認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: イプシロン


IMG_8652
















 パリットして来た!と、同時に細かなところでガタが起き
 始めている。昨日、イプシロン主治医の元に入院した。
 主な依頼事項は、1、運転性パワーウインドウスイッチ
 交換(経年劣化による割れ)2、運転席シート背もたれ
 が前方に倒れなくなった。3、運転席ドア内部からの金
 属音。4、インパネ内グローランプ(ディーゼル余熱表示)
 の表示が永い。(消えるのですが暫く点滅する)
 以上。こうして、少しずつパリットして行くのです。



 


IMG_2297 
















 またぞろ燃料が上り始めましたね。
 我がイプシロンマルチジェット(ディーゼル)は満タン47
 リッターで1,000キロ走れます。それも安価な軽油なので
 嬉しいです。正直これを体験するとハイオク車に乗れな
 くなってしまう。するとクルマは1台でイイじゃないか?
 となるのは普通ですが、クルマ好きには通用しなかった。
 ところがです!??そんな、何か、心に変化を感じてる
 クルマ好きオヤジは居られませんか?
 こうも上がったり、下がったすると面倒じゃありませんか?
 
 




 


IMG_0404
















 2016~2017年に、1年半がかりで、エンジンやトランスミッション

などのオーバーホールを行うリフレッシュを行ったスタッフカーの
ランチア
イプシロン 1.3マルチジェット(2007年式)。
昨年の夏、長期入院から退院したときの走行距離は
166,149kmでした。

そして、「今日からイプシロンを使ってね」とキーを渡されたのが今
1月。手始めに通勤に使用してみたときの印象は……。

ストップ・アンド・ゴーが続く環状8号線などでは、加速・減速時にギ
クシャクするセミオートマチック(
2ペダルMT)の感覚や独特のフィー
リングを持つブレーキ、また非常に低い加速性能にも馴染めず「これは
スマートのほうが使いやすかったかも」と、正直、あまり良い評価をし
ていませんでした。

そして、3月中旬、千葉、沼津、浜松、仙台などでの取材や打ち合わせが
続いたため、激しい渋滞の首都高速や京葉道路、外環道、空いた東名高
速や新東名、東北道……、この
5日間、イプシロンのステアリングを握り
続け、様々な高速道路を
1,800km以上走り、で、イプシロンの評価を改め
ることになったのです。

結論から言えば、高速巡航では5段階評価の4.9を付けます。交通量の多い
高速道路でも
5速にさえ入ってくれればまさに水を得た魚。

剛性感のあるボディとサスペンションが持つどっしりとした安定感、しっ
かりストロークしてくれる足がもたらす滑らかな乗り心地、
低回転域から
も力強く加速してくれる実用的な
1250ccディーゼルターボエンジン、過敏
過ぎず緩すぎない絶妙のステアリング、とにかくすごく快適に走れます。
瞬発力はないけれどドライバーにストレスを与えないその走行感覚はどの
小型車にも似ていないオンリーワンと言っていいでしょう。
このクルマに、スポーツ性だけがクルマの性能を測る定規にはならないと
いうことを教えられた気がします。
ソフトなシートとの相性も良いらしく持病の腰痛も封じ込めてくれるとい
う付録まで付けてくれたのです。このクルマのオドメーターに刻まれる数字
169,000kmなのですから、イマどきの言葉でいえば「ヤバい」です。

ちなみに、90km/h巡航時のエンジン回転数はちょうど2000rpm
100km/h2200rpm120km/h2600rpm。室内は並みの小型車よりかなり
静かだと思いますし、ディーゼルなのにエンジンサウンドも耳障りなもの
ではありません。

そうそう、燃費の話を忘れていました。千葉・中央区で給油後、
千葉→世田谷→練馬、練馬〜仙台(往復)で計測したところ、
20.4km/L
した。渋滞区間が
70kmくらい含まれていますから非常に良い燃費と言える
でしょう。この区間、軽油の消費量は
41.02L4,266円)、無給油でした。

ところで、パワーウインドーのスイッチや電装系の不具合が出ているため、
3/26(月)より、イプシロンはまた工場に戻っていく予定です。
次回はそのあたりの報告になると思います。

IMG_0427


















現在の走行距離は169,240km。
IMG_0469


















コンパクトカーなのにラクに高速巡航できるクルマです。
IMG_0472


















千葉→世田谷→練馬、練馬〜仙台(往復)後に給油
燃費は20.04km/L。
















IMG_6364
















 グダグダになる前に沖縄から戻したイプシロン。
 昨日到着し磨きコーティングを実施した。
 どうです何とかグダグダに成らずに済みました。
 やはりイタ車はイイ!
  


