認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: ベンツ中古車


IMG_5479 
















 ピカピカに磨かれ待機中のCクラス。その齢の差20歳
 若くなるにつれきつくなる顔。とうとう爬虫類に成って
 しまった現行モデル。成熟したクルマ文化を持つ日本に
 は似合わないと思う。アバンギャルドだけでなくエレガ
 ンスも選べると良いのですが!正直私は好きじゃないの
 ですが、走りに惚れて乗っています。



 


IMG_5403 
















 クルマは新しい方がイイ!
 此奴C450AMGに乗ると思うことだ。
 特に、高速でのノロノロ渋滞時の運転支援システムは有難い。
 少し間だが手放しやよそ見も出来る。
 一方、97年式C36AMGに乗ると、俺はこっちがだ!
 なんて声が出てしまう。だからクルマ好きは困ったもの
 なんです。

IMG_5354



IMG_5118 
















 ベンツと呼ばれていた時代(左ハンドル)のメルセデス
 ベンツはハンドルを8時10分の位置で握るとポジション
 がピタリと決まった。それはハンドルがダッシュボード
 に対して並行でなく、右側が少し手前オフセットされてい
 る事でドライバーはボンネット中央のマスコットを斜めか
 ら見るポジションになる。すると必然的に8時10分で
 ハンドルを握るとシックリ来る事に成る。チョット大ぶり
 なハンドルと斜め座りがもたらすゆったりとした余裕が、
 この時代のメルセデスの特長でも有ったと思う。

IMG_5116
















 ポルシェ同様「最新が最善」とも言われるメルセデス。
 例えば、デジタル時計の調整はメーター右側のhとm
 のボタンでダイレクトにいつでも出来た。
 呼び出して深い操作を強いられる最新モデルとは大違い。
 後回しにせず、気付いた時に出来るこの時代のクルマ
 達がオヤジ世代には最善と言えるかも知れない。
 久し振りのC36AMG。AMGがメルセデスのコント
 ロールを受ける前最後の直6チューニングエンジン。
 エンジン始動後、暖気中に聞こえる音はまるで生きてい
 る様です。
 













 
 


IMG_5114 
















 車庫事情により預けていたC36AMGが半年振りに戻って来た。
 帰路の途中ウインカーが突然死んだ!
 あらら、旧車だからしょうがないか、それにしてもウインカー
 無しでの進路変更には気を遣う。
 さぁ〜て、何時修理に出すか?と考えながらレバーを何度
 も動かして見るも無反応。ハザードも効かない!そうこう
 して居るとスイッチがオンに成っていたハザードが突然点灯し始めた。
 そして、ウインカーも眠りから覚める様に復活していた。
「クルマは乗らなきゃ壊れる」と言われていたっけ!
 久し振りの1997年式 W202 当時コストダウンされたと
 散々だったが、いやいや往年のベンツを思い出させてくれます。





 


IMG_0905
















 昨日、「チョット旧いメルセデス・ベンツに乗るのがお洒落」の
 話で喜んだが、実際に乗ると「シックリ来る」と言うのが実感
 です。電気式のレバーやダイヤルを都度確認して操作す
 る最新型に比べ、ブラインド操作が出来る旧いメルセデスは
 何ともシックリ来るのです。特許だったゲート型シフトは
 シフトノブを触るだけでギア位置が解る優れものだった。
 だから、旧いメルセデスはお洒落なのかもしれませんが、
 乗っている者はシックリ来るクルマと思っているかも知れません。




 
 


IMG_1313 

















 「今、チョット旧いメルセデス・ベンツに乗るのがお洒落な理由」

 今日のYahooニュースにこんな見出しの記事が掲載されていた。
 内容としてはヤングタイマー(〜30年位の旧車)C・E・Sクラス
 の解説とメーカーの取り組みについてだったが、C36AMGに
 乗るユーザーの一人としてチョット嬉しい記事でした。
 そして、「そうだろう、そうだろう」と、思うのでした。
 
