思うほど調子を取り戻したイプシロンで意気揚々と会社に戻る途中、あまりの西日の強さにバイザーを動かした時に悲劇が起きました。。。。
 バイザーのクリップが折れました。トホホ。
経年劣化でプラスチックが弱っていたのかもしれませんがコレは悲しい。
今はエポキシ系の接着剤で補修中ですが、こういうモノって一回折れちゃうと接着しても同じ所で折れちゃうんですよね。
これはそのうち部品を発注するしか無いかなぁと思っています。。。国内在庫が有るのか?それが心配ですが。。。

ipu121029b
本日、東京晴海のガレージ伊太利亜のサービス工場へと持って行きました。

と書くと「何があったんじゃ!」と思われるかもしれませんが2回目の車検です。

この5年間に10万kmをおおきく上回る走行距離を記録しているイプシロンなのでソコソコくたびれているところもあり通常より時間がかかりそうです。

 今回の整備でお願いしたところは、

1. 以前より切れたまま放置してあった補助灯のバルブ交換
2. 2速から1速へのシフトダウン時にスムーズに動作しない 点の確認
3. 発進加速時に2速で半クラ状態でクラッチが滑っているようになる事の確認
4. 足回り及びマウント類の確認
5. ドライブシャフトのガタなどの確認。。。などなどです。

まぁ10万kmですからね〜どんな車でもヤレてきますよ。
ただココでの整備がこれから10万km乗ることが出来るかどうか!?大切なんじゃないかと思っています。

前回の点検の時には、まだまだ大丈夫と言われていたミッション・クラッチですが、大事でなければいいんですけどね。。。。ってことで、暫くレポートはお休みになりそうです。(泣

〜〜〜〜〜
晴海に車を預けた帰りは、東京駅そういえば綺麗になったんだよなぁ〜と思いつつ バスにて東京駅まで出て帰って来ました。

乗ったバスが幸いなことに丸の内口行き!到着すると多くの人が外から駅を見物&撮影していました。
20年前〜暫く東京駅乗り換えで会社に通っていたのですが、ず〜〜〜〜〜っと工事してたので初めて全貌を見ました。 スバラシイです!
tokyostasion121029

前々回のブログで悪魔の右足の訳になんとなく気がついちゃったjimaです。こんにちは。

イプシロンに搭載されているオンボードPCには燃費計がついていることはお伝えしたとおりです。
トリップの計測もA/Bの2つを計測することができ、それぞれに燃費・平均速度・走行時間など測ることができます。

またそれとは別にオドメーターに連動したトータルでの燃費なども表示できるのですが、 もう一つリアルタイムでの燃費も見ることができます。(少しラグはありますが)

さてムービーの解説ですが、上のムービーは、今朝ほど出勤時に撮影しました。

街なかの流れに乗った加速では、だいたい2500rpmでのシフトアップであることは解ると思います。

もうちょっと頑張って加速したい時には、スロットルをより深く踏み込めば3000〜3500rpmでのシフトアップになりなんとか世の中の流れについていくことが可能です。

燃費はちょっと見にくいですが真ん中の液晶デジタルに表示されます。lcと書かれているところがそれです。

0発進などの加速時には燃費が8km/L台まで落ち込みます。

その後、40~50km/hで流れに乗っているときは25km/L以上、30km/Lもザラではありません。

途中表示が50km/Lになる時があります。この時スロットルは全閉されています。

また、20km/L後半〜30km/L台が長い時間続いているときはスロットルに軽く足を乗せている程度の時です。

ちょっと話は横道にそれますが、僕の愛車ワーゲンバスは当然キャブ車です。

キャブ車の場合、一定の速度で走ろうと思うと自然とアクセルワークはパーシャルの状態をキープすることになります。そうしないとエンジンブレーキがかかりすぐに速度が落ちてしまうからです。

その運転の癖があるため、以前の僕はイプシロンを運転するときも一定の速度で流れているときに、駆動輪にトラクションが掛かるか掛からないかくらいスロットルを一定に踏み込んだ状態で運転していました。。。どうやらこれが燃費が伸びない理由だったようです。

イプシロンで高燃費を街なかでもキープしたければ、加速時もスロットルの開けている時間を極力短くし、定速走行時には速度が落ちてきたらアクセルをチョンチョンと軽く踏む程度で乗るのがいいようです。

1年半前に乗っていた時には12km/L台・・・へたをしたら11km/L台 だった僕も最近ではコンスタントに14km/L台をキープすることができています。

これってもしかしたら最近のクルマはみんなそうなのかもしれません。

キャブ車と乗り方全然違うのでなれるまでちょっと戸惑います。

まずは意味はないですが30秒スポットで和んでください。
しかしアヴァンギャルドですね。

幾度と無くこのブログでも話題に出るD.F.N.。

これは所謂2ペダルMT(オートマモード付き)というやつで、今までこのレポート車に乗った人たちからは比較的・・・というか完全に不評です。

僕自身はいままで大したクルマに乗って来なかったこともありオートマモードが付いてるだけでもありがたいし、慣れてしまえば「こんなものか」って思って乗っています。

FIAT車に搭載されているデュアロジックと同じ物のようですが、最近のFIAT500などは制御コンピューターのプログラミングが良くなったのか大分改善されて以前ほどの乗りにくさは無いようです。
 
