認定中古車.com Experience Report

スマートから旧車メルセデスまで
クルマ好き「認定中古車.com」スタッフが綴る体験レポート!
試乗だけじゃ分からない気になる情報をお届けします!

タグ: Jeep


IMG_4894 
















 ラングラーサハラ幌車。
 洗車していて気づいた。ドアロックしても無駄なんだ!
 何故なら、幌アクリル3面外から外せるのでした。
 鍵の付かないガソリンキャップといいアメ車は大らかだわ!


IMG_4714 
















 遊び気分もチョット入ってラングラーで静岡まで営業に
 行ってきた。腰高、ゆら〜り船感覚、う〜ん高速より
 一般道が似合うな!100キロ巡航が得意と感じる。
 まあ、高速より一般道が性に合ってるのは確かだろう。
 それでもチョット速く走ることも出来るしアメリカン
 V6はレスポンスも良く気持ち良く回るが、160キロ
 先に到着したら燃料計は半分減っていた。レギュラー
 だから安上がりですと聞いていたが、ええ、半分かい!
 満タンで静岡往復ギリとは、帰り足柄SAで38リッター
 給油。満タン計算でリッター6.7キロだった。
 懐かしいと言うか、今どきリッター6キロを体験すると
 何とも不思議な気分に成る。やはりこのクルマ近場を楽し
 く乗り回すのが良いんでしょうね!日にスタンド2回は
 宜しくないでしょう。
IMG_4717
















IMG_4713
















IMG_4712





















 
 
 
 


IMG_4605 
















 8月24日の納車以来初めて乗った。
 つい、乗るのも面倒くさいと思ってしまうのは歳のせいか?
 開口部の広いTOPを開けチョット髪を切りに代官山まで
 出かけた。やはり此奴はイイ!ゆらり、ゆらりと船の様な
 乗り心地はドイツ車では味わえない。
 手動のTOPをわざわざ開けてこそ感じる爽快感。面倒く
 さがっては何も得られない。齢に関係なく行動あればこそ 
 得られる何かがあるのが人生か?遣って見ればなんて事は
 なかった!だから、人生は自分次第と言うことでしょう。





IMG_4349 
















 ジープフェイスの赤いペダル。
 夜な夜なネット周遊で見つけたものだ。交換ついでに
 ジープの特長であるアクセルとブレーキペダルの段差を
 修正。更にフットレストを新設した。これで普通に運転
 出来るようになった。
IMG_4355
















 マットはラバーをチョイス。
 ご丁寧にフットレスト部分に加工がされていた。さすが、
 FullSizeRender (7)
















 そして、驚いたのが2ドア後部座席用のマットが無い!
 載せ忘れかと思ったが、そもそも存在しないそうだ。
 という事でカー用品店で汎用品を探したら、安い!
 そして、合うではないか!
FullSizeRender (6)
















 汎用品侮るなかれ!安い、ほぼ合う、物も悪くない。

 以上、主な変更箇所はこの位。後は乗りながら弄ろうと
 思っている。


 



















IMG_4347 
















 免許取得から42年。人生最後(本人はそう思ってる)
 の上がりクルマを24日ジープ沼津さんで受け取った。
 HONDAアコードLX5から始まったクルマ好き人生
 最後がアメ車とは驚きだ。欧州車党がどうして?と聞か
 れれば愉しいクルマに乗りたかったから、とでも言うか、
 原点回帰したんだ!いや、良心的な価格が気に入った?
 何も足さない、何も引かない、76年間クルマ本来の姿を
 守って来たJeepラングラー。その懐の深さに嵌って
 しまったと言うのが正しいと思う。
 さて、今回より「クルマ好きオヤジの上がりクルマ」自慢
 を数回に渡りお届けしたいと思います。
 イイ齢こいた、オヤジ最後のクルマ自慢笑って遣ってくさい。
 そして、受け取ったJeepラングラーサハラ期間限定で
 実施された「Make my Jeep」プログラムでオーダーした
 車両を連日連夜「丑三つ時」まで悩んだ結果の弄り作品だ。
 時間を掛けてのカスタムも楽しいのですが、オヤジには
 残された時間が少ないので車両到着から1ヶ月程掛けて
 一気にやってしまった。第一回目はカスタムのメインで
 あるタイヤ&ホイールについてお話ししましょう。
IMG_4336
