IMG_5602
















 沖縄で余生を楽しんで居たはずのイプシロンが酷い事に
 成っていた。3ヶ月振りに目にした我が相棒の惨状!
 屋根下駐車場にも関わらず、、(周辺開発工事中の為か
 砂ホコリ)更に、バッテリーが上っていた。
 それでも、ジャンピングして洗車すれば済む事と思って
 いたが、、ここからが苦労の始まりだった!
 先ず、200メートル横のGSにジャンピング依頼と
 充電のお願いに行った。
 すると、人が居ないので明日来てくれ、そして充電はし
 ていないと言う。そんなGSが有るのか?心配は当たり
 持って来た機器では電圧不足で掛けられず。じゃぁ、
 クルマからジャンピングを心見るも軽自動車のため力
 不足でダメ!普通乗用車無いのと聞けば軽しか無いと
 の返事??、困った。掛けても充電出来ずかぁ〜、、
 それじゃ、ここでのバッテリー交換を心見るも何と
 旧バッテリーを外せない。じゃあ新品バッテリーで
 ジャンピングするも何故か掛らない、、充電出来ない
 スタンドの新品バッテリー(新品と云えども放電はする)
 なんてこんなものか!という事でGSスタッフは帰って
 行ったのでした。取り残された私とイプシロンは大きい
 クルマを持つ友人により始動から充電まで助けられた。
 IMG_5600
















バッチリコーティング処理しているので洗えば綺麗に成る
のですが酷い姿だった。
IMG_5601
















 3ヶ月間で2度の大型台風が来た結果がこれ、
IMG_5598















 
 海風を受ける高台屋内と云えどもクルマにとっては厳し
 い環境だと痛感した。そして3ヶ月でメッキ部分の腐食
 が始まっいたのには驚きイプシロンを戻すことにした。








IMG_2219
















 9ヶ月ぶりに戻ったイプシロン。
 ボディ磨きとコーティング処理を施した。
 屋外に置かれていたと思われるので身ぎれいにしてあげた。
 ピカピカに成りました。



 


IMG_7278 (1)
















 イプシロン主治医の元に入院して8か月を経過した。
 その間、こちらから1度だけ連絡したところ、完成した
 が不都合が見つかり対応中との事だった。
 それから数か月過ぎた。我が相棒は如何なっているの
 だろうか?困ったもんだ2です。
 しかし、この主治医、古からのイタ車ユーザーを放置
 するところは昔も今も変わりないなぁ〜





 


写真 (1)
















 今年7月10日主治医のところに入院している我がイプシロン。
 仲間の編集者が、取材ついでに主治医の置き場で見つけて
 写真を送ってくれました。
 5か月間この状態だったのか?と思ってしまうほどの汚れた姿
 が痛々しい。それでも黙して待つ!
 そう教育されてきたイタ車オーナー。入院後は完成の知らせが
 あるだけですから、それにしても可哀そうだな〜ぁ、イプシロン。




  


IMG_7524 
















 エンジンオーバーホール始め大規模なリフレッシュを行った
 イプシロンが不調だ!
 赤スマートに始まる我が年寄連中の調子がオカシイ。
 低速でのトルクが不足気味と言うか吹けないのです。
 主治医に連絡だな、、



 


 IMG_5801
















 エンジン、ミッション等、主要機関のリフレッシュのため主治医
 のガレーヂ伊太利屋さんに1月17日に入院していた我が
 相棒イプシロンが本日戻って来た。
 
IMG_5799




 











 3年前のリフレッシュに続き主要機関に手を入れた今回は、
 9年、16万キロを共にした相棒を完全復活させるため3ヶ月
 半を擁した。エンブレムからエンジン、ミッション、全てお任せ
 したので費用計算が間に合わなかった。
 
