認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: エコ

y-バンパーリペア110309しばらく前にお伝えした通り、バンパーを擦ってしまったイプシロン。

やはりどうしても気になるので補修に出してきました。

作業をお願いした所は、本当に普通の町の板金屋さんって感じの所です。作業をお願いするにあたっての予約などは、軽度の板金であることから特に必要はないという事でした。

作業は事前に聞いていた通り1.5日ほど要しました。

この町の板金屋さん。普段は近所のディーラーさん(国産・輸入車共に)や自動車屋さんのイワユル下請け作業がメインのようですが、最近は仕事も減る傾向にあるようで、「それほど忙しくないからいつでも良いよ」と直接の持ち込みにも快く応じてくれました。

作業中に一度、色の事で連絡(確認)がありました。

板金屋さんではペイントをする場合、塗料メーカーが用意している各自動車メーカー・車種の純正色に対する調色表を基本に調合し、それをもとに細かい色合わせ・調整を行います。

しかしここで問題が発生。

我がイプシロンの136番ボルドーレッジーナと言う色が板金屋さんが使っている塗料メーカーのデーターベースに登録されていなかったようなのです。

結局、別メーカーの近似色を元に職人の経験で調色したようです。

そんなこともあり正直言うと、クルマを引き取りに行くまでちょっと心配でしたが、出来あがりは極上!100点満点とは言えませんが、補修場所、程度などから考えれば80点の合格点だと思いました。

修理料金は15,000円(+消費税)と格安(この板金屋さんでは通常料金)だった事を加味すれば100点と言ってもいいかもしれません。

以前ここでも書きましたが、板金塗装は経験と技術で仕上がりが大きく変わってしまうので、今回の様な飛び込みでお願いすることは、ちょっとギャンブルだったかもしれません。(結果勝ったのでOKですが、ギャンブルだけに負ける事がある事も覚悟しておく必要があります。)

ただ、何事も経験ですので、今回お願いした所は、CP面、対応面など総合的に見ても良かったし、ケースバイケースでまたお願いする事があるかもしれません。

やはり信頼できる方からの情報や紹介が一番かもしれません。

あとは正攻法ですが、一番仕上がりが保証されているのはディーラーさんを通してお願いする事だと思います。

このあたりの判断は、価値観や考え方もありますので個々で自分に合ったパターンで行くのが良いと思います。

なにはともあれキレイなったイプ君。これからはもうちょっと気をつけて乗らなくてはと思ったわけですが・・・・ここでクルマ交換で担当はM氏へ。

jimaはまたしばらくTwingoGTがお伴となります。

--------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.2.1
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!
認定中古車.comスマートフォンページ続々補完中!!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!
またVer.2.1ではwebサイト認定中古車.comへもシームレスに閲覧可能です。

---------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

 

 

イプ-hakenomichi013


通勤にちょっとした買い物にと、日常の足として日々活躍中のイプ君です。
jimaは自宅から仕事場の世田谷までの通勤時、こんな道を通っています。

ここは武蔵野の稜線に沿った形で通っている小径で「はけの道」といいます。

画家中村研一氏の住居兼アトリエ跡の美術館や小説「武蔵野夫人」の舞台であったことなどが知られています。(いってもjimaは武蔵野夫人を知らないのですが)

最近では、スタジオジブリの「借り暮らしアリエッティ」でもロケーションが使われていたりと、ただの細道なのに意外とメジャーな、なかなかに侮れない道だったりします。

僕がここを通るのは裏道的な要素も有りますが、単純にこの道が好きだからという理由の方が大きいのです。

途中にすれ違い場所を設置しなければ対向車とすれ違えないほどの細い道ですが、走っていてなんだかとっても雰囲気も気分も良いのです。

まさにテイスティなコースって感じです。

路面は、アスファルトの部分補習が目立ち荒れていて、その上アンジュレーションがちょっと強めのウネウネと曲がった道。まぁハッキリ言ってキレイな道では無いのですが、周りの風景もひっくるめて、ちょっと気分の良い道なのです。

細い道ですし、ジョギングをしている方とかもいますので特に飛ばしたりはしません。極々普通に通行してます。

イプ-hakenomichi008この道は、僕にとってもうひとつ大事な役割が有ります。

それは、クルマのフィーリング(ハンドリングや乗り心地、エンジンのフィーリングなど諸々)を確認評価するモノサシとして使っています。

中でも1区間、3つくらいのコーナーをそういう風に使っています。

そこを走って「良い脚だなぁ」とか「スプリングが強いのかなぁ」なんて素人ながらに感じたりしています。

皆さんはそういう場所や道ってないですか?

この道でイプ君をどう感じたかと言えば、ズバリ「優しい」です。
突き上げもなく、だからといってだらしないほど柔らかくもない脚。
こんな道を走っても、こんなにコンパクトでもやっぱり濃くラグシュアリーな感じがします。悪くないです。

お気に入りの場所・道をお気に入りのクルマで走る。楽しいですよね。
--------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.2.1
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!
認定中古車.comスマートフォンページ続々補完中!!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!
またVer.2.1ではwebサイト認定中古車.comへもシームレスに閲覧可能です。

---------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

y-110108すっかり年が明けて、いつも通りの生活が戻ってきました。
皆さまは如何お過ごしですが?