レポート車のイプシロンでの不評の原因の1つは、各ギアへのシフトのタイミングと繋がり方に原因が多そうです。

 特に路地から大通りへの合流時などのように最徐行からフル加速のようなときに1速へのキックダウンが行われす2速のまま吹け上がらずモタモタとしてしまい肝を冷やす場面が幾度と無くありました。

また最近では、停車時などにブレーキを掛け停車寸前に2速からうまくギアが抜けないのかガクガクとかなり大きな音と振動が出るような状態です。

この2つの現象を最近ではシフトレバーを手前に引き手動で1速に落とすことで対処しています。

イプシロンのD.F.Nとデュアロジックがほぼ同じもだということは先に書きましたが(最近街で見かけたプジョーの1007の2-tronicも同じようでした)、構造的にはどうやらアルファロメオのセレスピードも同じようで、不具合や修理などをネットで調べると色々と参考になることが出てきます。

まずシフトのタイミングと繋がりについては、 学習されるようで先に乗っていた人の癖などがそれなりに反映されるようです。(本当なのか?)

レポート車の場合、今までの何人かの担当者は比較的まわして乗る人達だったので真偽の程はわかりません。

ただ調べた中でガクガクするということについて興味深い記述が幾つかありました。

この現象は、僕も乗っていてちょっと思ったのはもしかしてクラッチのジャダーなんじゃないかという点です。

クラッチが減ってきたり表面が焼けたり、カバーのスプリングがヘタってきたりして起こるこの現象は、いわゆるクラッチ3点セットを交換すれば問題解決という国産車でも比較的よくあるトラブルです。

このあたりについて書かれているHP(ブログ)では、クラッチの消耗が交換するほどでない場合、他に考えられる原因としてソレノイドの動作不調なども多いようです。
特に興味深かったのは、クラッチの調整と油圧関係のクリーニング、そしてコンピュータのリセットでかなり改善するというものでした。

コンピュータのリセットは減ってしまったクラッチの状態を元にまた学習していくことでスムーズに変速出来るようになるということのようです。
ただディーラーの工場にてそういう処置をしてくれるのか?は不明です。

レポート車のガタガタは、クラッチ・ミッション関連だけではなくフロントの足回り全体にも原因がありそうですが、クラッチの調整&PCのリセット。。。とても気になります。

どんなにエコなクルマに乗ろうが高燃費を出すことが出来ない我が右足。

前々から 何故ゆえに他の人と比べて燃費が悪いのが以前より不思議に思っていました。

僕の運転スタイルは特にかっ飛ばすわけでもなく自分で言うのもなんですが営業M君などの方が飛ばすし、 それに比べればホントおとなしいほうだと思います。

しかし不思議な事にかっ飛ばすM君のほうがこの手の話になると燃費がいい。

日頃、営業で外回りが多く高速などの利用が多いことも日常の平均燃費に影響大とは思いますが、それだけではないのではないかとうすうす思ってはいました。

でも最近オンボードコンピュータの燃費表示を見ていて、もしや!と有ることに気が付きました。

それについては只今絶賛検証中でまたまた次回以降にご報告できればと思っています。

さてさて話変わって先日ちょこっと静岡まで行って来ました。東名高速を利用したわけですが春に開通した新東名を初めて走りました。

感想としては非常に走りやすい!

イプシロンにはオートクルーズが装備されており、従来のルートよりカーブも起伏も緩やかになった新東名では威力を発揮します。非常に楽ちんです。

IMG_1053
IMG_1055

そして毎回驚かされるのは高速道路利用での燃費!

行きに満タンにしオンボードコンピューターのトリップB(イプシロンはトリップなどをABの2つ計測できます)をリセットし走行距離432kmで平均燃費23.4km/L。

約18.5Lの燃料消費です。片道9Lちょっとって。。。すご過ぎます。
オンボードコンピューターがあてにならないんじゃないか?と思ったりしますが、2枚目の画像中央の小さな円形のメーター左側が燃料計です。針が半分にも達していません。

今全国の燃料代の平均が(2012年9月27日現在)、軽油で125.2円/L、ハイオク157.2円/L、レギュラー146.3円/Lだそうで、今回の燃料代は2320円ほど。これがガソリン車だったら2710円と400円ほどリーズナブルです。

しかしコレも単純計算での数字で、最新のエコカーのカタログ数値であればもっと下がりそうですが、そこそこエコな普通のクルマ(以前レポートしていたルノーTWINGO など)は、ハイオク指定で高速でもせいぜい17km/Lくらいで(コレだって立派な数字です。)

しかしイプシロン・マルチジェットのべらぼうな燃費にはかなわないし燃料単価も安いので、非常にエコノミーです。 

こうして悪魔の右足を持つ僕ですら、高速の走行ではこれだけの数値が出ます。すばらしい!

そしてこの事も(僕でも高速なら高燃費) 踏まえて色々と考えると日頃の走行でなぜに高燃費がマークできないのかが見えてきました。。。。多分。

Ypsilon-data-a前回ここでフォグランプのバルブが片方切れていることはお伝えしたとおりです。

その時、前任者が「どうやらバルブの交換はちょっと面倒らしく、11月の車検時に修理予定」と聞いていました。

前回のヘッドランプバルブ交換ですっかり自信をつけてしまったワタクシは、「たかだかフォグバルブごときで〜」と正直思ったわけです。

Ypsilon-data-bその後、なぜか英語版のランチャイプシロン-ワークショップマニュアルを入手!早速燈火類のページを見ました。。。

なるほど・・・バンパー下部に付いている補助灯のバルブ交換をするためにはインナーフェンダーを外す必要があるのか・・・ってことは、ジャッキアップしてタイヤ外さなきゃならんかよ!

