認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: 輸入車


IMG_7692
















 これからは高級感のあるコンパクトカーの時代が来ると思い
 11年前ガレーヂ伊太利屋さんよりオーダー購入したランチャ
 イプシロン マルチジェット。(1300ccディーゼルターボ)
 当時の広告には「小さな高級車」と謳っていたと思う。
 車種に偏らないクルマ好きとして購入の決め手になったのが
 ディーゼルモデルが有った事、お洒落な雰囲気を持っていな
 がら「ガラガラ」と音を立てるミスマッチ(経済性)が気に
 入った。以前、打ち合わせで伺ったポルシェデーラーでの事、
 見送りに出てきていただいた副社長が「おい、ガラガラ音が
 してるぞ!大丈夫か?と声を掛けられ、ディーゼルと解かり
 大笑いした経験がある。間違ってもディーゼル車に見えない
 ところがイプシロンに乗る理由のひとつである事は間違いない。
 さて、そんなイプシロンも車齢11年目。10万キロから始めた
 平成の大修理もほぼ完了を迎えた。初代の私が2万6千キロ程
 乗ってスタッフへ貸し出され、多くのスタッフを経て10万キロ
 で戻って来た時には「ズタボロ」状態だった。一瞬乗り換え?
 も脳裏によぎったが、もう二度と手に入らないと思い軽い気持
 ちでリフレッシュを始めた。結果、リフレッシュのはずが3年掛
 りの大修理となってしまった。都度、主治医より来る連絡に
 「如何するか?」一瞬悩み「全部遣って下さい」と伝えた結果
 が、平成の大修理となってしまった。と言っても何故か此奴は
 大切にしてあげたい。と思うのは主治医も同じらしい。と言う
 のも、新車から同じメカニックが見てくれていた事に2年前に
 気付いた。それは16万キロ時、タイミングチェーン(ガソリン
 車はベルト)交換でヘッドを開けた時、直接連絡を頂き「綺麗に
 させて欲しい」此奴を綺麗にしてあげたい!との思いがオーナー
 とメカニックの心が一体になってイプシロンを守って来たと思う。
 そして、平成の大修理を終えた2007年型イプシロン。エンジン
 オーバーホール始め中身ほぼ新品に交換され驚くほどに滑らかに、
 軽やかに走っています。新車1台分以上は掛りましたが満足感は
 充分味わえています。が、、見える所に経年劣化が始まった様で、
 気に要らないのですねぇ〜
 また、始めるか????なんて、思う最近です。
 以下、こんな所が、こんなに成りました。
IMG_7715
















 運転席側のドアアームレスト表皮剥がれ。
 奥の方に押し込んだら少しは良く成った感が?
 でも、駄目ですね。
IMG_7731















 
IMG_7716
















 運転席側ドア内貼り剥がれ。
IMG_7723
















 運転席側パワーウインドウ(左側)スイッチ内部ピン折れ
 パーツが欠品中の為、接着剤で応急処置。
IMG_7712
















 掃除中に壊れた。運転席背もたれが前方に倒れなくなった。
 シート内で何かが外れた様だ。助手席側の調子が悪かった
 が、何故こっちが壊れる。
IMG_7714
















 3年前のリフレッシュ最初に実施したステアリング、シフト
 ノブの革巻き。ナッパ―レザーでベージュとブラックコンビ。
 ボロボロの表面を処理して上から巻いた。
 少し太くなり持ちやすく成りました。お薦めします。
 費用は二つで約10万円位だったか?
IMG_7736
















 11年経過しても魅力が薄れないランチャイプシロン。
 つい、見たくなる姿見ポイント。
 
 あら、まあ、つい長くなりました。今回の修理については
 次回にさせて頂きます。














 
 
 
 
 
 
 

 


IMG_7557 
















「あなたはクルマに随分使ったよね!!!」と、皮肉を言
われても負けずに続けて来たクルマ好き人生。私にとって
クルマはエネルギーの補給とストレス解消にもなる大切な
趣味だ。特に、休日は暇つぶしと称して遣る掃除は煩わしい
事を忘れられ、ただただ無心になれる時間でもある。
するとクルマも恩を感じるのか、路上で止ったり、ぶつか
ったりせず行儀が良くなる特典まで付いて来る。
さて、タイトルに謳った「愉しいかなクルマ好き人生!」
集大成を飾るべく現在準備中。もう少し整ったらお知らせ
したいと思います。クルマが好きになる、クルマが好きな
らもっと好きになるステージを造りたいと思っています。




