認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: コンパクトカー


IMG_8679 
















11年目、マイレージ171,374キロのランチャイプシロン。
 以前なら、とうに乗り換えられていた老体だ。
 そんな老体に毎日乗っている。すこぶる乗り心地が良いのが
 理由。スポーツ志向の強い昨今の輸入車でこれほどの乗り心
 地を提供してくれるクルマは見つからないと思う。
 イタリアFIATグループのアッパーブランドLANCIA
 の末っ子で、上質な素材で仕上げられた小さな高級車と言わ
 れたチョットお洒落な存在でもあります。もう手に入らない
 事を理由にリフレッシュを実施して、今では体に合うクルマ
 になっています。新しい「安全で便利」なクルマも良いと思
 いますが、体に合うか、合わないか、クルマの選び方大事だ
 なぁ〜と思うこの頃です。

IMG_8682




 
 




















IMG_2297 
















 またぞろ燃料が上り始めましたね。
 我がイプシロンマルチジェット(ディーゼル)は満タン47
 リッターで1,000キロ走れます。それも安価な軽油なので
 嬉しいです。正直これを体験するとハイオク車に乗れな
 くなってしまう。するとクルマは1台でイイじゃないか?
 となるのは普通ですが、クルマ好きには通用しなかった。
 ところがです!??そんな、何か、心に変化を感じてる
 クルマ好きオヤジは居られませんか?
 こうも上がったり、下がったすると面倒じゃありませんか?
 
 




 


IMG_8048 
















コンパクトで、高級感があり、経済性に優れ、トレンドを外さない
輸入車。そんな条件で探し当てたのが、当時小さな高級車を謳って
いたLANCIA イプシロン1.3L マルチジェットだ。11年前クルマ好き
が最後に乗るだろう1台を予想してガレーヂ伊太利屋さんより購入し
た。2年、26.000キロ程乗ってスタッフに下し3年前10万キロでズタ
ボロになって戻ってきた時はこりゃ駄目かと思った。が、冒頭の条件
を思い出し”二度と手に入らない”こと、色褪せない魅力を再認識して
リフレッシュ作戦を開始。そして、お決まりの”ここを直せばこちらが”
の蟻地獄に嵌り、機関、足回り等、中身ほぼ新品に迄になった。
そして、解ったことがクルマは部品で買うより丸々の方が安いと言う
ことだ。これを実体験で知った事はクルマ好きを自負する上で財産に
なったと思う。昔の騙されての授業料とは異なり腹立ちは有りません。
さて、リフレッシュされたイプシロン昨日オドメーターが170.000キロ
に到達。と言うか、通過した!が正しくらい絶好調です。
経年とエンジンオーバーホールによる渋さの無い吹け上がり感は嬉しく
なります。更に、高速道路での重厚な走りはひとつふたつ上の満足を味
わえます。最近ではリフレッシュの仕上げも兼ねて頻繁に乗るようにな
って思うことがあります。11年前、最後に乗るであろうと選んだイプ
シロンマルチジェットは正解だったと。複数台数所有の恵まれた環境下
で言ってしまうが、もう此奴1台でイイかも?なんて思うこの頃です。
そして、愉しきかなクルマ好き人生の終点も近くなったかなぁ〜、、
なんて、言って見たら、息子に2年後も同じこと聞くだろうなぁ〜、、
と笑われた。

IMG_7278




















IMG_7707 
















12年目になる赤スマート。
 距離は5万キロを越えた程度だが経年劣化が始まった感がある。
 聞き慣れない音が知らせてくれたブレーキローター&パッド交換。
 右ドアミラーのグラグラなど師匠に聞いたら、ああ、それね!
 とお決まりコースだと言う。そろそろ此奴もお決まりコースに
 乗ったと思えばなんて事ないか、思えば昨年はクラッチ、エアコン
 ラインの交換もしたし、そろそろ掛る域に入って来たようだ。
 して、気になっていたフロアマットを交換した。現在使用している
 edition red 純正品が有ればと思うが、12年も前の限定品が有る筈
 もないく、じゃあ450左ハンドル BRABUS純正が有るかと云えば、
 それも無いと来た。方々探した結果、デッドストック1組を見つけた。
 新品だがBRABUSロゴの入る布地が少し白くマダラ模様になっている。
 此奴も10年以上前の物だろうから有っただけでも幸運と思うことに。
 