もしかしたら、ハンドルを目一杯切ればタイヤ外さなくても出来るかもしれませんが、 経験上 大体こういう場合ちゃんとタイヤ外して行ったほうが簡単だし早いというのを過去幾つもの失敗から学んでおります。
自分でも出来そう。。。でもなぁ以前イプシロンでパンクした際ホイールのセンターキャップが外れず、結局は JAFのお世話になったことがあります。

ってことで、この件は11月まで放置決定!!

さてさて、話変わって。。。
ただならぬ愛情をイプシロンにも持っている弊社社長 。
当ブログでも書かれている通り僕の所へ今回来る前に一瞬乗っていたのですが、 その間にSEVの再装着やらボディコーティングやら、ヤレてしまったエンブレムを交換したりと新車当時とは言わないまでもそこそこのリフレッシュ作戦を敢行してました。

そこで、ブログに書かれていてまだ施工されていないのは新型ナビへの交換ですが、確かに5年前のナビですが実は実用的には全く不便がありません。気になる点といえば地図が古いくらいです。

それも地図をバージョンアップすればそれで解決!と思っています。
新品に付け替えだと製品代+取り付け工賃。地図のバージョンアップなら2万円ほどのようです。個人的にはそれで十分じゃないかなぁと思っています。

できればその予算を足回りのリフレッシュに充てたほうが安全かつ気持ちいいクルマになるんじゃないかなぁとワークショップマニュアルを眺めたりしています。そのあたりの事はまた次回!!

IMG_1034
先月頭にルノーTWINGOにお別れをし、その後つなぎで借りていたスマートブラバス赤の初号機をも返却、そしてまたまたイプシロンに乗る事になったjimaです。

前任者からカギを受け取る際に「昨夜気がついたんですけどヘッドライト片側切れてます。」との事でした。

もともと純正のヘッドライトがハロゲンの55Wと、最近すっかり視力にまで老いを感じている自分としては、ちょっと暗めなせいもあり片側切れていても全くわからないような感じでした。

でもまぁしかし、整備不良車をそのまま乗っているわけにもいかなし、そういう部分がちゃんとしていないクルマが大嫌いってのもありまして翌日近所のカーショップでバルブ購入&交換をしてもらおうと思っていました。

IMG_1033出かける前に、一応切れてるバルブを確認するために外してみると、H7-55Wのシングルバルブでした。

以前乗っていた時も全く気にしていなかったのですが、この型のイプシロンは、HiLow別でHiビーム時は同時点灯でした。

車庫の物置に、弊社社長が過去にバルブのハイワッテージ化やHID化の際に外したノーマルバルブが幾つかあり、もしかしてH7とかもあるかも〜と見てみると1setH7ノーマルバルブを発見しました。ラッキー♪ 

ヘッドライトカウル裏側のラバー製の蓋を外しバルブホルダーを左に45度ほど回すと外れます。
バルブはホルダーのソケット部分に刺さっているだけなので、外して切れていないモノに交換し外した時と逆の手順で戻せば完成です。

ただその際に、バルブのガラス面に油脂が 付いてしまうと点灯時に切れてしまうので素手で触るのはご法度です。

そして、取付けのスペースに余裕のある場合であれば素手での作業も気をつければ可能ですが、なにせ小さな高級車イプシロン!見た目通りに狭い!その為、作業には綺麗な軍手をはめて行う必要があります。まぁスペースがあっても突起物などで怪我をする場合もあるので軍手はなるべくつけたほうがいいですけどね。 

そんなこんなでヘッドランプは復活!。。。

しかし、実はフォグも片側切れてるそうです。 

こちらはバンパーだかなんだかを外さないとバルブの交換すらできないようで、11月に迎える車検時に一緒に整備・修理の予定です。 

さてさてイキナリ修理からですか!!!

ってな感じなのですが、久しぶりに乗ったイプシロンは、1年半前より多分走行距離が3万km以上伸びています。そしてメデタク10万kmもオーバー。
あの頃の印象からすると愕然とするようなヤレっぷり!

しかし2日ほど乗って見ましたが、あの頃の小さな高級車な片鱗は残っているようです。
そのあたりはまた次回!

y-バンパーリペア110309しばらく前にお伝えした通り、バンパーを擦ってしまったイプシロン。

やはりどうしても気になるので補修に出してきました。

作業をお願いした所は、本当に普通の町の板金屋さんって感じの所です。作業をお願いするにあたっての予約などは、軽度の板金であることから特に必要はないという事でした。

作業は事前に聞いていた通り1.5日ほど要しました。

この町の板金屋さん。普段は近所のディーラーさん(国産・輸入車共に)や自動車屋さんのイワユル下請け作業がメインのようですが、最近は仕事も減る傾向にあるようで、「それほど忙しくないからいつでも良いよ」と直接の持ち込みにも快く応じてくれました。

作業中に一度、色の事で連絡(確認)がありました。

板金屋さんではペイントをする場合、塗料メーカーが用意している各自動車メーカー・車種の純正色に対する調色表を基本に調合し、それをもとに細かい色合わせ・調整を行います。

