認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: キセノンライト


IMG_8255
















ヘッドライト瞬きトラブルの原因は発光体でアース不良疑い
は濡れ衣だった。ご覧の通り6,000ケルビンの白光が綺麗
に光っています。で終わる筈でしたが、そうは問屋が卸さ
ない事になってしまいました。
アース不良による電気系トラブルから戻った直後に運転席
側ヘッドライトが点灯後2〜3分で瞬きして死ぬを繰り返
す症状が発生。これもアースが原因かと疑っては見たが、
先ずは自分で出来る検証として発光体のチェックをする事
にした。日本のメーカー品とは言え大陸製である事から寿命
は3年と考えた。そこで、先週簡単に交換出来るHID
セットを用意したがキャンセラーが付いていたためダメ!
現在付いている同様セット(キャンセラー付)を再注文し
て本日の作業となった。そして、作業開始して愕然!
ヘッドライト裏から簡単に取り付ける予定がバーナー固定
がねじ止めになっていた。(ミラーに映るねじ山)
ああ〜あああ、ライト外さないと駄目だ〜と云う事は、
バンパーも外さないと駄目だな!
IMG_8219
















 何でこんなことしてるかな〜、、バーナーを固定した金属
 をネジで2カ所止める仕組み。
IMG_8221
















そして、作業はバンパー外しへ、
IMG_8226
















ジャッキも出動。
IMG_8230 (1)
















そして、イタリア車特有の長いネジに苦戦。
何故かイタ車のネジは無用に長いのが付いている。
更に、ねじ山サイズが皆違うのです。
IMG_8239
















師匠が黙々と作業する横で、私はバンパーで隠れていた
箇所の掃除を、バンパーが外れて見えたところが気
に成って!
IMG_8235
















そして、ついでの作業を
IMG_8241
















運転席側バンパーチリ合わせを試みた。
IMG_8242
















当てられたのか、当てたのか、定かではないがバンパー
は押されフェンダーラインチリがずれていたのを修正。
残念ながらフロント側のピンが折れておりライン合わせ
るとフロント側が少し浮いてしまう。もちろんライン合
わせを選択。
IMG_8253
















そして、完了。
ライト点灯5分経過、瞬きせず!
完治です。
時間、労力、費用、掛かりました。
たかだかヘッドライト発光体交換がこんな事に成りました。
純正ハロゲンライトのままであれば何も起こらなかったはず。
でも、クルマ好きだからHIDの方が良いかと思いまして!
あ、それから、車検時に交換されていたLEDポジション球
を再度装着。HIDライトとのマッチングも良しです。






































































 







IMG_4097 
















 アース不良なのか?
 バーナー(発光体)が寿命なのか?
3年前にHIDに変更していたヘッドライト運転席側が
 瞬きして死ぬ症状。一連のリフレッシュ作業でアース不良
 による各部不良が発症していたから、瞬きの原因もか?
 の検証を兼ねてHID(簡単付け品)交換をすべくボンネ
 ットを開けて、あら、、キャンセラーが付いている。
 技術の進歩に伴い簡単に交換できるHIDが付きません。
 現状のバーナーを交換するのが最善と部品待ちとなったが、
3年で駄目に成る大陸製と考えれば本体毎交換する方が後々
 世話ないとの判断になった。という事で検証は今週末に延期
 となった。う〜ん、大陸製HID3年ごとに繰り返すこと
 何回目だろう。師匠に「ちゃんとした日本製入れたら!」
 との声に、安いんだらか3年も使えればいいじゃない!
 と仰る。でもね〜3年以上乗るんだった日本製つけた方が
 絶対イイに決まってる。精神的にも!






IMG_0846
















 イプシロン、2年くらい前にライトをキセノンに交換していた。
 純白の6,000ケルビンは見やすく満足していたが、最近右側
 が何となく暗い感じがしていたのでガレージで検査したらこの
 通り。左右色が(色温度)違っている。
 左6,000ケルビンに対して右は低いと思われる。
 ああ、やはりかの国の物は2年位の寿命しかない。
 スマートのフォグランプはコンデンサーが壊れた。やはり購入
 2年の事だった。
 幾ら割安と言っても2年の寿命じゃいかんでしょう。
 「安物買の銭失い」とはこんな事を言うんですね。
 MADE IN JAPAN表示は、
 信頼と安心の証、、、価格には理由が有る、、、、





IMG_8444 
















 特別な話題ではありませんがイプシロン 155555kmを超えました。
 タイミングがイイと言うか、節目節目に目がいくと言いますか
 良く見ていると言いますか、5のゾロ目です。
 この日は小田原から静岡を回るスケジュール、距離は伸びては
 いるものの信頼のある我がイプシロン。
 燃費も良く壊れ知らずは営業車としては優等生なのです。
 だから可愛い、良くしてあげるから、こいつも答えてくれる。
 スタッフは乗りにくいと言うが、私には良くしてくれるほどに
 可愛い奴です。

IMG_8452
















 ライドはキセノン6,000ケルビン、フォグランプは3,000ケルビン
 イエローにしている。

IMG_8454
















 純白の6,000ケルビンが好み 中心は白で左右端のフォグ
  イエローの光がシッカリ出ています。
  夜間走行にはライトは大切です。明るければ目の疲れも少なく
  安全運転にも繋がります。

