認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: ラテン車


IMG_8048 
















コンパクトで、高級感があり、経済性に優れ、トレンドを外さない
輸入車。そんな条件で探し当てたのが、当時小さな高級車を謳って
いたLANCIA イプシロン1.3L マルチジェットだ。11年前クルマ好き
が最後に乗るだろう1台を予想してガレーヂ伊太利屋さんより購入し
た。2年、26.000キロ程乗ってスタッフに下し3年前10万キロでズタ
ボロになって戻ってきた時はこりゃ駄目かと思った。が、冒頭の条件
を思い出し”二度と手に入らない”こと、色褪せない魅力を再認識して
リフレッシュ作戦を開始。そして、お決まりの”ここを直せばこちらが”
の蟻地獄に嵌り、機関、足回り等、中身ほぼ新品に迄になった。
そして、解ったことがクルマは部品で買うより丸々の方が安いと言う
ことだ。これを実体験で知った事はクルマ好きを自負する上で財産に
なったと思う。昔の騙されての授業料とは異なり腹立ちは有りません。
さて、リフレッシュされたイプシロン昨日オドメーターが170.000キロ
に到達。と言うか、通過した!が正しくらい絶好調です。
経年とエンジンオーバーホールによる渋さの無い吹け上がり感は嬉しく
なります。更に、高速道路での重厚な走りはひとつふたつ上の満足を味
わえます。最近ではリフレッシュの仕上げも兼ねて頻繁に乗るようにな
って思うことがあります。11年前、最後に乗るであろうと選んだイプ
シロンマルチジェットは正解だったと。複数台数所有の恵まれた環境下
で言ってしまうが、もう此奴1台でイイかも?なんて思うこの頃です。
そして、愉しきかなクルマ好き人生の終点も近くなったかなぁ〜、、
なんて、言って見たら、息子に2年後も同じこと聞くだろうなぁ〜、、
と笑われた。

IMG_7278




















IMG_3073
















 新年おめでとうございます。
 老体のイプシロン年末年始も人・荷物満載で成田空港を元気
 往復しておりました。
 さて、昨日知り合いのディーラーの方からお電話を頂いた。
 「私も〇〇さんと同じマルチジェット(ディーゼル)に乗り換えましたよ」
 前型のイプシロン(ガソリン)も〇〇万円で早々に買い手が
 付きました。と電話の向こうから聞こえてくるイプシロンを愛する
 オヤジのい声である。
 聞けば走行12万キロのベージュとの事、16万キロの我が相棒
 に比べれば4万キロも若い。FIATのディーゼルエンジン耐久性
 の高さを考えればまだまだの域である。日本市場では5万キロを
 超えると売れにくくなり、10万キロの声を聞くと売れなくなると言
 われている中古車業界中で10万キロオーバーのイプシロンが
 生き続ける事はとても稀少な事だと思う。
 イプシロンレポートもそろそろかと思っていたが、俄然元気が出て
 参りました。という事で、イプシロンレポートまだまだ続きます。
 今年もよろしくお願い致します。

 
 









 


IMG_9800
















 懐かしいイタ車2台を眺めて思い出した。
 最近、テレビである芸能人が言っていたっけ、ジジイになって
 遣ってはいけない事三つ。
 それは、
 1、昔ばなし
 2、自慢話
 3、お説教

 ううん、アルファ156昔は、、、、俺のイプシロンはな、、、、
 そんな個性の無いクルマなんかに、、、

 ああ、俺もジジイになってしまったか、、、

 だから、イタ車はイイなぁぁ 好きです。

 

 