しかしここで問題が発生。

我がイプシロンの136番ボルドーレッジーナと言う色が板金屋さんが使っている塗料メーカーのデーターベースに登録されていなかったようなのです。

結局、別メーカーの近似色を元に職人の経験で調色したようです。

そんなこともあり正直言うと、クルマを引き取りに行くまでちょっと心配でしたが、出来あがりは極上!100点満点とは言えませんが、補修場所、程度などから考えれば80点の合格点だと思いました。

修理料金は15,000円(+消費税)と格安(この板金屋さんでは通常料金)だった事を加味すれば100点と言ってもいいかもしれません。

以前ここでも書きましたが、板金塗装は経験と技術で仕上がりが大きく変わってしまうので、今回の様な飛び込みでお願いすることは、ちょっとギャンブルだったかもしれません。(結果勝ったのでOKですが、ギャンブルだけに負ける事がある事も覚悟しておく必要があります。)

ただ、何事も経験ですので、今回お願いした所は、CP面、対応面など総合的に見ても良かったし、ケースバイケースでまたお願いする事があるかもしれません。

やはり信頼できる方からの情報や紹介が一番かもしれません。

あとは正攻法ですが、一番仕上がりが保証されているのはディーラーさんを通してお願いする事だと思います。

このあたりの判断は、価値観や考え方もありますので個々で自分に合ったパターンで行くのが良いと思います。

なにはともあれキレイなったイプ君。これからはもうちょっと気をつけて乗らなくてはと思ったわけですが・・・・ここでクルマ交換で担当はM氏へ。

jimaはまたしばらくTwingoGTがお伴となります。

--------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.2.1
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!
認定中古車.comスマートフォンページ続々補完中!!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!
またVer.2.1ではwebサイト認定中古車.comへもシームレスに閲覧可能です。

---------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

 

 

イプ-hakenomichi013


通勤にちょっとした買い物にと、日常の足として日々活躍中のイプ君です。
jimaは自宅から仕事場の世田谷までの通勤時、こんな道を通っています。

ここは武蔵野の稜線に沿った形で通っている小径で「はけの道」といいます。

画家中村研一氏の住居兼アトリエ跡の美術館や小説「武蔵野夫人」の舞台であったことなどが知られています。(いってもjimaは武蔵野夫人を知らないのですが)

最近では、スタジオジブリの「借り暮らしアリエッティ」でもロケーションが使われていたりと、ただの細道なのに意外とメジャーな、なかなかに侮れない道だったりします。

僕がここを通るのは裏道的な要素も有りますが、単純にこの道が好きだからという理由の方が大きいのです。

途中にすれ違い場所を設置しなければ対向車とすれ違えないほどの細い道ですが、走っていてなんだかとっても雰囲気も気分も良いのです。

まさにテイスティなコースって感じです。

路面は、アスファルトの部分補習が目立ち荒れていて、その上アンジュレーションがちょっと強めのウネウネと曲がった道。まぁハッキリ言ってキレイな道では無いのですが、周りの風景もひっくるめて、ちょっと気分の良い道なのです。

細い道ですし、ジョギングをしている方とかもいますので特に飛ばしたりはしません。極々普通に通行してます。

イプ-hakenomichi008この道は、僕にとってもうひとつ大事な役割が有ります。

それは、クルマのフィーリング(ハンドリングや乗り心地、エンジンのフィーリングなど諸々)を確認評価するモノサシとして使っています。

中でも1区間、3つくらいのコーナーをそういう風に使っています。

そこを走って「良い脚だなぁ」とか「スプリングが強いのかなぁ」なんて素人ながらに感じたりしています。

皆さんはそういう場所や道ってないですか?

この道でイプ君をどう感じたかと言えば、ズバリ「優しい」です。
突き上げもなく、だからといってだらしないほど柔らかくもない脚。
こんな道を走っても、こんなにコンパクトでもやっぱり濃くラグシュアリーな感じがします。悪くないです。

お気に入りの場所・道をお気に入りのクルマで走る。楽しいですよね。
--------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.2.1
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!
認定中古車.comスマートフォンページ続々補完中!!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!
またVer.2.1ではwebサイト認定中古車.comへもシームレスに閲覧可能です。

---------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

イプ-バンパー 004

毎日の足に都内を相変わらず元気に走ってるイプ君です。
おひさしぶりですこんにちわ。

この冬は、例年以上の冷え込みで先週などは都内でも結構な量の降雪がありました。

そんななかでも6万kmを超えてなお相変わらず好調をキープしています。
頼もしい限りです。

最近ちょっと気が付いた事があります。
ディーゼルってもしかしてヒーターが効き始めるのにガソリン車に比べて時間がかかる?エンジンが温まるまでちょっと時間がかかるのかもしれないという事です。

でもまぁ効き始めてしまえば何にも問題は有りませんし、だから不便と思うような事もありません。
ただちょっと思っただけです。

そんなイプ君ですが、雪・雨などに有ったせいで洗車したいなぁ〜と思っていました。

superglo-04前回ここでも紹介したとおり、ボディコーティング剤SUPER GLOSSで軽〜くお手軽にコーティングを施したイプ君。
どの程度の耐久性があるのか興味もありスタンドの洗車機でシャンプー洗車をしてみました。

結果は、水弾き(撥水)力はまだまだ健在で、今までのコーティング剤より断然耐久性が高いんだなぁと実感しました。

ただ、施工直後のヌメヌメ感(触った感じがそんな風なんです)は無くなってしまっているようで、やはり最初は念入りに数回塗って、その後は水洗いの後に軽くメンテナンスのつもりでふき取るついでに塗るというのがツルツルヌメヌメを保つ簡単な方法かもしれません。

イプ-バンパー 001bと、そんな変わらぬ日々を送っていたのですが、平穏で平和な日々とは永くは続かないようで、今回の洗車時にフロントバンパーに結構な傷を発見してしまいました。

誰だよ!!!!!

