認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: ジープ中古車


IMG_4332 
















 クルマ人生最後の上がりクルマとして3ヶ月前に購入した
 Jeepラングラーサハラ幌タイプ。その間2度ほど乗った。
 仕事はまだ上がれていないので乗る機会が無い。
  少々早まったか?なんて思っていないけど乗って行く
 ところが無い。此奴で営業に行けないし〜、、
 



IMG_4454 
















 クルマ道楽は楽しいもんだ!(ただ、一人だけいい顔を
 していない人が居る?)人生最後のクルマとしてやって
 来たJeep WRANGLER SAHARA (Make My Jeepオーダ
 ー車両)には、私の思いを実現してくれたジープ沼津、
 佐々木店長他、工場スタッフの高い技術と拘りが詰まっ
 ており、クルマ好きオヤジ最後の車両に相応しいクオリ
 ティに仕上がっていると思う。自己満足ですけど、
 さて、佐々木店長に「好きなようにしてください、先に
 アドバイスはしません」冷たいね〜と、思いながら吹っ
 切れた。じゃぁ、思い通り拘ってウンチクを語れる仕様
 にしてやる。と、見た目から始めた。以下ご覧あれ!
IMG_4455
















 SAHARA2ドア、幌仕様、色はゴビ(ゴビ砂漠の意)を
 選択。SAHARAはボディ同色フェンダーなのでラグジュ
 アリー系のカスタムをイメージ。
 前後バンパー&サイドステップを同色塗装としゴビカラー
 とマッドブラックのコントラストで纏めることにした。
IMG_4362
















 そこで、梨肌のウレタンバンパー塗装方法で佐々木店長
 が工場にお願いしてくれたのが、梨肌の下地処理だった。
 そのまま塗ってはダメ!見た目が悪いし、剥がれる。
 そんな仕事、我々ALCモータースグループではしない。
 「ディーラーの名が廃る」と言って塗り終わったのが写真。
 左上のフェンダー部分と艶・光沢とも違わない仕上がり。
 更に、サイドステップ中央の足を載せる部分を残す。
 汚れ、剥がれ、が気に成ると塗り分けを依頼した。
 これまた見事なマスキングをして頂いた仕上がりです。
IMG_4365
















IMG_4364
 
 









 




 黒い部分が梨肌のオリジナル部分。この下地処理の苦労
 を思うと心から感謝したい。(但し、それなりの請求額
 になります)
IMG_4361
















 ボディ同色のグリルに対して、7グリッド枠、ヘッドラ
 イト内側はシルバー塗装されていたものをマッドブラック
 に再塗装。Jeepエンブレムはマッドブラック品に交換。
 ヘッドライトは社外品のLEDブラックハウジングに交換。
 これで顔つきが精悍になったか?
IMG_4359










 





 社外品のブラックハウジングLEDライトユニット。
 センターの上下〇はロービーム、左右四角がハイビーム
 IMG_4371
















IMG_4474
















 バンパー埋め込みフォグランプは純正LEDに交換。
 LEDヘッドライト、LEDフォグランプ全灯状態。
 凄く明るいです。年齢と共にライトは明るくした方が
 良いかと思います。
IMG_4342
















 そして、カスタム重要部位であるホイール&タイヤ。
 マッドブラックホイールの一部分をボディ同色に塗装。
 ここでも、ALCモータースクオリティを見せられた。
 塗装部分の下地処理はもちろんだが、部品にバリなど
 が結構見つかり丁寧な処理をした見事な仕上がりである。
 これぞ、ALCモータースグループ(Jeep,ジャガー・
 ランドローバー、MINI、プジョー・シトロエン・DS、
 FIAT、ABARTH、フェラーリ、)クオリティと
 言って良いと思う。クルマ好き最後を飾るに相応しい
 「技術と安心」を兼ね備えたジープ沼津さんとの出会い
は冒頭に述べた「最後のクルマ道楽を楽しくさせて貰えた」

次回は、インテリア編。


























 