このエコカーレポートも新年を迎え、ピリッとスパイスの効いた事からゆる〜い内容まで、楽しめる内容でお届けできればと思っていますので、今後ともよろしくおねがいします。

また、記述内容は個人的主観(好み?)も多々含まれたりしますので、「それちょっと違うだろ〜」なんて感じた方、「そうだそうだ!」と思われた方も、お気軽にどしどしコメントいただけたらと思います。

さて、去年の年末から日本海側は寒波の影響で各地で豪雪・強風等大荒れの天気が続いているようですね。

ここ東京では、小学校の理科の時間に習った冬型の気圧配置から乾燥した晴天が続いております。
そのおかげで、夜などはキレイな星空が見えるほどです。

しかし、雲の無い冬晴れは放射冷却が進み、連日「今年の最低気温を記録」などと天気予報で伝えられています。

以前のレポートにも書きましたが、ディーゼルエンジンは始動時にグロープラグのプレヒートが必要で、写真真中のグルグルマークのランプが消えてからセルを回して始動します。

秋まではこのランプを意識することなく、クルマに乗り込みすぐにスターターキーを捻っていたのですが、さすがに最近では、朝一発目の始動では3秒ほどこのランプが消えるのにかかります。。。早く春にならないかなぁとこのランプを見ながら毎日です。

----------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.1.7
AUDI PEUGEOT VOLVOそして遂にメルセデス・ベンツ!もオフィシャル認定中古車情報100%掲載!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」


IMG_0242一応終了を宣言したイプシロンのレポートですが、TWINGOレポートがちょっとした事情でレポ車が手元からなくなってしまったので、またまたこの子に乗っております。

レポ終了なのでレポート前提で乗っていな事もあり基本的には書く事も無いのですが、久しぶりのイプ君・・・和む。

相変わらず、アイドリング時にはカラゴロガラゴロとディーゼル特有の音と振動、スタートダッシュは良く言えば「優雅」。。。まぁもっさりしてます。

でもなぁ〜なんか和むんだよなぁ。やはりなかなかに良いクルマです。同じくらいのサイズであるTWINGOとは全く違うベクトルで造られたクルマです。

仕事柄、ちょいちょい家に乗って帰るクルマが変わるのですが、小学4年生のムスコの中では「とーちゃんが乗って帰ってきたクルマランキング」でかなり上位(1位・2位あたり)のようです。(因みにポルシェ964ターボなどは加速で泣かせた事がトラウマになっており最下位のようです。。。とほほ)

どうやらムスコ曰く、リアがTWINGOより広いらしいです。前後に関してはTWINGOのようですが横幅がイプシロンの方が広いとのことです。(運転席ばかりに座っているので言われないと気がつかないですな〜)

IMG_0240話は変わって、この夏ごろから気にはなっていたのですがハンドルの丁度握るあたりに皺が出来てしまいました。
これが非常に気になる!なんとかならんのでしょうか?スキン張り替え?

いずれにしても切れてきそうな感じです。気をつけないと。。。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ
いますぐインストール!
Now Latest!! Ver.1.7
AUDI PEUGEOT そしてVOLVOもオフィシャル認定中古車情報100%掲載!

国 内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

イプシロン D.N.Fレバーご無沙汰してました。
まぁいつもどおりの前文ですが、この暑さにもまけずイプ君は毎日がんばってます。

さてさて、数々の燃費テストで低スコアをたたき出す、悪魔の宿る右足といわれる我が右足ですが、イプ君の燃費が酷い事になってしまいました。

10km/L台前半・・・・・・・orz

これには思い当たるフシがいくつかあります。

まず第一にエアコン。
この酷暑でエアコンが振る稼動。
これが少なからずというか大いに悪影響を及ぼしてるはずです。

そして第二にEボタン。
シフトレバー横にあるEボタンがオフになってました。
これはエコモードのボタンで、シフトアップ・ダウンのタイミングが変わります。

なぜゆえにオフになっていたのかというと、エアコンの関係で出だしが重いので切っていたのです。
なので、「なっていました」ではなく「していました」が正解です。

しかし、ちょっとの加速を求めるだけでココまで燃費が悪化してしまうのは考え物です。

改心して今はEボタンオンで乗ってます。

イプ君の燃費向上には簡単なコツがあって、アクセルの不要に煽らない方が良いようです。
スタート加速も軽自動車に負けるくらいノンビリゆっくりと、走行中も急加速をなるべくしない!これだけで燃費は14km/Lへ戻ります。(それまでの10km/Lから累積計算で14km/Lなので本当は16km/Lは出ています)

やはりあせらずノンビリ、そしてココロにもゆとりを!これがエコなドライビングの基本のようです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ誕生!いますぐインストール!

国内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

y-100730いきなりの猛暑から一転、昨日・今日と雨模様です。

連日の真夏日でグッタリしていたので、この纏まった雨はまさに恵みの雨!って感じです。非常にすごしやすいです。

そんな雨の日もイプ君は日々活躍しているわけですが、さすがイプ君!小さな高級車といわれるだけあってワイパーやライトもオート機能付がおごられています。

感応式のワイパーは雨が強くなれば一生懸命に雨を掃き、弱まればそれにあわせて間欠の間隔が長くなったり自動でとまったりします。アタマ良いです。そして便利♪

雨が強いときなどは、ブレードがアームごと吹っ飛んで行っちゃうんじゃないかと思うほどブンブン働いてくれるのですが、たまーに戻ってとまった時に、勢いあまって写真のような位置でとまったりします。憂いヤツです。

使っているうちにまたちゃんとした位置で収まるんですけどね。

------------------------------------------------------------

認定中古車.comアプリiPhoneアプリ
認定中古車.comアプリ誕生!
いますぐインストール!
国内唯一の輸入車正規ディーラー認定中古車情報 ポータルサイト“認定中古車.com”のデータベースと完全連動でメーカー・ブランド検索から絞り込み 検索まで、様々な検索条件であなたにピッタリな情報をスムーズに表示。いつでもどこでも!お気軽に認定中古車情報をチェックできます!