がっ!しかし、この1週間自分以外はこのクルマを動かしていません。

じゃぁぶつけられたのか?

でも、どう見ても自分で擦ってすんだよなぁ。。。

じゃぁ誰?・・・・・・・・・僕か・・・ orz.....チーン

これだけの傷が付けばその時に気が付きそうなものですが、全く覚えがありません。

一体どこで?自宅の駐車場?そんなはずはと思いながら事務所の駐車場を見ると。。。。。
イプ-バンパー 003b
丁度良い高さ、そして良い感じの角が。。。。

以前から注意はしていましたが、どうやらここに擦ってしまったようです。ハゥ~ン

さてさて、事の顛末と事実を社長に告げると「しょーがねぇなぁ〜。まぁそのまま乗れば?あまり場所的に目立たないし。」と意外と大らか。

でもでも気になって仕方が無い。
申し訳ないし。。。イプ君に。(社長にじゃねぇのか!いやいや当然社長にも)

まぁ懐に余裕がある訳ではないですが、自分の不始末と言う事と、基本的に自分が気になっちゃってるって事から「治さなくて良い」とは言われたものの、このくらいの傷って結構つけちゃうし修理すると一体いくらほどかかるのか今後のためもあり調べてみる事にしました。

修理にかかる費用は、本当にピンからキリのようで1万円〜10万円と驚くほど価格差があります。

クォリティ重視でバンパーを脱着し擦った部分を成型後全体を塗装する場合から、脱着せずに部分塗装だけの簡易的な方法などで価格に差が出るようです。

ネットで調べると5000円で請け負っているところもあり、この業界も低価格化が進んでいるところもあるようです。

しかし超低価格で請け負っているところでは、塗装時の色合わせはカラーコード合わせのみ(現車合わせはしない)ノークレームなどと書かれているところもあり、あからさまに安かろう悪かろうの匂いがぷんぷんします。

意外だったのは、全国的に大きくフランチャイズ展開をしているクイックリペア店での見積金額や、大手カー用品店での金額が意外と安くなかったという事です。(4〜5万円)

そんななか「これは!」と思ったのは、意外や地元の板金屋さん。2万円くらいで何とかなりそうです。

なにが一体「これは!」なのかと言うと、最近ではガソリンスタンドなどでもクイックリペアをスタンドのスタッフが研修を受けサービスを行っているところなども多いですが、この手の作業は結局はやる人のスキルで仕上がりが変わってしまうという点で、長い間板金塗装に携わってきた職人さんにはかなわないと思うからです。

見積してもらった職人さん曰く「ちょっとと思っても治した方が良いんだよね。治さないと扱いが雑になってどんどんクルマがボロくなるし、『もうちょっと傷んでからまとめて』なんて思っていると思いのほか費用がかかるしね。」だそうです。

作業自体は1.5日ほど。近いうちに修理する予定です。

皆さんも気になる小傷などがあったら、地元の板金屋さんに一度聞いてみると良いかもしれません。
聞くのはタダですから♪

SUPER GLOSSの詳しい情報はコチラから
----------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.2.1
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!
認定中古車.comスマートフォンページ続々補完中!!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!
またVer.2.1ではwebサイト認定中古車.comへもシームレスに閲覧可能です 

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」


superglo-01相変わらず日本海側では雪が多いようで、公共の交通機関に影響が出ているようですね。

ここ東京では、太平洋高気圧の影響で晴れた日が続いていて、今日などはちょっと暖かい陽気です。

雨なども降らない事もあり、「クルマ汚れたなぁ〜」って感じにはならない事を良いことに、年が明けてした事と言えば、室内の掃除機がけと雑巾拭きくらいでした。

さすがに幾ら雨が降らないとはいえ、ボディにチリも積もってきたし、いい加減洗車しないとなぁなどどちょっと前から思ってはいました。。。そんなこんなで、今日やっとこ重い腰をあげて洗車した次第です。

以前から我が社の営業M君から、News&Topicsでも紹介したボディコーティング剤SUPER GLOSSを使って感想を聞かせてほしいと言われていました。 

ただ、元来面倒くさがりで洗車が不要なクルマが早く発売されないかと常々思っている僕としては、ワックスがけはもとより、ボディコーティングなんて滅相もない!と「イプシロンはコーディング施工されているから良いよぉぉぉ〜」と遠回し あからさまに敬遠していました。

しかし 、イプシロンを洗車するたびに、ボディはコーティングされているとは言え、ホイールは施工されていないので洗車の度に手を真黒にして一本一本フィンの間を磨かなくてはならず、深いため息をついていました。

先日行った東京オートサロンにSUPER GLOSSも出展しており、物凄い人だかりになっていました。そしてそこでさまざまなデモを見てきました。

その時の印象は 、仕上がりの艶は高い料金でプロにお願いするのと遜色なく。。。でもそんなのは他にもあります。一番グットきたのは、その施工の手軽さでした。とにかく薄く塗って乾いたら磨くだけ。ワックスのように手が粉まみれになる事もないし、ムラになったりもしません。 超簡単!