IMG_4347 
















 免許取得から42年。人生最後(本人はそう思ってる)
 の上がりクルマを24日ジープ沼津さんで受け取った。
 HONDAアコードLX5から始まったクルマ好き人生
 最後がアメ車とは驚きだ。欧州車党がどうして?と聞か
 れれば愉しいクルマに乗りたかったから、とでも言うか、
 原点回帰したんだ!いや、良心的な価格が気に入った?
 何も足さない、何も引かない、76年間クルマ本来の姿を
 守って来たJeepラングラー。その懐の深さに嵌って
 しまったと言うのが正しいと思う。
 さて、今回より「クルマ好きオヤジの上がりクルマ」自慢
 を数回に渡りお届けしたいと思います。
 イイ齢こいた、オヤジ最後のクルマ自慢笑って遣ってくさい。
 そして、受け取ったJeepラングラーサハラ期間限定で
 実施された「Make my Jeep」プログラムでオーダーした
 車両を連日連夜「丑三つ時」まで悩んだ結果の弄り作品だ。
 時間を掛けてのカスタムも楽しいのですが、オヤジには
 残された時間が少ないので車両到着から1ヶ月程掛けて
 一気にやってしまった。第一回目はカスタムのメインで
 あるタイヤ&ホイールについてお話ししましょう。
IMG_4336
















 ホイールはKMC XD-SERIES  ROCKSTER 2
 マッドブラックにスポーク部分(2重に成っており脱着
 出来る)の外せる部分とセンター星部分をボディ同色塗装。
 サイズは純正18インチから17インチにダウン。

FullSizeRender (7)
















 そして、今回のカスタム最大のポイントがタイヤ選びだった。
 OFF車でありながら、ON使いがほとんど。でも、見た目は
 OFF車のワイルド感は外せないが本格派Mudテレイン
 では乗り心地に難がある。見栄えか、乗り心地も!悩む
 ところでもある。最近では、年齢からかスポーツ系の硬い
 クルマには乗りたく無いのが本音だ。そんな折4X4メディア
 仲間から新しくなったBF Goodrich KO2を紹介された。
 それによると、All-Terrain T/A(全天候型)でありながら
 ショルダー部分の保護と悪路での走破性を兼ね備えたタフサイド
 ウォール テクノロジーを採用したことで、Mud系のワイルド
 感溢れるデザインを持つAll-Tarrainタイヤに生まれ変わったと言う。
 要は、都会派SUV乗り向け御用達カスタムタイヤと言っても
 イイと思う。そこで、言って於かなくては成らないのがKO2
  All,Mud共に本格クロカンタイヤであるという事。永く使用して
 来た方によると耐久性は圧倒的でパンクしない?が、少々重い。
 と言っていた。変な例えだが、学生時代バイト先の老舗せんべい店
 で教えられたのが良いせんべいは重いと。そして、隣店の老舗羊羹店
「虎屋」さんでも同じことを聞いた覚えがある。せんべい、羊羹、
 タイヤも重い物がイイらしい。密度が重要なんでしょうね!

IMG_4344
















 沼津より高速、一般道150キロ程の感想としては、
 本格OFFタイヤの様で乗り心地は柔らか、そして
 高速コーナーでも良く粘る。予想外にグリップは良い。
 更に、ブロック形状の違いから周波数ノイズが少なく
 静かでした。

 IMG_4335

 














 そして、もう一つの特長がコレ!
 クロカンタイヤと言えば「ホワイトレター」です。
 嬉しい事にKO2は、両面使いが可能。
 私はホイールの刺し色を強調したかったので黒レター
 を表にしました。ご覧のように反対側はホワイト文字です。
 最後にタイヤサイズについて、車高はノーマルのままで、
 純正18インチ、265から、17インチ、285に。
 フェンダーに対してタイヤ面一で上手く入っています。

FullSizeRender (6)
















 インチダウンにより乗り心地も良く、更にタイヤ、ホイール
 の価格も抑えられました。昨今の大口径ホイール、タイヤ
 恐ろしく高いですから、見た目も乗り心地も追及すると
 このあたりがベストかも。
 BF Goodrich KO2 お薦め出来ます。

IMG_4332
















 タイヤの雰囲気で左右されるカスタム。
 IMG_4309
 















IMG_4310

 














 次回はエクステリアについてお話しします。
 目が変わると雰囲気変わると思いませんか?




このページのトップヘ