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

2010y07m21d_112421245

東京も先週末に梅雨が明けて、本格的な夏模様です。

そんなここ数日の猛暑もものともせずイプ君も毎日都内を走っております。

しかしこうも外が暑いと、クルマに乗って出かけるのもなぁと思ってしまいます。

そんなときにお勧めなのは、オフィシャルサイトを見るというのも新たな発見があって楽しいものです。

2010y07m21d_113951229イプシロンのHPでは、カラーコーディネイトをシミュレーションできたりと結構楽しいページもあります。

そして、今回はディーラーネットワークのページから各ディーラーの中古車在庫なんかをチェックしたりしました。

ざっと見た感じではイプシロンは2~3台。200万円〜といった感じです。意外と値崩れしていない?

台数もあまり多くないようなので「良いなぁ」と思ったときが買い時かもしれません。

ほかにもリーズナブルなアルファロメオ156やデルタのディーゼルなんかもあったりして、たまにこうして巡回してみるのも楽しいですね。

なんといっても、涼しい家にいながらにして全国の物件がみれますから。

話はちょっと変わりますが、認定中古車.comアプリはもうダウンロードしましたか?

クルマ好きのiPhoneユーザーならいま一番のマストアプリです。

iphone_app_rban1007ちょっとした空き時間に認定中古車.comに登録されている認定中古車情報がiPhoneでサクサクっと見ることができます。

残念ながらイタ車系はまだまだ少ないですが、人気車種の認定中古車データがデイリーで更新されていますのでぜひ活用くださいね♪

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

IMG_0025


イプ君レポート、先週1回ずる休みをしてしまいました。スミマセン

当のイプ君はと言うと、パンクやら灯火類のバルブ切れなどのマイナートラブルが続きましたが、それ以降は特に何事も無く毎日元気に走っています。

以前装着して今は外してしまっているSEVの効果ですが、やはりはっきりとは分かっていません。ただ、外してからしばらく経ちますが、最近ちょっとエンジンの感じや乗り心地などが全体的にガサガサするような気がするのは、元々そんな感じだったのがSEVを付けたことでシットリとした感じになっていたからかもしれません。外ししてから時間が経つ事で徐々に効果が薄れて元通りになっただけかもしれません。

そのシットリとした感じが、装着時には「ちょっと重い」と感じたのかもしれません。付けていたほうが良かったのか?無くても別に良いのか?と聞かれれば、「まぁ何となく有った方が良かったような気がします。」って感じです。

でも、以前も書きましたが、この「気がする」って言うのは、運転していてキモチ良いとか、なんかシックリ来ないとかと同じで、非常に重要な事だと思っています。

さてさて、タイトルとまた関係ないことを書いてますが、一体なんのタイミングが難しいかと言うとこの季節洗車するタイミングって難しくないですか?

折角洗ってもすぐに雨が降ってくるし、でもあまり汚れ過ぎるとボディも痛むし、それより何より乗っていてキモチが良くない。

そんなこんなで、夕立降りますよ!とか、局部的に豪雨になりますよ!とか言われても、結局晴れ間を見つけて洗っています。

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは 「認定中古車.com」 

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は 「名車館」

y100623-04

TWINGOレポートからイプシロンにまた乗るようになって、前回のパンクに引き続きトラブルが発生しています。

と言っても、本当はトラブルって言うほどの事じゃないんですけどね。

y100623-01いつものように帰宅中、突然インパネにビックリマークのサインが点灯しました。

デジタル表示には英語で「右のブレーキランプバルブをチェックしろ!」と出ています。
どうやら左リヤのブレーキランプが点かなくなってしまったようでした。

その時は、深夜だった事もありそのまま気を付けて帰路につきました。

翌日、エンジンを掛けるとまた同じようにランプが点灯しました。

ブレーキランプのバルブ程度であれば、簡単に交換できます。
事実、以前車用車のメルセデス・ベンツAクラスのバルブが切れた際にも自分で交換しました。

y100623-03バルブを用意する前に、一応外して調べようとリア周りを観察すると、最近の多くのクルマのようにトランク側からはバルブにアクセスできず、どうやらテールレンズASSYごと外して交換するようでした。

うむ〜。イタ車らしいと言えばイタ車らしい。というか、メルセデスのように出来るのがドイツ車らしいともいえます。

国産車などでは、テールレンズASSYとボディの間にブチルゴムなどで防水のためのシールが施されていることなどもあり、ここは時間を作って一度サービス工場へ持ち込んだ方が良いと判断しました。ASSYを外す際にツメなどを折って涙目ってこともありますし。。。

そんなこんなで数日過ごしました。なるべく早く修理したほうが良いのですが、ブレーキランプが切れた場合、テールランプが代用されるようで、今のクルマって意外と考えてるんだなぁと改めて思いました。(もしかしたらアタリマエなのかもしれませんが)

明日こそは工場へ!という前日の夜、またまたいつものように帰宅していると、ビックリマークが!