IMG_9090
















 恐ろしや、15万キロオーバーしてもこの調子良さはなんだ!
 先週金曜日午前2時半、世田谷出発、午前9時奈良県奈良市到着。
 打ち合わせ後、大阪難波へ、そして午後9時には世田谷に戻ってきた。
 そんな強行軍を難なくこなすイプシロン。
 燃料添加剤の効果に加えエンジンオイルを交換。その効果たるや
 恐ろしいほどスムーズに走るようになった。
 高速での巡航速度が20%程上がった。(数字は書けません)
 助手席のぶぅ隊長に、「物凄くスムーズになったろう!」と告げると
 「私は乗りにくくなったと思う、以前の様にガクガク走っている方が
 良かった。このクルマはスムーズに走ってはいけないんです」
 との答えが返ってきた。
 IMG_9122
















 優れたシートでも暑さはどうにもなりません。
 今年も夏仕様に、カッコじゃございません機能優先。
IMG_9124
















 私のモットーは、汚れる前に綺麗にする。
 ステアリングとシフトノブの汚れ落しを行った。
 ステアリングを綺麗にすると気分が大きく変わります。
IMG_9125
















 勿論、ボディもピッカピカでございます。

 当たり前の話ですが、巡航速度が20%程上がったので燃費は
 悪くなりましたね。それでも21キロ台はキープしています。

 イプシロンまだまだ現役です。














 


IMG_5073 
















 プジョー407WAKOS FUEL1 2本注入予定で乗込んでます。
 一方で輝かりを取ったり自分仕様に変更を始めた。
 先ず、いつも見えて気になっていた汚れたドリンクホルダーを
 スポーティなカーボン柄に交換。
 iPHONE,IPad用充電ソケット(2台同時充電可能な4,8A)
 手元用LEDライト(後に他のクルマの黒に交換した)
 エアコン表示バック照明色を赤に変更、これだけでも結構
 雰囲気が変わりました。
 IMG_5080
















 IMG_8171
















 そんなこんなで、昨日も水戸まで打ち合わせに出かけたり
 結構乗れてます。
 こちらに方面に来ると立ち寄るCoCoカレー屋さん。
 
IMG_5078
















 サービスエリアでの光景。
 私が先に駐車していたのですが、406が吸い寄せられるように
 来たのでしょうね。
 お、407が居るぞ!と、言う感じで、、
 我が社にもいたぞブルーの406が。良かったのですが、何分にも
 修理費がかさんできて止む無く手放した。
 何せ、プジョーもだんだんドイツ車ぽくなって緩さが薄れてきて
 残念でならない。革より布の方がイイ大きいシート、石畳で鍛えられた
 足廻り。特に自社開発のダンパー(ショックアブソーバとも呼ぶ)
 の乗り心地と高速での直進性、安定感は素晴らしいのに何故
 ドイツ車化するのか理解しがたい。
 プジョーはフランス車らしくあって欲しい物です。

IMG_8201




























 
 



IMG_6459 
















 乗り心地の良さから残したプジョー407。
 以前から気になっていた俺流徹底掃除を連休で実施した。
 前担当者が綺麗好きだったお蔭で酷いことにはなっていなかった
 のが幸い。それでもあちこち引っぺがしての徹底掃除は楽しい!
 改めて実感した「クルマ掃除は楽しいもんだと」
 何事も楽しんでやると成果も上がる、綺麗になりました。
 布シートのホコリを徹底吸引、拭き掃除、いやあ、車内空間
 が一変しましたわ、

IMG_6465




  











 気が付かないのが布シートのホコリ。叩けが出てきます沢山
 のホコリが、、、叩いて吸引の繰り返しが重要。

IMG_6466





 










 拭き掃除で気ずいたのが、フロントウィンドウ奥行きと広さだ。
 フロント奥まで簡単には拭けません。
 これだけガラス面が広いと夏場暑いわけだわ、フィルム貼って
 正解でした。

IMG_6468






 









 ボディ面、ガラス面共にコーティング施工してある。
 細かいところのキズはしょうがないとしてそこそこ綺麗になった。

IMG_6461



 












 日が暮れてきて終了。

IMG_6472
















 
 綺麗にして車庫に保管。
 407も気持ちいい事でしょう。
     だから、クルマだって気持ちよく走ってくれるはずですよね?
 