 
 

 











 


IMG_7638
















 クルマ好きオヤジは「クルマで暇をつぶす」なんて言っていたが
 右手首周辺腱鞘炎の為、暇つぶしで遣る事では無くなった。
 更に、体調不良も重なりヤットコドッコサ作業となっています。
 雨には当たっていないのでボディは綺麗だがホイールダストの
 汚れが気になってしょうがなかった。
 そして、ヤットコドッコサで綺麗にしました。
 IMG_7639


 













 歴代オーナーの管理が良かったお蔭ですぐに綺麗になった。
 元が綺麗だから、
 IMG_7640
















 直6、AMG最後のチューニングエンジンとして名車の域に
 入ってきたW202 C36AMGです。

 IMG_7642
















 正規輸入車両はベース車両がSPORTだったが、並行輸入
 車両ではAVANTGARDEが多かった。特にE50、E55で
 は正規、並行の識別にも成ったほどだった。
 














 


IMG_5035 
















 FaceBookの情報で運よく手に入れた1997年、W202
 最終型C36AMG正規輸入モデル。
 初年度登録から19年で走行僅か29933キロの稀少車だった。
 購入先は、大阪のメルセデス・ベンツ豊中サーティファイドカー
 センターさん。
 経緯を語り出すと永くなるので後編にするとして、お蔭さで大変
 稀少なクルマを手に入れる事が出来た。
 此奴を簡単に説明するとAMGがダイムラー社の傘下に入る前
 最後のチューニングエンジンを搭載したモデルである事。
 個人的にはAMG価値あるエンジン3基(C36、500E6,0,
  W204 C63)のひとつと思っている。
 メルセデス直6 2,8リッターを3,6までアップさせたAMG
 チューニングが施されている。その後はV8のC43に変わった。
 IMG_5060





 
 
 








 その痕跡は車検証の車体番号から、
 WDB202 後ろが028となっておりベースは28リッターだと読み取れる。
ちなみに500E 5,0リッターを6,0リッターにアップのと
 W204の63エンジンはAMGが最初で最後になったNAエンジン
 で稀少性が高いと思うのです。
 以下、完全オリジナルを維持しているC36を見てください。
 IMG_5052
















 先ず、当時の輸入元であったAMGジャパンのステッカー
 スモークフィルムが貼ってあったが透明のUV,断熱フィルムに
 張り替え時に苦労して残してくれた。
IMG_5054











 




 センターコンソールの灰皿蓋にAMGのロゴが入っている。
 これはAMGジャパンが設定した日本正規車両のみの印。
IMG_5057
















 
 オリジナルマットも綺麗な状態だった。
 これもAMGジャパン専用品と思われる。
IMG_5036
















 そして、購入先シュテルン豊中のステッカー(旧型)が余りにも
 綺麗なので確認したら、センター長の廣岡氏が最後の未使用
 1枚を探し出したとの事。
 この方はクルマ好きの心が解っていらっしゃるのです。
IMG_5039















 
 今回のC36AMGと先住車450SEL(w116)2台のヤング
 タイマー(ヤングメルセデス)の「オヤジの暇つぶしクルマイジリ」
 をお伝えしようと思います。
 暇つぶしにご覧いただければ嬉しいです。
 宜しくお願いします。
 
 次回はC36にETCを付けがてら古い余分な機器を外したお話し
 になります。


















IMG_2702 
















 今年は車検の巡りあわせは悪かった。
 なんと4台が車検を受ける羽目になった。
 最後が450SEL 旧車重量税の適用で50,400円もした。
 欧州とは正反対で日本は旧車にとっては重税国なのです。
 そして、重税以外は別段問題もなく車検をパスした。
 但し、ヘッドライト光軸が上限一杯で調整不能になっていた。
 次回はアウトかもです。
IMG_2703
















 旧車であっても灯火類は最新装備がモットー。
 ヘッドライト、フォグともにキセノン、ポジションはLED。
 夜間走行も全く苦にならない。















 