今度は「左リヤのウインカーをチェックしと」と出ています。
どうやらこちらも切れてしまったようです。

ただやはりこちらもテールランプがウインカーの代わりに点滅するので「イタリア人!なかなかやるじゃん!」と感動してしまいました。

翌朝、ガレージ伊太利屋さんのサービス工場へと向かいました。

なぜか朝にはウインカーは治っていました。でも、接触不良なども考えられるので見てもらうことに。

案の定、ブレーキランプはバルブ切れ、ウインカーは接触不良だったようです。
ウインカーに関してうと、コネクタに多少焼けたような跡があることから、なにかの拍子に過電流になったようです。
昔のクルマなどでは良くあることで、一つバルブが切れると次々と切れてしまったりするので、意外と今回もブレーキランプが切れた事が要因かもしれません。まぁ結局は、何事もすぐに直しなさいってことです。

BlogPaint今回、お邪魔した晴海のファクトリーには、フェラーリをはじめに様々なクルマが整備のために入庫していました。

そんな中でこんなクルマも・・・。アルファロメオ1300GTジュニ!いわゆるダンツキです。

ビミョーな感じのシルバーも良い雰囲気を醸し出していました。

BlogPaintその横には、カバーを被った1700SSらしきクルマも!!!

最新モデルから、こういうヒストリックカーまで引き受けてもらえるなんて非常に頼もしいです。

なにはともあれ、灯火類も直りイプシロンは変わらずに絶好調です。
-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古車.com」 http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は
「名車館」 http://www.ninteicyukosha.com/brand_top.asp?brand=meisha

y-100607-01


RENAULT TWINGOレポート
をしていたおかげで、本当に久しぶりのイプシロンレポートです。

久しぶりに乗るイプシロンは、内装・装備の豪華さから、「小さな高級車」って改めて感じました。なんかとってもセレブリティ。

そんな久しぶりにまた始まったイプシロンとの暮らしですが、早々にトラブル発生です。。。といっても不可抗力なんですけどね。


いつも通りの帰宅中に、突然右フロントからただならぬ振動があり路肩に止めると写真のような状態になってました。。。パンクです。

クルマを邪魔にならないところに停め、スペアタイヤ・車載工具類を確認すると問題なく揃っていました。
今ままでであれば、自分でジャッキアップをしタイヤを交換するのですが、最近のクルマはホイール装着時にインパクトレンチで締められていることが多く、以前パンクした際に十字レンチでは外せず虚しく時間を費やしたことがあったので、今回は迷わずJAFのお世話になりました。

y-100607-03JAFには、かれこれ20年以上加入しています。

電話をかけてから30分ほどで到着。

手際よくスペアへの交換を行ってくれました。

普段手入れを怠りがちなスペアタイヤは、案の定空気が少なかったようで、その場で規定気圧まで充填もしてくれました。

とにかく、安全で安心。そしてスピーディ。

y-100607-02しかし、そんなロードサービスですが毎年の更新時期になると「どうしようかなぁ」と悩みます。
でもこんな時は、入っていて本当によかったと思います。

保険や保証。使わなければ無駄と感じることが多いですが、必要な時って本当に困った状況だったりするのでありがたさを感じます。

でも・・・困った状況は出来れば避けたいし、使わないに越したことはないんですけどね。

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古車.com」
http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は
「名車館」
http://www.ninteicyukosha.com/brand_top.asp?brand=meisha

DCF_0206

担当者が、すっかりTWINGOでウツツを抜かしているので、相変わらず距離は伸びていません。

とはいうものの、ちょっとしたお使いなどのチョイ乗りで事務所界隈をチョコマカと活躍しています。

本日も、イカツイ男3人で乗りこみ昼食を食べるためにイプ君で出かけました。。。

今日は弊社社長の運転で出かけたので、僕は殆ど座った事のないリアシートでの乗車となりました。

イプシロンのシートは肉厚です。運転していてもちょっとした高級ソファーに座っているような気分になり、その座り心地のせいもあり、自然と運転もゆったりしっとりになります。

この手のコンパクトカーは、往々にしてリアのスペースとかを犠牲にしてフロントセクションの居住性を高めていたりします。

その点についてイプシロンはどうなのか?思い返せば今まで自分自身で検証した事はありませんでした。

結論から言うと・・・広くはない!

が、乗っていて苦痛でもありません。

それは、フロント同様の質の高いシートのおかげかもしれません。

DCF_0205シートのバックレスト自体は低めで、またヘッドレストを一番下げたデフォルトの状態で乗ってしまうと、首の付け根のあたりにそれがあたり、非常に座り心地が悪いのですが、ちゃんと頭の位置まで調整すれば正しい姿勢で乗車することができます。

さて、駐車場に着き、オトコ3人でクルマを後にしたわけですが、その対比は非常に不気味です。

あぁ、今思えばリアシートの写真がありませんね。

近日中に追加しておいきます。(汗

-------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古車.com」
http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は
「名車館」
http://www.ninteicyukosha.com/brand_top.asp?brand=meisha

y-10317

警察のお偉いさんが、元部下との不適切な関係が元で更迭されたと数日前のニュースで流れていました。

不適切な関係???