そして・・・そして!ホイールにも使えるとの事! ということで早速やってみました。

superglo-02

使用したのはレギュラーセット200ml(12,600円)。これ1本で10台分だそうです。

中身は、本剤スプレー、専用スポンジ、厚手のマイクロファイバークロス。

superglo-04最初にスポンジを水に付け軽く絞って本剤をスプレーします。








superglo-05洗車したボディに薄く塗り拡げ、乾いたらクロスで拭きあげる。たったこれだけです。








superglo-03当初ホイールだけのつもりでしたが、「ちょっとボンネットやってみようかなぁ」とか「フロントだけ」とか言っているうちに結局丸ごと1台コーティングしてしまいました。

写真があいかわらずヘタクソで申し訳ないのですが、深い艶、輝きが簡単に洗車後のふき取り作業程度で手に入ります♪

これはお勧めできます!

SUPER GLOSSの詳しい情報はコチラから
----------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.2.1
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!
認定中古車.comスマートフォンページ続々補完中!!

国内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!
またVer.2.1ではwebサイト認定中古車.comへもシームレスに閲覧可能です 

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」


 

y-110108すっかり年が明けて、いつも通りの生活が戻ってきました。
皆さまは如何お過ごしですが?

このエコカーレポートも新年を迎え、ピリッとスパイスの効いた事からゆる〜い内容まで、楽しめる内容でお届けできればと思っていますので、今後ともよろしくおねがいします。

また、記述内容は個人的主観(好み?)も多々含まれたりしますので、「それちょっと違うだろ〜」なんて感じた方、「そうだそうだ!」と思われた方も、お気軽にどしどしコメントいただけたらと思います。

さて、去年の年末から日本海側は寒波の影響で各地で豪雪・強風等大荒れの天気が続いているようですね。

ここ東京では、小学校の理科の時間に習った冬型の気圧配置から乾燥した晴天が続いております。
そのおかげで、夜などはキレイな星空が見えるほどです。

しかし、雲の無い冬晴れは放射冷却が進み、連日「今年の最低気温を記録」などと天気予報で伝えられています。

以前のレポートにも書きましたが、ディーゼルエンジンは始動時にグロープラグのプレヒートが必要で、写真真中のグルグルマークのランプが消えてからセルを回して始動します。

秋まではこのランプを意識することなく、クルマに乗り込みすぐにスターターキーを捻っていたのですが、さすがに最近では、朝一発目の始動では3秒ほどこのランプが消えるのにかかります。。。早く春にならないかなぁとこのランプを見ながら毎日です。

----------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.1.7
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」


IMG_0242一応終了を宣言したイプシロンのレポートですが、TWINGOレポートがちょっとした事情でレポ車が手元からなくなってしまったので、またまたこの子に乗っております。

レポ終了なのでレポート前提で乗っていな事もあり基本的には書く事も無いのですが、久しぶりのイプ君・・・和む。

相変わらず、アイドリング時にはカラゴロガラゴロとディーゼル特有の音と振動、スタートダッシュは良く言えば「優雅」。。。まぁもっさりしてます。

でもなぁ〜なんか和むんだよなぁ。やはりなかなかに良いクルマです。同じくらいのサイズであるTWINGOとは全く違うベクトルで造られたクルマです。

仕事柄、ちょいちょい家に乗って帰るクルマが変わるのですが、小学4年生のムスコの中では「とーちゃんが乗って帰ってきたクルマランキング」でかなり上位(1位・2位あたり)のようです。(因みにポルシェ964ターボなどは加速で泣かせた事がトラウマになっており最下位のようです。。。とほほ)

どうやらムスコ曰く、リアがTWINGOより広いらしいです。前後に関してはTWINGOのようですが横幅がイプシロンの方が広いとのことです。(運転席ばかりに座っているので言われないと気がつかないですな〜)

IMG_0240話は変わって、この夏ごろから気にはなっていたのですがハンドルの丁度握るあたりに皺が出来てしまいました。
これが非常に気になる!なんとかならんのでしょうか?スキン張り替え?

いずれにしても切れてきそうな感じです。気をつけないと。。。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.1.7
AUDI PEUGEOT そしてVOLVOもオフィシャル認定中古車情報100%掲載!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

y100915-05約1年前に担当代えになり僕の元にやってきたイプシロン(通称イプ君)。

その間に13,000kmほど走行しましたが、前回予告どおり今回のレポートで最終回となります。

この一年の間には、東京〜長野〜新潟往復など、結構な長距離ドライブも行っています。

一昔前のイタリア車などであれば、片道200km以上なんて自殺行為といわれるほどトラブルの多い印象がありますが、それって結局一昔まえの所謂ガイシャのイメージと同じで、中古平行車の多かった時代に、まともに整備も施されず販売されていた事が原因で、ちゃんとディーラーでメンテを受けていれば、そうそう壊れないんだなぁと実感したしだいです。

今回このレポートを終了するにあたり、もう一回くらいドライブしておきたいなぁと思い立ち突発的に「お一人様ドライブ」を敢行してきました。

ちょうど1年ほど前、担当していたAUDI TT 2.0がレポート終了となったときにも突発的にドライブに出かけました。

そのときには、山梨にある「ほったらかしの湯」へ行ってきたのですが、そこにはお風呂が2つあり、前回入って居ないほうへ入りに行こうかと考えていました。

しかし、東京から勝沼あたりだとほぼ高速道路のみの走行になってしまうため、一般道〜高速〜峠道を走行でき、グルメと癒しも堪能できる日帰りルートを考えました。

y100915-b01y100915-03まずは中央道調布ICから勝沼ICまで行き、ネットで調べたぶどうを直販してくれる農家を尋ねました。

出発には13km/Lほどだった平均燃費は高速を降りるころには15km/Lちかくなっていました。

ぶどうは2kg購入したのですが、おばちゃんが「もうちょっと、もうちょっと」とか「これは色が悪くて出荷しないから」とか、おまけのおまけで4kgほどになっていました。