 


 

ランチャY 045

 10万キロからのリフレッシュ作戦。
 タイヤ、ボディ、機関系と、いよいよ最終段階に突入。
 余す所の灯火類、NAVI、内装レザー清掃などを数回に渡って
 紹介いたします。

 ランチャY 048
 
  最近カーショップで良く目にするライトカバー磨き。
  何事も試してみようと、
  
 ランチャY 050
 
 元から綺麗だったのですが、蛍光灯の写り込みをご覧あれ
   輪郭がはっきりした。
 見た目にも透明感が増した感が効果は有りと判断できる。

  ランチャY 063

  何故か古さを感じさせる黄色いナンバー灯をLEDに変更。
  これが苦労した。お決まりの球切れ警告灯が点灯、少数派の
  イプシロンには過去データーが無い為、抵抗などの現場対応
  の技を使って装着した。

  ランチャY 053

 フロントポジションもLEDに交換。
 
 ランチャY 054
 
 点灯していてもその光を感じられなかったプロジェクタータイプ
 フォグランプをキセノン3000ケルビン(イエロー)に交換。
   フォグランプは黄色が基本だと思うので、

   ランチャY 055

  乗った誰もが感じていたイプシロン灯火系の弱さ(暗い)、
  夜間走行での目の疲れは何とかしなければと思っていた。
  ハロゲン55Wからキセノン6000ケルビン(白い色)に交換。

   ランチャY 057

 運転席よりのヘッドライト及びフォグランプ点灯した状態。
   もう少しヘッドライト光軸が上を向いていてもいいのですが、
   何せ並行輸入車であるイプシロンは、本国右側通行用のユニット
   を光軸を調整して使用している為これ以上げられない。
 これが少量並行輸入車の悲哀ですね。
 個人的には英国仕様を付ければいいものと思いますが、
 やはり数なんでしょうね。
 
 ランチャY 058

 キセノンガス光量、光力とも申し分ないが、ヘッドライト光軸が
 もう少し上がれば申し分ないと思う。
 本来はヘッドライト白色とフォグの黄色が上下で分かれるはず
 なんです。

 スマート451 051

 こちらはイプシロン同仕様のスマート451の光軸。
   見事に上下の光が分かれています。
 こちらが正規輸入された日本使用左側通行用のライトの光
 で、ヘッドライト光軸レベル違いが解りますか?

 次回はNAVIの交換です。

 

 






 

E320CDI 210

 先日CDIライトの件で、ご迷惑をお掛けしてしまったコックピット21
 さん。やはりお世話になりました。

 その後、右ヘッドライトバルブ切れの表示が点いたり、消えたり。
 接触か、はたまたシステムの問題か?
 気になるので本日主治医に見てもらった所、バルブの不良と判断
  された。
 ディーラーに6000ケルビンバルブが無いので先のコックピット21さんへ
  出戻りとなった。

 E320CDI 212
 
 BELLOF 6000ケルビンを装着。
 
 8ヶ月しか持たなかった前バルブ一言言わなければ気がすまない。
  





 
 

スマートBRABUS入院中の為、代役(以前は主役)勤めのE320CDIなのですがやはりイイ。
メディアムセダンの世界スタンダードと言われるのは乗れば判る。
サイズ感もスッカリ体に馴染んで日々営業に活躍中。と言うことで昨日は午後から浜松まで
営業に行ってきました。

E320CDI 154

 往復516キロでリッター13,2キロ
 6万キロオーバーしていても燃費は変わらずエンジン他
 絶好調と言えるでしょう。

E320CDI 155

 白いでしょう。6000ケルビン純白、内側のポジションLED
とのバランスもバッチリ決まってます。
スマートイエローフォグ同様、またカールソン浜松で純正4300
ケルビンから6000にバルブ交換してもらいました。
ここん家は色々な物を在庫していて、サービスフロントの石津
氏に6000ケルビンヘッドライトバルブない?と聞いたところ
「あるよ」との答え。「持ってるところないでしょ?」そう、ないから
聞いてみたの、ここはいいよね、持ってて直ぐ付けてくれるから
ありがたい。事前予約しなくてとても便利なところですよ。

E320CDI 159

それから社長の岩井さんの拘りで良い物しか扱わない。
今回付けてくれたバルブも MARVELLOUS(マーべランス)
の最終ロット物。最近は安い外国製が氾濫し物が良くても
高ければ売れない為、市場から良いものがどんどん減って
行く傾向にありこの商品も生産中止になったとの事。
最終ロット物なんか嬉しいですね。

E320CDI 156

 それから岩井社長の拘り、ライトは純白の6000ケルビンが
 見やすい。フォグランプはイエローが基本。
 これは間違いなく正しいと思う。いつのこ頃からかランプ類
 もフッション性を重視した6000ケルビン以上が主流になり
 つつあり見易さ(視界確保)が疎かにされているのは問題
 と思う。

 純正でHIDライトなのに何故6000バルブを採用しないのか?
 交換するのにも費用が掛かる。

      








このページのトップヘ