まぁ多分…平たく言うとフリンってやつですね。。。きっと。

この1週間ばかり実の事を言うとイプ君に乗っていません。

理由は、隣に停まっているこの方。

そう、ルノーのTWINGO GT号に乗ってました。
でもまぁ、フテキセツな関係じゃありません。全くありません!

このTWINGO、すでにレポートがボツボツ開始されていますが、長期レポート用に加わったニューフェースです。
こっちもジャンジャン乗ってイロイロと感じた事をお伝えしなくてはなりません。。。が!何せこのTWINGO君、まだ新車と言う事もあり慣らし中。
早く慣らしをおえるべく日々こまめに乗り回しているのです。

まぁそんなこともあり、イプ君はちょっとお休みしてました。

y-10317-02でも何もしていなかったのかと言うとそんな事もなくて、フロアマットを汎用品に入れ替えました。

これは、以前のブログでもお伝えしましたが、運転席側に付いているヒールパッドの部分が割れて捲れ上がり、足に引っ掛かるという危険な状態だったというのもあったのですが、現在フテキセツな関係中のTWINGO GTにフロアーマットが無かったので併せて用意しようと思い大手自動車用品店へ行ってきました。

何種類かありましたが、これ!というものは無く、でもTWINGOもイプ君もサイズ的にK用でOKかなぁととりあえず1組購入してみました。

K用にも関わらずTWINGOにはちょこっと大きく(足元にクロスメンバーが入っており、その分前後がちょっと入らない)、イプ君であれば丁度くらいのサイズでした。

これで足元スッキリ・・・う〜ん。。。

やはり純正とは違いピッタリとはいきません。
多少ふかふか浮いているところもあります。

まぁこれも使っているうちにこなれてくる事でしょう。( ̄ー ̄)

そんなこんなで、昨日今日と久しぶりにイプ君に乗りました。

久しぶりの1.3Lディーゼル。。。

乗り心地のふんわり感とちょっと上等なソファーの様なシート。。。和む。。。

同じようなサイズのクルマでここまでもキャラが違うとは!

まぁどっちが良いとかって話にはならないんですが。


安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古車.com」
http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車をお探しの方は
「名車館」
http://meisha.ninteicyukosha.com

y100310-01先日春一番が吹いたとかなんとか言っていましたが、ここ数日またまた天気が悪い東京です。

こうも暖かくなったと思えば急に寒くなって雪が降ったり、ハイチで地震があったかと思えば、チリでも地震。その上、地球の裏側でもある日本にまでその影響で津波が来るなど、「大丈夫か?地球??」と天変地異に心から心配になってしまいます。

そんな事が盛んに起こると、少しでも地球にやさしくしないとと改めて思う訳です。そして、無自覚にマイカーなんかを乗り回すなど野蛮行為!やっぱり少しでもエコに心がけるべし!と力強く心に誓うのでした。

まぁ、世の中はそんな感じでバタバタと大変なことになっていますが、我がイプ君ライフはと言うと、最近は連載物か?と思うほど続いていた駐車場問題もひと段落しました。しばらくの安住の地へと移ってきました。

何か問題が起これば異動して、そしてまた追い出され、まるでジプシーか?大草原の小さな家のインガルス家か?って感じです。

でもまあ、今度の駐車場はムスコの友達の家で経営しているアパートの駐車場で、屋根付きでありながら格安!(前回よりは高くなっちゃいましたが、今回の駐車場立ち退き問題で行き場のなくなったクルマ達が一斉に駐車場を探したため地域の駐車場相場が上がってしまいました。それを考えると十分に格安!)という好条件物件をゲットできました。

y100310-02難点があるとすれば、天井が低い事(max180cm位)ぐらいでしょうか。左右も狭いですが、Dセグメントくらいなら入りそうです。その証拠に以前はチェロキーが停まっていましたし、写真を見てお分かりの通りお隣さんはNSXです。

あと、どうしてもコンクリートに囲まれているため音が響きます。そのためなるべくパッと入れて直ぐにエンジンを切らないと上に住んでる方々に迷惑がかかってしまいます。

特にイプ君は、小排気量ディーゼルということで、アイドリングでも通常のガソリン車と比べるとエンジン音も振動も多少大きめなので、やはり多少気を遣う必要があります。

まぁ、だらだらとアイドリングさせておくのも、不要にエンジンをカラ吹かすのもエコの観点から見ても全く対極の行為なので、今回の様な理由がなくてもしちゃダメだろ!って話です。

そんなこんなで、ようやく落ち着く事が出来ました。

肝心のイプ君の最近の調子はと言うと・・・変わりありません。

長距離移動も無く、都内を毎日3~40kmの移動だけなので平均約14km/Lです。

寒さもあり、温まるまでは相変わらずミッションがギクシャクしたりしますが、概ね好調です。

e6c686b0.JPG

写真は、今話題のクルマとイプ君のツーショットです。

とは言ってもこれは旧モデルなので大丈夫なんですよね。(?)