 ホイールはKMC XD-SERIES  ROCKSTER 2
 マッドブラックにスポーク部分(2重に成っており脱着
 出来る)の外せる部分とセンター星部分をボディ同色塗装。
 サイズは純正18インチから17インチにダウン。

FullSizeRender (7)
















 そして、今回のカスタム最大のポイントがタイヤ選びだった。
 OFF車でありながら、ON使いがほとんど。でも、見た目は
 OFF車のワイルド感は外せないが本格派Mudテレイン
 では乗り心地に難がある。見栄えか、乗り心地も!悩む
 ところでもある。最近では、年齢からかスポーツ系の硬い
 クルマには乗りたく無いのが本音だ。そんな折4X4メディア
 仲間から新しくなったBF Goodrich KO2を紹介された。
 それによると、All-Terrain T/A(全天候型)でありながら
 ショルダー部分の保護と悪路での走破性を兼ね備えたタフサイド
 ウォール テクノロジーを採用したことで、Mud系のワイルド
 感溢れるデザインを持つAll-Tarrainタイヤに生まれ変わったと言う。
 要は、都会派SUV乗り向け御用達カスタムタイヤと言っても
 イイと思う。そこで、言って於かなくては成らないのがKO2
  All,Mud共に本格クロカンタイヤであるという事。永く使用して
 来た方によると耐久性は圧倒的でパンクしない?が、少々重い。
 と言っていた。変な例えだが、学生時代バイト先の老舗せんべい店
 で教えられたのが良いせんべいは重いと。そして、隣店の老舗羊羹店
「虎屋」さんでも同じことを聞いた覚えがある。せんべい、羊羹、
 タイヤも重い物がイイらしい。密度が重要なんでしょうね!

IMG_4344
















 沼津より高速、一般道150キロ程の感想としては、
 本格OFFタイヤの様で乗り心地は柔らか、そして
 高速コーナーでも良く粘る。予想外にグリップは良い。
 更に、ブロック形状の違いから周波数ノイズが少なく
 静かでした。

 IMG_4335

 














 そして、もう一つの特長がコレ!
 クロカンタイヤと言えば「ホワイトレター」です。
 嬉しい事にKO2は、両面使いが可能。
 私はホイールの刺し色を強調したかったので黒レター
 を表にしました。ご覧のように反対側はホワイト文字です。
 最後にタイヤサイズについて、車高はノーマルのままで、
 純正18インチ、265から、17インチ、285に。
 フェンダーに対してタイヤ面一で上手く入っています。

FullSizeRender (6)
















 インチダウンにより乗り心地も良く、更にタイヤ、ホイール
 の価格も抑えられました。昨今の大口径ホイール、タイヤ
 恐ろしく高いですから、見た目も乗り心地も追及すると
 このあたりがベストかも。
 BF Goodrich KO2 お薦め出来ます。

IMG_4332
















 タイヤの雰囲気で左右されるカスタム。
 IMG_4309
 















IMG_4310

 














 次回はエクステリアについてお話しします。
 目が変わると雰囲気変わると思いませんか?





 FullSizeRender (2)















クルマ好きオヤジの上がりクルマが来ます。
2月にオーダーして半年余り、齢を重ねるスピードで
仕上がりました。Make My Jeepプログラムでオーダー
したラングラーサハラ。ボディカラーはゴビ  シート
タンレザーに幌タイプ。
見せるから楽しむを意識した!でも、クルマ好きだから
弄らなければ気が済まない。カスタムはクオリティを重視
して一ヶ月程掛った。そして、24日に受け取ります。
拘りの自慢話は次回させて頂きます。

写真はカタログよりノーマル状態。







FullSizeRender (2) 
















 車体ナンバー空白で申請していた車庫証明。
 先週末、車両到着の連絡が有り、本日車庫証明回収した。
 14日に登録、その後カスタム作業に掛ると言う。
 いよいよ上がりクルマが来る!
 





FullSizeRender (2) 















早着との連絡を受け月内登録をするべく準備をしたが来なかった!
人生最後の上がりクルマは勿体ぶっている様です。
ディーラーさんも月内1台を目指しましたが届かず。
その気持ちを痛いほど解かるから車体ナンバー欄空白
で申請した車庫証明。(受け取り時に記入)も寂しげだ。
営業は終わりの無いドラマみたいだなぁ〜
うちも今日売上閉めました。

FullSizeRender (6)



このページのトップヘ