 













 

ランチャY 066

 5年間、10万キロの汚れが落ちた車内。
 ネットでプロ仕様とうたってあったケミカル商品を見つけた。
 ユーザーレビューも上々の評判だったので使ってみました。
 
 ランチャY 040
 
  さすがプロ仕様と思える。

 ランチャY 041
 ランチャY 043
 
  専用のスポンジに吹きかけ軽く擦るだけでこの通り。
  拭く、汚れが浮いたところを、硬く絞ったタオルでふき取る作業
  を根気良く続ける。
  
  ランチャY 071
   
  シボのところは歯ブラシを使用した。
 
 ランチャY 069
 
 色の箇所も問題なし。
 
 ランチャY 093

  予想外だった。こんな所も落ちた。

 ランチャY 091
 
  中性洗剤では手に負えなかったここもご覧の通り。
  スッキリ綺麗に。これは有り難かった。

  ランチャY 080
 
   ほぼ未使用だった後部席もスッキリ。
  
  ランチャY 104
 
   後はシート中央のアルカンタラ部分を何とかできれば。
 気になるのでベージュの敷物で誤魔化し中。
 
 新車当時に戻る事は出来ずとも、少しでも近づこうと奮闘中
  クルマが良くなっていく様は嬉しいもんです。

 次回はフロアーマットについてのお話です。




__

 6年振りに帰ってきましたよ!我がイプシロンが、
 これからはコンパクトカーの時代になる。クルマ好きオヤジに
 似合うコンパクトカーはないかと選んだのがLANCIA Y マルチジェット、
 イプシロンのディーゼルモデルだった。
 正規輸入が途切れていたが前正規輸入元であったガレージ伊太利屋
 さんが少量輸入販売をしていた。

 上がりクルマ?と、オーダーして手に入れたイプシロンだったが、何故か
 私の手を離れて6年の歳月が経った。その間幾人かのスタッフが乗り継ぎ
 オドメーターも10万キロを超えていた。
 正直よれよれ状態のイプシロン、このまま終わらせてはかわいそうだし
 イプシロンディーゼルモデルは稀少であるとの思いから復活作業を進めて
 いた。その作業も最終段階に入ったので次回より数回に訳て紹介します。

__
 
 購入当時の資料が出てきましたので、
 車両基本価格 2,887,500円
 それにオプション装備して総合計360万円だったと思う。
 小さな高級車と言われただけの価格はしていた。
 
 
 









 

1

メーターに表示されるチェックランプの中に
何かわからないものがあったので、
「そういえばマニュアルらしきものを見たことがなかった」
と思い出し、ざっと読んでみました。

結果、その表示はライト光軸の高さの数値で
何の異常でもなかったのですが、
取扱い説明書がなかなかランチアっぽかったので紹介します。

ランチアっぽいと言うと怒られるかもしれませんが・・・

まず表紙をめくって1ページ目がいきなり、
ヒューズボックスの説明。(笑)

2

普通は目次とか、「これをすると危険!」みたいな
お決まり説明があるのですが。
突然始まります。
なので、調べ物がある時は
全ページをひっくり返して探さなければなりません。

図や文章も限りなく怪しいです。
海外製品を怪しいルートで仕入れたものについている、
複数言語が混ざっている説明書みたいな。(笑)

まぁ、シンプルなおかげでページ数は少ないので、
探すのもそれほど苦労はしません。
内容も一応把握できるので、ラテン車ということでOKでしょう♪



-----------------------------------------------------------------------------------------------

安心と信頼のクルマ選びは
「認定中古車.com」 
http://www.ninteicyukosha.com

ガレージに入れる趣味のクルマ・名車・クラシックカーをお探しの方は
「名車館」 
http://meisha.ninteicyukosha.com

 

このページのトップヘ