先週・今週とTOYOTA車の不具合に関するニュースが大きく取り沙汰されていますね。

昨年から問題になっている北米でのアクセルペダル問題からはじまり、遂に新型プリウスのブレーキリコールにまで発展しました。

結局は、豊田社長自ら会見を行い、国土交通省にリコールの届出をしたことで多少落ち着いてきているようですが、今回の原因はABSのプログラムに有ると言われていて、アップデートすることで解消するようです。

このニュースに関して言いたいことは沢山有るのですが、その一つ「なぜ今までのモデルでは大丈夫だったのに新型では、こんなことになっちゃたのか?」ということです。

とあるジャーナリストが、その件について「コストダウン」と「性能(特にエコ性能)アップ」に原因があったのでは?と言っていました。

つまり、カタログ上のスペックを上げるために回生ブレーキから通常のブレーキに切り替えるタイミングなどがそれまでと変わっていたのでは?という事です。

これが、記者会見で言っていた「従来のフィーリングと違う」という部分のようです。

セールストークになり易いカタログスペックを上げるために安全性がないがしろになったとするなら、TOYOTAが自動車産業全体に与えたダメージは大きいものと言って良いでしょう。

ただ、これってメディアや消費者にも責任が有るようにも感じます。

流されること無く、正しい判断で見極められる消費者にならないとと今回の件も思わされました。

安全を犠牲にしたり、安全面で冒険しちゃだめですよね。

今回の件で得した人って・・・オザワさんくらい?(世間の目が多少逸れて)

まぁ、それまで大きくトクをしていた人が結果的に大きく損をして、その他の人もみんな損をしたって感じですね。だれも結局、トクしてない。

…と、まぁ今回はイプ君のレポートに関しては何も無いほど平穏なんですが、前回書いた駐車場問題、次の車庫が決まりそうです♪

他の皆さんは…案の定、管理会社と揉めているようです。。。(汗


イプ50000km

平日の深夜にひっそりとイプシロンがついに50,000kmを超えました。

一般的なウィークエンド・ドライバーであれば年間1万kmくらいが目安となるので、2年でこの距離は、立派な過走行といっても良いでしょう。

僕がこのレポートを始める前までの4.5万kmmでは、バリバリの営業車でたまにレポートする程度で走行内容としても1/3ほどが長距離・高速道路での移動だったことを考えると、純然たる街乗りが3.5万km位だったと思われます。それでも過走行には変わりはないですね。

整備記録簿を改めて確認しても、前任者時代にも故障を示すような記録もなく、ごく一般的な点検とオイル交換程度の整備だったようです。

信号と信号の区間距離が短く、日中は過度の渋滞。夏は高温多湿と、世界的に見てもクルマにとって過酷な東京という街でコンディションを崩すこともなく走り続けていることは、僕にとってはちょっと驚きです。

10年15年前であれば、東京からイタ車に乗って箱根を越えることは無謀とか言われるほど信頼性・安心などのイメージからはかけ離れたクルマ好きの常識みたいなものがありましたが、そんなことはもう昔話なのかもしれませんね。考えの古いクルマ好きも考えを改めなくてはいけませんね。(まぁ、古いクルマであればイタ車であろうが国産車であろうが不安なのは一緒なんですけどね)

ちょっと前のレポートにも書きましたが、何も無さすぎで書くことがないって感じです。

まぁ、シアワセな悩みってやつなんですけどね。

もう少し暖かくなったらどこかへ出かけようかなぁ。

房総あたりにいちご狩りなんてイプ君に似合いそうです。


安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古車.com」 
http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車をお探しの方は
「名車館」 
http://meisha.ninteicyukosha.com

 

y-100120-01点検整備から戻って1週間、ネタになるようなこともなく極々普通に過ごしています。

実際問題、こうも何もないのもレポートする側にとっては辛いものでもあります。(嬉しい悲鳴。贅沢なナヤミってヤツです)

最近気がついたのは、寒い日はやっぱり多少暖気運転をしたほうが乗りやすいという事です。

ここで、「乗りやすい?」「クルマが痛むからじゃなくて?」と思う方もいらっしゃるとは思いますが、実際にそうなのです。

エンジン・ミッションが温まっている時といない時ではスムーズ感の違いが普通のガソリン車よりも大きいのです。

むしろ温まっていないと、エンジンの回転とミッションの繋がりの関係から、妙にギクシャクしてしまうのです。傍から見ているとまるで運転が下手な人がマニュアル車を運転しているような感じです。

それも一定の回転以上で走っていれば問題がないようですが、低回転・低速度時などは結構ツライものがあります。

それにオイルが温まっていないのに回転を上げることはエンジンにとっても一番負担になるので(いわゆるコールドスタートですね)、やはりチョコっと暖気はしてあげたほうがクルマのためにも精神衛生上からも良いようです。

まぁ、そんな感じで本当にイプ君自体には全く問題が無いのですが、ここにきてイプ君ライフを脅かす問題が発生しています。。。というか、正確には「発生しそう」です。

先日、事務所で仕事をしていると珍しく妻からメールがありました。

そこには、イプ君を停めている駐車場に建築計画の看板が立ってるけど知ってるか?という内容でした。

その駐車場は元々近隣の大型スーパーの臨時駐車場に使われていた所で100台近く停める事が出来る駐車場で、月極めと時間貸しを併用しています。

何年か前に地主(大手製薬会社)が土地を売りに出したが買い手がつかず、結局そのような形で駐車場として使用していました。

最近ようやく大手不動産経営会社に売却出来たようで、そこが宅地化への工事を行うとして計画看板を立てたようです。

そこで問題なのは、駐車場を管理している不動産会社から連絡もなく、こちらから事実確認の連絡をしても「知らない」の一点張りで、「契約書に書いてある通り、もしそうだとしてもひと月前には遅くとも連絡しますから。」と電話を切られてしまいました。