昨年たずねたときは、そこの近辺でおいしいほうとうが食べられるお店を紹介して頂き食べに行ったのですが、今回は別のたくらみがありました。

勝沼での目的を果たした僕は、御坂みちという峠をひとつ超えて河口湖のへと向かいました。

峠道では、さすがにパワー不足も感じましたが、トルク感のある力強い走りは、運転していて安心感があります。

y100915-04今回は、ほうとうではなく吉田うどんを食べようと考えていました。吉田うどんとは、富士吉田あたりの郷土料理というかうどんです。10年以上前に1度だけ食べた事がありましたが、最近のご当地B級グルメブームににわかに注目されたりしています。

吉田うどんの特徴は、そのコシの強さと素朴な味、そしてなにより安い!ということです。とにかくコシが強く、ともすれば食べるのに顎が疲れるようなうどんです。食した肉うどんは550円と安くボリュームもあります。

うかがった店は、幹線道路からかなり住宅地というか集落に入った中にあり、事前に調べていかなくてはわからないような場所にありましたが、平日にもかかわらず、駐車場は県外ナンバーばかりでした。

お昼を過ぎた時点で、目的のひとつである「グルメ」に関しては満足していました。

お次は「癒し」です。

y100915-05どこかの日帰り温泉に入る事は、マストでしたが、時間的にまだ早い。
そこで考えたのが「パワースポット」めぐりです。

僕は、元来占いとかの類が大好きです。霊峰富士の麓ならパワスポの一つや二つくらいあるだろうとケイタイで調べると、その近辺にもいくつかありました。なかでもココ!というのがあったので行ってみました。

あえて何処とかは書きませんが、多くの方が「ここはパワーがあると」ブログなどに紹介されています。。。が、う〜〜〜ん・・・・よくわからん。とりあえず「この場所が!」と書かれていたところに立ち、わっさーと頭からパワーを浴びてきました。

実を言うと、その後も2箇所ほどパワスポをめぐりましたが、どれもこれもイマイチ感じるものはありませんでした。トホホ

なんだか40オヤヂがいつまでも神社など巡っていても不気味だよなぁと思い、早めに温泉に浸かり一眠りしてから帰ろうと向かった先は、河口湖IC脇にある「ふじやま温泉」。ここは全国的にもきわめて珍しいy100915-06「マグネシウム・カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉」というすべての泉質の温泉がブレンドされている良質の天然温泉で奇跡の湯と呼ばれているらしく、この夏の猛暑でくたくたの身体を癒してくれそうです。いわゆる日帰り温泉施設で、仮眠のできるスペースや食事などもできます。

ここですばらしかったのは湯殿で、町屋造りをモチーフにした伝統工法を駆使した釘を使わない梁組みの純木造浴室で、お湯もさることながら非常に雰囲気が良かったです。おすすめです。

y100915-b02y100915-b03一時は15km/Lほどであった燃費も峠越えなどがあり14.2km/Lまで落ち込んでました。

出発前にもう一度チェックしようと見ていたら、なぜがここでリセットされてしまい、ここから新たな計測となりました。

考えてみれば、高速道路走行だけでの計測は行った事がなく、以前新潟まで行った際には、半分以上が一般道、それも結構な距離の山道を走行したにもかかわらず20km/Lオーバーしたこともあったので、高速走行だけではたしてどのくらいの燃費なのか?という興味がわいてきました。

中央道という山の中を走る高速道路にもかかわらず、調布インターを降りたときの燃費は26.7km/Lと驚異的な数字を示しており、以前からこのレポートでも書いていますが、高速での低燃費性能の高さを実証する事ができました。通常の街中走行では12~14km/Lという点は、今の国産エコカーに及びませんが燃料代の安さと、たまに使う高速道路走行で十分に経済性の高さを実感することができます。

y100915-b04

今回このレポートで終了となるイプ君ですが、通常のガソリン車よりクリーンな排気ガスの最新ディーゼルの経済性や、その乗り味を多少はお伝えできたのかなと思っています。メルセデス・ベンツではブルーテックのEクラス、MLクラスがラインナップされていますが、他のメーカーはまだ日本には導入されていません。とあるメーカーではユーロ6に対応したエンジンが搭載になれば日本導入という話もあるようです。リチウムなどのレアアースの値段が、化石燃料などより価格が不安定な今、改めて日本でもディーゼル機関を見直してもいい時期に来ているのではないかなぁと思いました。

今回レポートしたイプシロンのような小型ディーゼルは、なかなか難しいかもしれませんがE350ブルーテックのようにドライバビリティではガソリン車に遜色無く、そしてハイブリット並み(以上?)に経済的。そして乗って楽しい(FUN)なディーゼルに機会があれば一度トライしていただきたいと思います。絶対にガッカリはさせないはずです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ誕生!
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.1.6