 IMG_7701
















 下が、edition red 限定品
 パイピングの赤が色褪せてしまったのと大分柔らかくなっている。
 左側フットレスト周辺が元色。
 双方、形状は同じ。

IMG_7700
















IMG_7702
















 そして、ブレーキローター。
 社外品でスリッド入り、本来はこれにドリル穴の開いたタイプ
 を探したが、やはり12年も経つと廃番になっておりこれ
 でも苦労して見付けた。純正品に比べ径も大きく、厚みも
 あり制動能力も高いと言う。価格は純正品の約2倍。

IMG_7703

















IMG_7709
















 右ドアミラーのグラグラも師匠の手による分解修理。
 これも経年劣化お決まりだそうです。
 
 今回の費用内訳
部品代
・スリッドローターセット 26,000円
・ブレーキパッド     22,000円
・パーツクリーナー     1,000円
・パットグリス         500円
・フロアマット      25,000円
工賃
・ブレーキローター&パッド交換 20,000円
・右ドアミラー分解、修理     5,000円

 合計 107,460円(税込)














IMG_7655 
















 ブレーキローターとパット交換で師匠の所に入院中の赤。
 弄り倒しているもんだから同じ(社外品)パーツが無い!
 はてさて、師匠も悩みながらパーツを探していると言う。
 他、右のミラーも直してくれて各部の点検を行っていた。
 12年目にもなると面白い社外パーツも無くなって来て
 います。気付けば此奴もヤングタイマーの領域に入って
 来ました。我が生涯の相棒です。
 
 


IMG_7557 
















「あなたはクルマに随分使ったよね!!!」と、皮肉を言
われても負けずに続けて来たクルマ好き人生。私にとって
クルマはエネルギーの補給とストレス解消にもなる大切な
趣味だ。特に、休日は暇つぶしと称して遣る掃除は煩わしい
事を忘れられ、ただただ無心になれる時間でもある。
するとクルマも恩を感じるのか、路上で止ったり、ぶつか
ったりせず行儀が良くなる特典まで付いて来る。
さて、タイトルに謳った「愉しいかなクルマ好き人生!」
集大成を飾るべく現在準備中。もう少し整ったらお知らせ
したいと思います。クルマが好きになる、クルマが好きな
らもっと好きになるステージを造りたいと思っています。




 


RS=^ADByM7z5OKvksgzeLmY9VO_BW03EAs- 
















 チョット旧いクルマを愉しもう!
 我が社にクルマ好きオヤジが増えた。事務所ではオヤジが
 遣ってはいけない3原則、「昔ばなし」「自慢ばなし」
「お説教」は忘れていないのでもっぱらクルマ談義になる。
 最近のクルマはデカイ、高価、買えない(買ってはいけない)
 面白さに欠ける、とまあ買えない理由を上げて盛り上がって
 いたら、つい勢い余って1台づつ愉しもうと言うことに、、
 で、私は師匠の「弄ると愉しいよ!」との誘惑に乗り
 シトロエンC2 VTRをリーチした。
 写真は別の車両ですがほぼこんな感じに仕上げようと準備
 を始めています。もう一人のオヤジもフランス車で考えて
 いる様子。オヤジ達のクルマ弄り(仮称:オヤジ達の企み)
 は5月より連載企画としてスタートする予定です。
 暇つぶしにでもして頂けたら嬉しいです。
 
 
 


 


IMG_6333 
















 しらっと値上がりする燃料。
 気付けばハイオク143円にもなっている。
 やはりディーゼルか? なんて思うこの頃です。
 さて、昨年のリフレッシュ後から燃費が悪化していた
 赤スマート燃費が戻ってきました。
 10キロ前後から15キロ台まで回復した。
 調子が良すぎて踏みすぎたのか分りませんが、
 燃費は健康のバロメーターでもありますので先ずはホット
 です。
IMG_6334
