IMG_0321
















 今年の猛暑は悩みます。
 乗ろうかなぁ、、と思いながら、渋滞に嵌ったらこの熱さは
 ヤバイ。またJAFのお世話になると思うと乗れない。
 そうは思わないが、昔は今ほど暑くは無かったのか?
 そんなこんな考えてると乗る機会が無いんです。
 でも、眺めているだけでも嬉しい旧車フリークです。
 手に入れて早2年、来月車検を迎えます。
 




  


IMG_9604 
















  乗らないと調子が悪くなる?と、言われるクルマ。
  確かにその通りだし、運転者と馴染むのも乗る時間に比例
  します。
  そして、2年目を迎える我が450SELも最近やっと馴染んできた。
  最近、乗るたびに感じる乗り易さは馴染んできた証拠で
  V8 4、5Lのパワー受け止める守備範囲の広い3速オートマチック
 ミッション燃費は悪いがそれなりの満足感を与えてくれます。
 IMG_9598
  















 出かける前のお約束が、燃料補給とタイヤ空気圧点検。
 高速で6キロ台、調子がイイからと毎日は乗れません。
IMG_9629
















 私が寄って行きました。
 元気そうなW6往年の名車が並びました。
 最高の光景でしょう!












 


IMG_4297
















 晴天に恵まれた土曜日。
 コイツで三島まで行くことにして給油と空気圧のチェック。
 久し振りの高速走行、空気圧チェックは大事ですから、
 案の定抜けていたわ。

 IMG_4289
















 ハイオク130円は有難い。
 正直リッター5キロのクルマを頻繁には乗れないですからね。
 
IMG_4291
















 混雑も無く快調に走る我がW116なのです。
IMG_4278
















 たらたらと、休みながら進んで予定通り。
 帰路についたのが3時半ごろだった。
IMG_4287
















 いつも通り足柄サービスエリアで、たい焼きと玄米茶の時間
  を過ごして4時半に出発。
IMG_4271
















 また事故です。トラックが横転して2車線規制になってるとの
 情報だった。
 厚木で下りてR246で帰るか? でも、一般道も混雑してる
 と思うとこのままトロトロが早いかも?

IMG_4299
















 ジャジャ〜ン、海老名サービスエリアまで3時間かかった。
  トイレで皆さん言っていた、あの表示大嘘だよ!
  俺も言いたい、厚木で降りたぞ!

IMG_4301
















 そして、5時間半かかって帰宅したのでした。
 
 それから、我が450SELですが、3時間もの渋滞に嵌っても
 何事も起らなかったことは嬉しい限りでした。

 もうひとつ気が付いた4.5リッターエンジンのトルクの太さが、
 ノロノロ渋滞ではブレーキペダルから足を離せない。
 これが疲れるし、ギアを抜いてサイドブレーキをかけるのも
 大変な作業、その回数たるやである。普段乗っているイプシロン、
 スマートでは経験しない動作だ。
 
 イプシロン、スマートとクリープしないミッションをネガティヴ
 に言われるが、ブレーキよりアクセル操作の方が楽だと分かった。
 一概にクリープするトルコンオートマチックが良いとは言えないと思う。
 






















 


IMG_3330 
















 450SELの冬支度。と言ってもタイヤではないのです。
 雪道は走らないので車内の話です。

 昨年は前席に敷いていたムートンを後部座席にセットしてみた。

IMG_3326
















 上部をヘッドレストで挟んだだけですが雰囲気出てますでしょう。

IMG_3328
















 リアルムートン暖かいです。
 週末は紅葉でも見にゆくかな、、、

















 


IMG_6284

















 パワーステアリングポンプか?
 直ぐに車庫に戻したことが幸いした。
 ハイプレッシャーホース加締めから漏っておりました。

IMG_6282
 















 経年劣化が原因で、
 そのまま乗っていたらポンプ駄目にするところだった。

IMG_6283





























 交換されたハイプレッシャーホース。運が良かったのは
 国内に1本だけ在庫が有ったこと。でも、新品なのに何故か
 すんなりつかなかった為、部品代同額の加工費が掛った
 のでした。占めて42,000円程の出費でした。
 