IMG_5803

 
 




 





















 詳細は整理して後日にするとして作業風景写真を頂いた。
 驚きで言葉もない惨状と言うのが正しいくらいである。
 
 IMG_5796









 






 プラスチックカバーも新しくなって綺麗になりました。
 その効果は、エンジンを掛けた瞬間に解かりました。
 16万キロ走ったイタ車だってシッカリ手を入れてあげれば
  復活するという事を教えて貰った。
  但し、頼りになる主治医が居ればこそですが、、
 
IMG_2389




 


IMG_2289 
















 現在メンテナンス入院中のイプシロン経過報告です。
 1月17日に主治医であるカレーヂ伊太利屋さんにエンジン、
 ミッションを始めとする大掛かりなメンテナンスのため入院
 したイプシロンやっと退院のめどが立ちました。
 本国からのパーツ待ちもあり時間が掛っておりましたが
 やっと見えてきました。
 聞くところによるとエンジン内のカーボン汚れは相当酷く
 開けて良かったとの事でした。
 相棒が元気になって帰ってくる日が待ち遠しい。
 あと一月か、








  


IMG_7186
















 こう暑いとクルマも傷みます。
 特に古いクルマには辛い日々です。
 だからと行って我がイプシロンは元気です。
 ディーゼルはガソリンと違い余りエンジン熱を発ませんので
 熱ダレの心配はありませんし構造が単純なので安心して
 乗っていられます。
 また、強い日差し対策として全ガラス面に3M製 透明のUV、
 赤外線カットフィルムで対策もバッチリ。
 更に、炎天下の駐車時はサンシェードで防御する様にしています。
 何せ、大切な相棒ですので労わりながら無理も強いています。
 
 都内某所、英国車ディーラーさん正面パーキングのイプシロン。




 





 


DSC_0088 














 
 相棒アルバムVol,2 二条城とイプシロンです。
 何年前か? 記憶になし、、でも私です。 


IMG_8444 
















 特別な話題ではありませんがイプシロン 155555kmを超えました。
 タイミングがイイと言うか、節目節目に目がいくと言いますか
 良く見ていると言いますか、5のゾロ目です。
 この日は小田原から静岡を回るスケジュール、距離は伸びては
 いるものの信頼のある我がイプシロン。
 燃費も良く壊れ知らずは営業車としては優等生なのです。
 だから可愛い、良くしてあげるから、こいつも答えてくれる。
 スタッフは乗りにくいと言うが、私には良くしてくれるほどに
 可愛い奴です。

IMG_8452
















 ライドはキセノン6,000ケルビン、フォグランプは3,000ケルビン
 イエローにしている。

IMG_8454
















 純白の6,000ケルビンが好み 中心は白で左右端のフォグ
  イエローの光がシッカリ出ています。
  夜間走行にはライトは大切です。明るければ目の疲れも少なく
  安全運転にも繋がります。

 


 

__
















 今朝タワーパーキングより引っ張り出されたイプシロン。
 あれ、白い煙、排ガス臭が無いことに気づいた。
 私の元に戻ってきた時は臭いわ、白い煙もくもく酷かったのが
 今はこの通りまでになりました。
 WAKOSの燃料添加剤延べ6本の効能なのでしょうか?
 スタットレスタイヤも装備したので来週は東北方面に出張予定
 です。あ、それから4年使用したバッテリーも交換すべく注文しました。
 



__
















 またまた、担当車両の変更でスマートに乗るようになった。
 十数年ぶりにひいた風邪もやっと良くなりかけ元気が戻って
 来た気がする。すると、クルマも元気に走る奴に乗りたくなる
 のがクルマ好きの常。