 満タン計算で354キロ走って23リッター。
 ザクット15キロと新車当時に戻ってきました。













IMG_6165 
















 師匠の所に新年のご挨拶に伺った。するとヘンテコリン
 な奴が2台(VTR,VTS)居た。
 遠い昔に見たことのある奴だ、これC2?
 そう、弄るとメッポウ速くて面白いから隠しておいた奴を
 出して来た。と言う。ほう、どう弄れば面白いの?
 それから、クルマ好き人格が現れ嵌って行くのでした。
 続きは来週にお知らせします。
 IMG_6167
















IMG_6168













IMG_5812
















 11年目の450後期スマートBRABUS昨年から
 リフレッシュを開始している。エアコンライン、クラッチ、
 騙し騙し使っていた右側通行用ライト(並行車)も左側用
 にユニット交換。その他、あれこれ手を入れている。
 さすがメルセデス製と言えるスマート部品を交換すると
 元に戻る。そう、ある年代までのメルセデスの特長である
 新車迄とは言わないまでも限りなく新車近くに戻った
 のでした。11年付き合って飽きない相棒、イイ奴です。
 
 


IMG_5821 

















 黄・赤・黒の3台持ち。
 どれも特徴ある奴だが、乗り味が皆違うのが不思議。
 クルマは価格が違えばそれなるに違う事が解る。








IMG_3825
















 この10月で11年目に成る赤スマート。
 クルマ好きを自認するからこその管理をしてきた。
 やはりクルマは綺麗な方がイイですね! 


IMG_2298 (1) 
















 スマートBRABUSには、メルセデス・ベンツネット
 ワークで販売されるエクスクルーシブとBRABUS社
 が直接販売するモデルが存在する。その中でUltimateは
 BRABUS社がスーパーカーカテゴリー車として限定台数
 で直接販売するスマートである。現在まで、初代101
 二世代目112、120が存在する。ネームの数字は馬
 力と製造台数を表している。そして、先ごろ現行モデル
 にもUltimate125が発売される情報が入って来た。
 予想はしていたが気になる奴が出てきた。
 IMG_2305
















 我が112のフロントウィンドウに貼られていた馴らし
 運転指示シール。
IMG_2302
















 IMG_2295
















 ちなみに此奴は、初代Ultimate101 同仕様(馬力以外)
 の欧州限定エディションレッドカブリオレで個人輸入
 したもの。プラモデル感覚で弄り倒して愉しい乗り物
 に成っています。もちろんUltimate101同様、100馬力
 は出ています。
 
IMG_1040
















 
 そして、もう一台が451BRABUSクーペ。
 ありそうで無い!黄色いBRABUS。メルセデスネット
 ワークで販売された451タイプ。黄色の設定が無い
 為、ラッピングで黄色に変身させた。ホイールはブラック
 塗装してリムはテープ仕上げ。
 
 毎日の足に使って欲しいスマート。小さくても安全な
 クルマでもあります。
 
 以上、スマート自慢でした。











 
 
 







 


IMG_1670 
















 赤スマートが予備整備から戻った。
 11年目、走行45,000キロ余り。
 特別問題は無かったが、前回の車検時にターボがオイル
 吸ってる可能性が有ると言われていた。
 そこで12ヶ月点検の機会に壊れる前に直して置くべく
 予備整備を実施。
 結果、ターボは無事だったがエアコンラインの交換と、
 エンジン降ろしたついでにクラッチモジュール始め細か
 い部品交換もしたら、個々の部品は安価でも数を重ねれ
 ばの費用が掛った。師匠曰くついでの作業だったから
 安く上がったと言っていた。
 その費用、419,904円。
 (部品代262460円、工賃126,340円)
 これで、数年は安心して乗れる!
 クラッチが新しくなって繋がりがスムーズに成った。








 


IMG_6110 
















 洗車の翌日雨に遭遇。
 天気予報で降るとは言われていたから、 
 小さいので洗車も楽と思い此奴で出かけた。
 スマートはそんな使い方もできます。
 

 