 


IMG_0332
















 パワステポンプオイル漏れ修理に出しました。
 昨夕、引き取りに来てくれたベンツ専門店工場長「電話する」
 との声を残し引き取られて行きました。
 詳細は、電話の後に、、
 


写真 1 (2) 

















 旧車乗りには2通りの人種がいると言われている。
 完璧な状態から、直しながら、乗るである。

 私は前者に近いのですが、この450SELそこそこ綺麗だった
 ため後者ではじめています。

 でも、購入時きずかなかった箇所の手直しをすることにした。

 写真
















 
 購入時の大きな見落としが、フロントガラスのワイパー拭きキズ
 だった。
 気に入ったら一途、見えなかった!
 結構のキズだったため交換。

 写真 2 (2)







 
 







 
 左フロントホイール塗装剥がれ、新規に塗ったのにだ!

 その他、ライトの曇り、Cピラー内貼り剥がれ、ボンネット裏
 インシュレーション交換、ドアミラー調整ノブ締め付けなどを
 行った。

 中古車業界で言われていた、ウィンドウとホイールタイヤが
 綺麗ならばクルマ良く見える。

 今回の手直しで実証されたのでした。
 それなりに掛りましたけど。

 
 




 


写真 3
















 欲しかったモンスターメルセデスの記事が載ってるぞ!
 買える時には売っていなかった2台。
 
写真 2


 












 写真 1















 
 AUTOCAR JAPAN 臨時増刊号、

 CLASSIC&SPORTS CAR 日本版 第2号が発売。

 そこに載ってます。

  メルセデス・ベンツ600プルマンのパワーを受け継ぐこの2台

 モンスターメルセデス!

 どちらも欲しいが、6,3が大好きです。

 6,9は買えずに450SELで我慢してます。

写真 (2)







 



















 

写真















 
 我が、W116 450SEL。
 連休出番前の準備、 綺麗になりました。やはりクルマは綺麗でなくては!
 営業用のイプシロン、遊びの旧車、幸せだなぁ、、、

E320CDI 008

 2011年仕事納めのCDI。
今年も全国を走り回りマイレージを順調に伸ばした。
ナンバーが明るいのはLEDに変更している為。

E320CDI 010

 導入より2年半、63421キロ、点検6回、機関絶好調

E320CDI 011


E320CDI 012

  燃料消費は満タン計算。
 高速道路中心で千キロ確実、都内使用では800キロ位。
 この数字はSEV装着後に出る様になったものでSEVの効果
 が認められたと思っている。
 さて、残念ながら反応しない数字キーボードが複数ある為
 これ以上の報告が難しい状態になりました。
 これにて今年の報告とします。
 来年もE320CDIは元気に走ってくれると思います。
 今年もありがとうございました。
 
 
 






E320CDI 134

ベンツマーク、ある年代以上の方はこう呼ぶと思います。
正式には「スリーポインテッドスター」と呼びます。

我がCDIにもこのベンツマークがボンネット先端に鎮座してい
ますがチョット不満があります。

車外ではベンツマークしっかり見えるのですが、運転席からは
そうは見えていません。

E320CDI 132

最近のクルマは空気抵抗を減らす為、フロントノーズが下がって
おりせっかくのベンツマークがこの程度にしか見えていません。

E320CDI 131

世間でベンツと呼ばれていた頃ベンツマークはこんな感じで
見えていた。それは、「俺ベンツに乗っている」と言う気持ちに
させてくれました。当時はそれほどベンツは偉かった?

日本におけるメルセデス・ベンツにはそんな歴史があるんです。

E320CDI 130

久し振りの高速走行。
いつも立ち寄る東名高速「足柄SA」で昼食。
相変わらずエンジンの調子も絶好調、燃費は13キロ台でした。












このページのトップヘ