 先日、スマートと入れ替わったイプシロン担当者が、ラテン系
 ディーラーに訪問した際、イプシロンに乗っている事を褒めら
 れたと嬉しそうに話していた。
 
 オヤジは元気にスマート、若者はにわかエンスーになって喜ぶ、
 スマート、イプシロン悪くない交換だった様です。
 でも、綺麗に乗ってくれるだろうか、心配です。










__


























 お盆休みに向かって再び猛暑が襲来するらしい。
 でも、我がイプシロン戻り猛暑なんてなんのそのでございます。
 何故かって?それはお金を掛けておりますので、
 今日の天候でもエアコン温度25度設定でOK。
 ????でも、家の奥さんの言葉が引っかかりますけど
 「年取ると暑さを感じなくなるんだから、注意するのよ!」
 





__
















 ランチャY リフレッシュ作戦最終段階。
 車両はガレーヂ伊太利屋工場に入庫中、同時に外して頂いた
 ステアリングとシフトノブはロブソンマジョリティさんでレザーの
 張替え中。
 __

















リフレッシュの一環、気分一新で軽くリモコンキーの増設をお願いしたら
そう簡単ではなかった。
単純に一つ作るのかと思ったら、全てのキーとのマッチングを実施しないと
ならないらしくスペーアーを届ける事になった。
でも、このスペアーリモコン機能無しなんだけど必要なのかなー、、
その旨伝えたんだけど。
それにしてチョットなあああ、メインがリモコンでスペアーは何故リモコン
じゃ無いんだ?最近はメイン、スペアー両方とも同じものだろう!
これもイタ車だから! なんて言い訳できるのかな、、、

そして、このスペアーキーは一生使われる事は無いだろうな。





ランチャY 107
















 車内クリーニングに続きフロアーMATのお話ですが、その前に
 ぞろ目になりました。
 その日は1月31日、自宅を出るときに気づいた。
 して、その場所は第三京浜道路上だった。
 記念すべき写真がボケていてはお話に成らないので路肩に
 停車して撮影した。
 と、言う話は終わり本題に入ります。

 イプシロンのフロアーMAT。
 新車購入時についてくるMATは専用サイズの物ではなく、汎用品
 で小さな高級車と呼ばれるには相応しくないものだった。
 じゃあ、社外品を探せばこれが無いときた。
 少数並行車の悲哀をここでも味わう事に成る。
 オーダーするにしても実車での寸法合わせをしなければ成らず
 今度、今度が現在に至っている。
 その結果が、以下通り,
 ランチャY 094
 









 






 
 運転席はE320CDIの助手席側を利用、ちょうど左側がフットレスト
 をカバー出来て、まあ、まあ。
 ランチャY 072


















 助手席側は以前ゲレンデバーゲンより外した新品が有った
 ので入れたら入った。
 ランチャY 077


















 同じくゲレンデバーゲンの後部も試した。
 ランチャY 078
 

















 これがたまげた。余裕で入った。下に見えるのは新車時のMAT
 双方とも右側が足りず合っていないし小さいのには驚き。
 イプシロンの足元はEクラス、ゲレンデバーゲンと同等もしくは
 広い位。小さな高級車、実は車内は小さくなかったのでした。
 気が付かない事だが、これもイプシロンが小さな高級車と
 言われる由縁なのかも知れない。
 
 でも、サイズ違いのMATは美しくないのは事実。
 今回、思い切ってやってしまわないと!
 近いうちに実車寸法合わせをする予定です。
 ランチャY 118 


















 私の所に戻って始めての遠出、浜松を往復した。
 燃費は以前と変わらず表示は21,5キロ。満タン計算では23キロ
 だった。動力、燃費とも性能は変わりなし。
 但し、排ガスの臭いのは困った。これではクリーンディーゼル
 とは言えない。
 これも今後対策の予定?まずは原因究明から始めます。
 
 ランチャY 002


















 東名高速、足柄SAにて、




__

 嬉しいですね、イプシロンがメジャーデビューです。
 お正月に全国版一般紙に掲載されたクライスラー広告
 に300タイプとクライスラー版イプシロンがデビューしてました。
 LANCIA版イプシロンに乗る者にとっては嬉しいニュース
 です。
 長きに渡り正規輸入の無かったLANCIA版イプシロン
 知る人だけのオタクグルマ的位置からこれで開放?

 広告によると、この週末は全国クラースラー正規ディーラー
 ではフェアーが開催されるようです。
 
 小さな高級車イプシロン235万円とありました。








 







このページのトップヘ