すでに置いてあるクルマもある訳ですので、突然「駐車場は閉鎖です」と言われても代わりがすぐに見つかればいいのですが。。。

我が社のM君もちょっと前に同じような事があり、「そうなった場合そこに停めていた人たちが一斉に駐車場を探し始めて不足する事が目に見えているから早めに手を打ったほうが良いですよ!」とアドバイスされました。

しかし・・・向こうから言って来ない以上、解約するにも一か月前告知が必要で、無駄な費用が掛ってしまいます。

その上、新たに別の場所を契約するにしても手数料やらで余計なお金が・・・。

現駐車場の管理会社から早めに連絡があれば良いのですが、タイミングが非常に読みづらい。。。どうしたものか・・・。

都市圏でクルマを持つうえで大きな足かせの一つとなる駐車場問題・・・ただ今、真っただ中です。


安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古 車.com」 
http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車をお探しの方は
「名車 館」 
http://meisha.ninteicyukosha.com

y-100109-01年明け早々の5日に点検整備をお願いした我がイプシロン。

車内に忘れ物をしてしまい9日に連絡するとすでに整備は終わっているとのことで、ガレージ伊太利屋さんの晴海にあるファクトリーへとクルマを引き取りに行ってきました。

かなりの台数の車両が置かれており10基のリフトがあるようですがフル稼働で整備してました。

中には静岡ナンバーなど遠方の車両もあったり、アルファロメオ155やデルタインテクラーレやリブラのワゴンなんかも入庫中でした。

写真にちょこっとだけお尻が写っているのはNewデルタで、実際に見るとかなりかっこいいですね。

そんな新旧さまざまな車両がメンテナンスを受けていました。

さて今回我がイプシロンは、12ヶ月点検を基本とした整備点検を受けました。

その際に、3つほどこちらからリクエストを出しており

1.助手席のドアハンドルのメクラ蓋装着

2.シフトレバー部の隙間の調整

3.ナビの配線の一部修正をお願いしました。

結果から言うと、点検の結果は良好で、全く不具合は有りませんでした。

入庫前に気になっていたディーゼリングに関しても「異常なし!」とのことでヒトマズ安心です。

ただ、使用しているとなかなか気がつかないハイマウントストップランプのバルブが切れていたようでこちらも併せて交換していただきました。

整備に関しては、エンジンオイル、オイルエレメント、エアコンフィルターなどを交換しました。

また、コンピューターに過去のエラー履歴が残っていたようで、こちらの確認とリセットも行っていただきました。

今回掛った整備費用は、部品代+技術料で38,594円となっており、デイリーユースでもうすぐ5万kmのイタ車というイメージからは、思ったよりも安く済みました。

年に1回こうして健康診断することで大きな安心を得られるのであれば、決して高い金額ではないなぁと思いました。

しかし、こう考えるとイタ車のイメージってかなり不当だと感じます。
ちゃんとした設備と技術のあるところ(正規ディーラーの工場ですね)で管理・整備していけば、それほど酷い目には合わないし、なにより安心です。
それに思っていたほどコストもかからない。まぁ、普通です。(実はすごく高いんじゃないかと内心びくびくしてました(笑))

クルマを引き取って戻ってくるときに乗った感想は、オイル交換したおかげか非常にスムーズな感じがしました。

さて、あともうちょいで5万km。
イプ君にはまだまだ頑張ってもらいますよ〜



y-100109-02装着してもらったメクラ蓋。

やっぱり有ると無いとでは大違いです。

これでスッキリです♪

同じ色が国内欠品中で取り寄せてる間とりあえずと黒を付けていますが、言われないとわからない位です。




y-100109-03

以前のブログでだらしなく隙間が開いていましたが、シフトノブ周りの調整でキレイに!!!

実はダメ元でお願いしてみたのですが、出来る限りキッチリと良い仕事してくれます♪さすが正規ディーラー!!!





y-100109-04

もう一点、以前から気になっていたことにナビの配線がありました。

携帯電話接続ケーブルが長く、写真の○部分が内張りの中に埋没されていました。これは、もともとのオーナーの要望だったと思いますが、実はこのコネクターでさまざまな機器への接続ケーブルと差し替えができます。
そんなこともあり、今回このコネクター部の露出をお願いしました。
(って言っても、まだ差し替えのケーブルを入手していないんですけどね(汗))

こんなこまごまとしたお願いと点検整備で4万円弱!