IMG_3835
















 穏やかな土曜日(と言っても暖かくはない)黄色い方の掃除
 を始めた。私のストレス解消法ひたすら綺麗にする事だけを
 考えていられる時間。これがまた楽しく、堪らなくて40年近く
 続けて来た。
 あれ、キズが有る、あらりゃドアパンチ遣られた、一喜一憂
 しながら過ごし綺麗になった相棒を眺め微笑む。
 さて、黄色の掃除をしながら思うのがレザーシートの不満。
 IMG_3823
















 近年の高級志向に伴うレザーシ需要に対応してか皮を裏返して
 使用する様になった為、革かビニールか区別のつかない素材
 を使用したレザーシートと呼ばれる代物が氾濫している。
 (裏返す理由は表面に対して裏は傷が少ないので使用量を増やせる)
 硬くて伸びてしまう、見た目も悪いレザーシートが付いている
 黄色スマート唯一気に入らないのがこの伸びた状態のシート。
 黒のアルティメイト112は、ブラバス社コンプリート車でナッパ―
 レザーが使用され座り心地もソフト革も伸びたりはしない。
 コンパクトカー市場が拡大して行く上でオーナー像と嗜好を考
 えて頂きたいと思うのです。
 IMG_3826
















 息子からのプレゼントされたスマートのクッション。
  とても嬉しいプレゼントです。
 左側運転席シート座面の革が伸びているのが安っぽく見える。
IMG_3827
 
 














 作業終了、綺麗になりました。

 











 


IMG_9319 
















 免許を取って40年、好きで数多くのクルマに乗って来た。
 最近ではもっぱら小さい奴に乗る機会が多くなった。
 見せるから、楽しむに変わってきたのだろう。
 買って満足する年代から、乗って満足の年代に入った様です。

 横浜からの寄り道カットです。
 
 IMG_9317
















 ホテル ニューグランド前にて

IMG_9316








 







 横浜大桟橋をバックに、

IMG_9315



 












 大桟橋よりみなとみらい地区を望む



 


IMG_0505
















 我が、スマートBRABUSアルティメイト112には高価なカーボン
 パーツが多用されています。
 ところがです。そのカーボンがこんなざまに成ってしまってます。
IMG_4471 






 















 マフラー真上が盛り上がっている。

IMG_4484






















 熱による変形なのです。
 
IMG_4481








 













 これ以上盛り上がらせないための対策がこれ、
 キッチン用のアルミホイルでの断熱。
 最先端技術のカーボンが家庭用アルミホイルに守られているのです。
 それにしても、情けないくみっともない話です。
 考えて付けろよな! と、言いたい。
 
 写真 2 (9)
















 このステッカーが泣いている。












 


IMG_7483
















 あら、また、今度は、ライト片目になった。
 忙しいわ、ポジション球置き去りの次がこの通り。
 ヤッパリ社外品の寿命は短いか!
 また、お願いに行かなくてはならないか、
 やな予感は、球ではなくコンデンサーの可能性だってあるぞ!
 中国製だったらですがね。
IMG_7486
 















IMG_7485
















 8年で、42972キロほどになった。
 まだまだ元気。 
 ちなみにメーター照明はLED(特別に作ってもらった、勿論
 信頼のメイドインジャパンです。)




















 

__

 6年振りに帰ってきましたよ!我がイプシロンが、
 これからはコンパクトカーの時代になる。クルマ好きオヤジに
 似合うコンパクトカーはないかと選んだのがLANCIA Y マルチジェット、
 イプシロンのディーゼルモデルだった。
 正規輸入が途切れていたが前正規輸入元であったガレージ伊太利屋
 さんが少量輸入販売をしていた。

 上がりクルマ?と、オーダーして手に入れたイプシロンだったが、何故か
 私の手を離れて6年の歳月が経った。その間幾人かのスタッフが乗り継ぎ
 オドメーターも10万キロを超えていた。
 正直よれよれ状態のイプシロン、このまま終わらせてはかわいそうだし
 イプシロンディーゼルモデルは稀少であるとの思いから復活作業を進めて
 いた。その作業も最終段階に入ったので次回より数回に訳て紹介します。

__
 
 購入当時の資料が出てきましたので、
 車両基本価格 2,887,500円
 それにオプション装備して総合計360万円だったと思う。
 小さな高級車と言われただけの価格はしていた。
 
 
 









 

このページのトップヘ