 


IMG_0233 
















 手前から20年、現在、10年選手が並んでいる。
 同じCクラスでも20歳違えば別次元のクルマに見える。
 これはユーザーにも言える事でもあり、新世代と言われる
 輸入車達はどんな進化をしてゆくのか楽しみでもあります。
 でも、スイッチをONにして無音でスタートするのはどうも
 馴染めないオヤジです。
 そして、此奴らも大きな故障も無く無事終われそうです。
 本コーナーをご覧いただき有難うございました。
 あ、それからランチャイプシロンは主治医の元で年越しと
 なりました。
 




 
 
 



 


IMG_8974 
















 認定中古車ドットコム長期レポート車に新しい仲間が加わりました。
 新旧CクラスAMGモデル。左が新顔C450AMG 4MATIC、
 右がC36AMGどちらも名車と呼ばれる事は間違いないほど
 イイクルマだと思っています。
 安全に早く目的地に付きたければC450、ほどほどの速さで
 ドライブを楽しみたければC36が良いかと思うのです。

IMG_8975
 















 動きはスムーズで力強いのが特徴。実に乗りやすいです。

IMG_8977
















 AMG最後のチューニングエンジン直6を搭載するW202型
 97年最終モデル。実に心地良い精密機械エンジンの音が
 します。

















 
  


IMG_0604 
















 眺めているだけで嬉しくなる! 
 クルマには、乗る喜び、所有する喜び、が有ると思うのですが?
 
 


写真 2 (1)
















 明日から、やっと休みだわ、、
 全国的には今日13日からの方が多いでしょう。
 電話もメールも来ないこの安らぎは嬉しい限り。
 ですが、本当に慣れるには数日かかるでしょう。

 そして、マッタリする前に一仕事することに成った。
 遅れていたYouTube名車館チャンネルプロモーションビデオ
 撮影をすることになり 我が450SELを引っ張りだした。
 急な出動バッテリー交換しておいてよかったわ、やはり旧車といえど
 直ぐ動ける状態にしておく管理が大事ですね。
 
 我々はそんな良い状態の名車を販売しているショップ
 の旧車達をご紹介するYouTube名車館チャンネルをスタートいたします。

 隠れた名車、手ごろな、でも、安心して乗れるクルマ選びがテーマ。
 
写真 1 (1)
 
 
 
 
 
 
 








写真 3 (1)















 
YouTube名車館チャンネルは、 現代から20〜30年前に生産された
クルマを中心としクラッシックカーの味わい深ささと、現代のクルマの維持しやすさ
を併せ持つ「ヤングタイマー」と呼ばれるクルマ達を積極的に紹介いたします。
 
旧車を楽しむことが喜びに、、、

YouTube名車館チャンネル 宜しくお願いします。
 


 
 

 
 







 






 
 

E320CDI 134

ベンツマーク、ある年代以上の方はこう呼ぶと思います。
正式には「スリーポインテッドスター」と呼びます。

我がCDIにもこのベンツマークがボンネット先端に鎮座してい
ますがチョット不満があります。

車外ではベンツマークしっかり見えるのですが、運転席からは
そうは見えていません。

E320CDI 132

最近のクルマは空気抵抗を減らす為、フロントノーズが下がって
おりせっかくのベンツマークがこの程度にしか見えていません。

E320CDI 131

世間でベンツと呼ばれていた頃ベンツマークはこんな感じで
見えていた。それは、「俺ベンツに乗っている」と言う気持ちに
させてくれました。当時はそれほどベンツは偉かった?