国内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

y100915-01突然ですが!約1年にわたりレポートしてきたイプシロンですが、今回・次回をもって一応の終了とさせていただきます。

さてさて、なぜ今回急に終了となったのか?と言えば・・・通勤や買い物の足として大活躍のイプシロンでしたが、お伝えできる事がもう無いという事に尽きます。

とかくイタリア車といえば、信頼性に難があるような印象ですが、現代のイタリア車に関して言えば、そんなことはないようです。

これは考えてみれば簡単な事で、日本のメーカーやドイツのメーカーと同じように自国のみの販売ではなく、当然輸出を行っています。

そのためには世界で受け入れられる商品クォリティが求められます。昔のように一部マニアのための輸入車ではないイプシロンのような大衆車は特にその傾向が強く求めれ、当然毎日の足に使って困らない、それ以上に便利、経済性、耐久性など厳しい評価にさらされているので、普通に使っていて困るような事が起きない事が当たり前なのです。

自分が体験したことで、「そうだったんだ!そうだよな!」と気が付いた訳ですが、最初は多少は壊れたりするんだろうなぁと思っていましたが、そんな事も無くレポートする身としてはネタ的には困りますが、ユーザーとしては嬉しい結果となりました。

この1年では、毎日の通勤とちょっとしたドライブを何回かしました。

僕が引き継いだ当初45,000kmだったオドメーターは、現在58,000kmちょっとを表示しているので13,000kmほど走行したことになります。
この距離は、極一般的なオーナーが1年間に走行する距離といえるでしょう。

その間にあったトラブルと言えば、パンクが1回とウインカー・テールランプの異常点灯が有ったくらいです。
パンクはどんな車でも起こるトラブルですし、ランプのトラブルもちょっとした接触不良でディーラー工場でその場で対応してもらえました。

メンテナンスに関して言えば1年に一度点検を行えば安心で、それ以外には特に必要もないというほどラクチンです。

そしてこのイプシロン最大の特徴であるマルチジェット(ディーゼルエンジン)に関して言えば、メリット・デメリットそれぞれがあって、人の価値観やライフスタイルによって評価は分かれそうです。

でも、ディーゼルの特徴でもある経済性や耐久性、そして現代ディーゼルに加わったエコロジー性を考えると、デメリットである音・振動・吹け上がりの鈍さなどは十分に払拭できるほどの魅力があります。

もう一台のレポート車であるMercedes Benz E320 CDIなど、このデメリットすら解決されています。

そんな感じで、偏見のイタリア車、偏見のディーゼルという2大ネガティブ要素を持ったイプシロンでしたが、乗ってみたら全然普通だし意外と良かったと言うのが僕の感想です。

y100915-02さて、突然のレポート終了を決定したのですが、せっかくなので最後に一人でぶらりとドライブに出かけてきました。目指すはグルメと癒しのドライブ!

約260kmのドライブでは、高速走行、峠越え、グルメ、ヒーリングと盛りだくさん。一人だった事もありやりたい放題の1日でした。

次回はそのレポートをお届けします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ誕生!
いますぐインストール!
Now Ver.1.6

国内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

イプシロン D.N.Fレバーご無沙汰してました。
まぁいつもどおりの前文ですが、この暑さにもまけずイプ君は毎日がんばってます。

さてさて、数々の燃費テストで低スコアをたたき出す、悪魔の宿る右足といわれる我が右足ですが、イプ君の燃費が酷い事になってしまいました。

10km/L台前半・・・・・・・orz

これには思い当たるフシがいくつかあります。

まず第一にエアコン。
この酷暑でエアコンが振る稼動。
これが少なからずというか大いに悪影響を及ぼしてるはずです。

そして第二にEボタン。
シフトレバー横にあるEボタンがオフになってました。
これはエコモードのボタンで、シフトアップ・ダウンのタイミングが変わります。

なぜゆえにオフになっていたのかというと、エアコンの関係で出だしが重いので切っていたのです。
なので、「なっていました」ではなく「していました」が正解です。

しかし、ちょっとの加速を求めるだけでココまで燃費が悪化してしまうのは考え物です。

改心して今はEボタンオンで乗ってます。

イプ君の燃費向上には簡単なコツがあって、アクセルの不要に煽らない方が良いようです。
スタート加速も軽自動車に負けるくらいノンビリゆっくりと、走行中も急加速をなるべくしない!これだけで燃費は14km/Lへ戻ります。(それまでの10km/Lから累積計算で14km/Lなので本当は16km/Lは出ています)

やはりあせらずノンビリ、そしてココロにもゆとりを!これがエコなドライビングの基本のようです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ誕生!いますぐインストール!

国内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

y-100730いきなりの猛暑から一転、昨日・今日と雨模様です。

連日の真夏日でグッタリしていたので、この纏まった雨はまさに恵みの雨!って感じです。非常にすごしやすいです。

そんな雨の日もイプ君は日々活躍しているわけですが、さすがイプ君!小さな高級車といわれるだけあってワイパーやライトもオート機能付がおごられています。

感応式のワイパーは雨が強くなれば一生懸命に雨を掃き、弱まればそれにあわせて間欠の間隔が長くなったり自動でとまったりします。アタマ良いです。そして便利♪

雨が強いときなどは、ブレードがアームごと吹っ飛んで行っちゃうんじゃないかと思うほどブンブン働いてくれるのですが、たまーに戻ってとまった時に、勢いあまって写真のような位置でとまったりします。憂いヤツです。

使っているうちにまたちゃんとした位置で収まるんですけどね。

------------------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ誕生!
いますぐインストール!
国内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

このページのトップヘ