これで1年間安心かと思うと安いものです。


安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古車.com」 
http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車をお探しの方は
「名車館」 
http://meisha.ninteicyukosha.com


イプシロン整備入庫今年年明け一発目のレポートは・・・ディーラーへの整備入庫です。

このレポートが始まる前に一度リセットしてと思っていたのですが、なかなか都合がつかず半年経ってしまいました。

しかし、これはこれで結果的に良かったのかな?と思っています。

と言うのも、4万km走った状態を知ることが出来る、そしてクルマ購入時は見落としがちですが、ディーラー・サービスのバックアップ体制を知ることが出来るからです。

なかなか壊れた時のことなどまで人間考えられませんからね。それに、輸入車を所有したことのない方の懸案事項の一つに、そのあたりがあるのでは?と前々から思っていたからです。

事実、正規ディーラーではないいわゆる街の外車屋さんから価格面だけの魅力で購入し、まともな整備も受けられず苦労した揚句に手放して国産車に乗り換えたという友人を何人か知っています。

そんなこともあり、今回の整備がどの程度満足のいくものになるのか興味シンシンなのです。

ロングランレポート中の白BMW116も車検整備でBMW TOKYO天王洲サービスへ入庫中で、こちらはレポートを読んでいただければお分かりの通り、正規ディーラーで購入するだけの価値がしっかりと認識できたようで、我がイプ君に関しても期待が高まる訳です。

そんなこんなで年明け早々アルファ ロメオ麻布十番さんに入庫してきました。

今回のメニューは、一般的な点検を兼ねた整備で現状の把握と不具合があれば修正・整備ということになります。

また僕からの要望として、以前のレポートにも書きましたが紛失している助手席側のドアハンドルのメクラ蓋取り付け、シフトレバー部のスキマの調整(可能であれば)、カーナビの配線の一部修正をお願いしました。

また気になる点として、これまたレポートにも書きましたが、最近エンジン停止時に多少ディーゼリング気味であることもメモ書きにして伝えてきました。

現在、年末年始のお休み明けと言う事もあり、サービス(工場)はちょっと混んでいるようです。

結果はもうしばらくかかりそうなのでノンビリ待っている状態です。


安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古車.com」 
http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車をお探しの方は
「名車館」 
http://meisha.ninteicyukosha.com


y-091222-01年末に向けて大掃除やらなんやらで巷はなんだかあわただしい感じです。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

これからしばらくは天気も良さそうなので洗車&室内清掃をしました。

以前にもブログで書きましたが、洗車などの手入れすると普段気がつかない事なんかも発見したりしてクルマの状態を把握することもできるのでとっても大切です。


y-091222-02

この写真・・・何だかまったくわかりませんね。。。

残念なくらいピンボケです。

すみません。

これは、ドアについていたキズです。

通称「ドアパンチ」ってやつです。

このドアパンチ、隣の車がドアを開けた際にぶつけて出来た傷で、東京あたりに住んでいると結構な頻度で被害にあいます。

と言うのも、そもそも都会の駐車場はコインパーキングにしろ月極めにしろ1台あたりのスペースが狭いところが多いからです。

比較的、被害を少なくする方法は、多少不便でも入口などから離れたすいているところに停めたり、枠のセンターよりも隣のクルマの運転席寄りに駐車するのがコツです。

それは、普段運転する人より、助手席などに乗せてもらっている普段クルマに意識がないような方がドアを開けるときにぶつける可能性が高いからです。

あとは、仕事クルマのような乗りっぱなしの手入れの悪い車の近くにも停めないほうが賢明です。。。と、僕は思っています。

しかし、いくら気をつけていても、相手がすることなので防ぎようがありません。

やられてしまったら十中八九泣き寝入りです。


y-091222-03しかし、キズが浅ければ、これで何とかなります。

これは、超微粒子コンパウンドです。

場合によっては、細目、極細目、超微粒子と3種類ほど使用します。




y-091222-04

使いは、堅めの背がついたスポンジで・・・・

コスルベシ!ゴスルベシ!!

この時、円回転ではなく垂直または水平の一定方向への往復で磨きます。





y-091222-05

乾いてくると白くなってきます。

このあたりはワックスと一緒です。








y-091222-06

最後は柔らかいきれいな布でふき取ります。

これで大分きれいになります。

コンパウンドで磨く際は、磨き過ぎない事が重要です。

細目などではやり過ぎると下地まで出ちゃうことがあるので、何度も少しずつ様子を見ながら慎重に行いましょう。

特に、エッジ部分などはもともと塗膜も薄いので注意が必要です。プロの磨き屋さんのようにちゃんとマスキングしたほうが良いですね。

大分目立たなくはなりました。

しかし、本当に勘弁してほしいですね。。。ドアパンチ。

y-sakaigawaすっかり冬本番ですね。

年末も押し迫まり、慌ただしい毎日を送っています。

昨夜などは、外気温計をみると3℃となっていて、「路面凍結の危険がありますよ!」と、走行中にインパネ内の雪結晶マークが点灯しました。

そんな毎日ですが、ここ最近イプ君に乗っていて気になることがあります。

それは、エンジン停止時にキーをオフにした直後に「ブルルン、ブルルン、ンゴッゴ」と大きめな振動を伴って停止することです。

なんていうか・・・丁度ランオンしている感じです。。。ディーゼルの場合はディーゼリングって言うんでしたっけ???ですね。

一般的に言われるディーゼリングのように何十秒も回っているわけではないし、警告灯類にも点灯が見られないので大丈夫なのかも?とも思いますが、やはり気になります。

考えられる原因は、フューエルカットオフスイッチなどの燃料系?もしくはエンジンの過熱による自己発火。しかし、燃料がなければ発火もしないので燃料系かもしれません。

ディーラーさんからは、以前連絡してからその後も入庫の案内が無いようなので忘れられちゃったのかもしれません。大分時間も経ってますしね。。。トホホ。

大事に至る前に、再度催促してもらったほうが良いかもしれませんね。

このページのトップヘ