日本におけるメルセデス・ベンツにはそんな歴史があるんです。

E320CDI 130

久し振りの高速走行。
いつも立ち寄る東名高速「足柄SA」で昼食。
相変わらずエンジンの調子も絶好調、燃費は13キロ台でした。













E320CDI 110
E320CDI 111
メルセデス・ベンツリアウインドウ
左側下部に貼られている
ブルーのステッカー。





日本に正規輸入されたメルセデス・ベンツ車両のみに貼られている事を
ご存知でしたか。
今では街で見かけるほとんどのメルセデスに貼ってあり、その理由を考える事も無いようです。

今から2、30年前は輸入車を新車で買えるのは法人か、一部のお金持ちで一般人は頑張って中古車から将来の新車を夢見たのですが、当事のディーラーでは現在のように中古車を積極的に扱っていなかった。

そこで、需要と供給の原理で街の中古車屋さんが登場。
当初はディーラーの下取り車が中心だったのですが、時代と共に需要
が供給を上回るようになって正規ルート以外の輸入が始まる。

これが並行輸入車と言われるクルマです。
並行輸入車には、新車と中古車の二種類があり俗に新車を「新並」、
中古を「中並」と呼びます。

ここでステッカーの話に戻るのですが、当時のベンツ リアウインドウ
にブルーのステッカーが有るか無いかは結構重要視されました。
最大の理由は「信頼と安心」が担保されていることの証として見られて
いたからです。

外車から輸入車へと普及してきた歴史を振り返っても、昔も今も変わらないのは「信頼と安心」が担保されていなくては成らないと言う事です。

日本における中古車販売の歴史は実質30年位と考えて見ると、
正規輸入車と並行輸入車から、街の中古車専業店が販売する正規
輸入車された中古車と正規ディーラーが販売する保証付の認定中古車
のどちらを選ぶかだった。そして、選択肢の基準は「信頼と安心」が
担保されているのか。

成熟した社会において、多くの輸入車メーカーが中古車の信頼と安心
を担保し続ける中で、今後超えなければならない問題があります。

認定中古車で登録から5年経過し、4万キロ以上走行したクルマを
ディーラーは商品化する。そして、ユーザーは安心して購入する事
が重要と思うのです。

何故ならば、現代のクルマは走行距離でコンディションを計るのでは
無くコンピューターが判断し、メーカーの基準に沿って商品化されて
いるので距離に関係なくイコール基準といっても過言ではないんです。

認定中古車ドットコムはお勧めするアラフォー(登録から5年、走行4万
キロ以上)車両は価格的にも美味しいと思います。

E320CDI 112

走行5万キロを超え益々乗りやすくなっているE320CDI。
サーティファイドカー(メルセデス・ベンツ認定中古車)で
300万円台で買う事が出来ます。

                                   T M   
    
           幸せのEクラスライフを楽しもうはこちら

               ディーゼルの説明はこちら

         

















王道とは、一般に国王が徳を持って国を治める方法の意味で使用されますが、
他方でやさしい方法との意味も有るようです。

最近、インポーター、ディーラーの方達と使う言葉でもあります。

輸入車市場も縮小傾向にある今こそ基本の戻ろう、それこそ王道の事しようと。
顧客の要望にいかに答えるか、ユーザーフレンドリーが基本と。

「衣・食・住」のステージを表す道具としての高価な輸入車の新車がステイタスだった
時代は終った。

良いもに長く乗ることは究極のECOでもあるのです。

前振りが長くなりました。
さて、メルセデス・ベンツE320CDI導入より10ヶ月経過して

走行 001

走行距離 35,588キロ、平均燃費 11,5キロ
トラブル一切無し。やれも感じられず、逆に日々エンジンが滑らかに
なって来ているようです。

一般使用では、車検を迎える3年、3万キロは代替を検討する時期
でしたが、今はそんな事さえ考えないしモッタイない気になります。

昔から日本では、クルマのコンディションをオドメーターの数字で
計る傾向があり多走行車は敬遠されてきた。

理由としては、正規ディーラーが中古車より新車販売に重点を置いていた為、
中古車は町の中古車販売店扱いになっていた。
結果、規定通りの整備がなされないまま流通し故障が多発し、多走行車
は壊れる、お金が掛かるという間違った認識が出来てしまった。

走行 002

上の写真は、点検に出したスマートの代車のスマート。
走行 123,799キロ、メーターを見なければ分からない位
快調に走ります。

弊社、BMW116も3年で194,000キロを難なく走破。
我々も始め販売ディーラー皆が、クルマ使用概念を改めた次第。

規定通り整備された車両は末長く乗れるはずです。

距離の伸びた認定中古車を選ぶことは、クルマ選びの「王道」
かも知れません。
                                 T M

     価格別お徳な認定中古車はこれだ。走行40,000キロ
           アラフォー特別企画は こちら

             認定中古車を「選ぶ理由」











このページのトップヘ