認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: コンパクトカー


IMG_3825
















 この10月で11年目に成る赤スマート。
 クルマ好きを自認するからこその管理をしてきた。
 やはりクルマは綺麗な方がイイですね! 


IMG_2298 (1) 
















 スマートBRABUSには、メルセデス・ベンツネット
 ワークで販売されるエクスクルーシブとBRABUS社
 が直接販売するモデルが存在する。その中でUltimateは
 BRABUS社がスーパーカーカテゴリー車として限定台数
 で直接販売するスマートである。現在まで、初代101
 二世代目112、120が存在する。ネームの数字は馬
 力と製造台数を表している。そして、先ごろ現行モデル
 にもUltimate125が発売される情報が入って来た。
 予想はしていたが気になる奴が出てきた。
 IMG_2305
















 我が112のフロントウィンドウに貼られていた馴らし
 運転指示シール。
IMG_2302
















 IMG_2295
















 ちなみに此奴は、初代Ultimate101 同仕様(馬力以外)
 の欧州限定エディションレッドカブリオレで個人輸入
 したもの。プラモデル感覚で弄り倒して愉しい乗り物
 に成っています。もちろんUltimate101同様、100馬力
 は出ています。
 
IMG_1040
















 
 そして、もう一台が451BRABUSクーペ。
 ありそうで無い!黄色いBRABUS。メルセデスネット
 ワークで販売された451タイプ。黄色の設定が無い
 為、ラッピングで黄色に変身させた。ホイールはブラック
 塗装してリムはテープ仕上げ。
 
 毎日の足に使って欲しいスマート。小さくても安全な
 クルマでもあります。
 
 以上、スマート自慢でした。











 
 
 







 


IMG_1670 
















 赤スマートが予備整備から戻った。
 11年目、走行45,000キロ余り。
 特別問題は無かったが、前回の車検時にターボがオイル
 吸ってる可能性が有ると言われていた。
 そこで12ヶ月点検の機会に壊れる前に直して置くべく
 予備整備を実施。
 結果、ターボは無事だったがエアコンラインの交換と、
 エンジン降ろしたついでにクラッチモジュール始め細か
 い部品交換もしたら、個々の部品は安価でも数を重ねれ
 ばの費用が掛った。師匠曰くついでの作業だったから
 安く上がったと言っていた。
 その費用、419,904円。
 (部品代262460円、工賃126,340円)
 これで、数年は安心して乗れる!
 クラッチが新しくなって繋がりがスムーズに成った。








 


IMG_3835
















 穏やかな土曜日(と言っても暖かくはない)黄色い方の掃除
 を始めた。私のストレス解消法ひたすら綺麗にする事だけを
 考えていられる時間。これがまた楽しく、堪らなくて40年近く
 続けて来た。
 あれ、キズが有る、あらりゃドアパンチ遣られた、一喜一憂
 しながら過ごし綺麗になった相棒を眺め微笑む。
 さて、黄色の掃除をしながら思うのがレザーシートの不満。
 IMG_3823
















 近年の高級志向に伴うレザーシ需要に対応してか皮を裏返して
 使用する様になった為、革かビニールか区別のつかない素材
 を使用したレザーシートと呼ばれる代物が氾濫している。
 (裏返す理由は表面に対して裏は傷が少ないので使用量を増やせる)
 硬くて伸びてしまう、見た目も悪いレザーシートが付いている
 黄色スマート唯一気に入らないのがこの伸びた状態のシート。
 黒のアルティメイト112は、ブラバス社コンプリート車でナッパ―
 レザーが使用され座り心地もソフト革も伸びたりはしない。
 コンパクトカー市場が拡大して行く上でオーナー像と嗜好を考
 えて頂きたいと思うのです。
 IMG_3826
















 息子からのプレゼントされたスマートのクッション。
  とても嬉しいプレゼントです。
 左側運転席シート座面の革が伸びているのが安っぽく見える。
IMG_3827
 
 














 作業終了、綺麗になりました。

 











 


IMG_9319 
















 免許を取って40年、好きで数多くのクルマに乗って来た。
 最近ではもっぱら小さい奴に乗る機会が多くなった。
 見せるから、楽しむに変わってきたのだろう。
 買って満足する年代から、乗って満足の年代に入った様です。

 横浜からの寄り道カットです。
 
 IMG_9317
















 ホテル ニューグランド前にて

IMG_9316








 







 横浜大桟橋をバックに、

IMG_9315



 












 大桟橋よりみなとみらい地区を望む



 


IMG_0505
















 我が、スマートBRABUSアルティメイト112には高価なカーボン
 パーツが多用されています。
 ところがです。そのカーボンがこんなざまに成ってしまってます。
IMG_4471 






 















 マフラー真上が盛り上がっている。

IMG_4484






















 熱による変形なのです。
 
IMG_4481








 













 これ以上盛り上がらせないための対策がこれ、
 キッチン用のアルミホイルでの断熱。
 最先端技術のカーボンが家庭用アルミホイルに守られているのです。
 それにしても、情けないくみっともない話です。
 考えて付けろよな! と、言いたい。
 
 写真 2 (9)
















 このステッカーが泣いている。












 


IMG_7483
















 あら、また、今度は、ライト片目になった。
 忙しいわ、ポジション球置き去りの次がこの通り。
 ヤッパリ社外品の寿命は短いか!
 また、お願いに行かなくてはならないか、
 やな予感は、球ではなくコンデンサーの可能性だってあるぞ!
 中国製だったらですがね。
IMG_7486
 















IMG_7485
















 8年で、42972キロほどになった。
 まだまだ元気。 
 ちなみにメーター照明はLED(特別に作ってもらった、勿論
 信頼のメイドインジャパンです。)




















 

__

 6年振りに帰ってきましたよ!我がイプシロンが、
 これからはコンパクトカーの時代になる。クルマ好きオヤジに
 似合うコンパクトカーはないかと選んだのがLANCIA Y マルチジェット、
 イプシロンのディーゼルモデルだった。
 正規輸入が途切れていたが前正規輸入元であったガレージ伊太利屋
 さんが少量輸入販売をしていた。

 上がりクルマ?と、オーダーして手に入れたイプシロンだったが、何故か
 私の手を離れて6年の歳月が経った。その間幾人かのスタッフが乗り継ぎ
 オドメーターも10万キロを超えていた。
 正直よれよれ状態のイプシロン、このまま終わらせてはかわいそうだし
 イプシロンディーゼルモデルは稀少であるとの思いから復活作業を進めて
 いた。その作業も最終段階に入ったので次回より数回に訳て紹介します。

__
 
 購入当時の資料が出てきましたので、
 車両基本価格 2,887,500円
 それにオプション装備して総合計360万円だったと思う。
 小さな高級車と言われただけの価格はしていた。
 
 
 









 

このページのトップヘ