ヤングタイマーのロングタームテスト

「車 市場」が購入したヤングタイマーを 担当スタッフが普段使いして長期リポート。

IMG_5795


主治医のガレーヂ伊太利屋さんから連絡が入った。オルタネーター本国にありました。そして、ご相談ですが水廻りがそろそろ危ないので部品が有るうちに交換しませんか?ラジエターからホース類まで一式になります。費用はオルタネーターを含め40万円台位かと思います。一生を共にすると決めているイプシロン。引くに引けない修理だ。もちろん返事はよろしくお願いします。

IMG_4751


47年のクルマ好き人生で乗るクルマには困らなかった私が!困ってます。断捨離で残した2台のヤングタイマーが同時期に入院した。そして、その古さと小台数の悲哀を感じています。シトロエンはシフトスイッチが生産終了しており本国でも在庫無し。イプシロンはオルタネーター国内在庫が無く、本国問い合わせ中と言う現状。2台共に退院見込みが立っていません。教訓1:旧車はそこそこ売れたクルマを選ぶべし。教訓2:国産車のスペアカーを持つべし。教訓3:壊れたからと言って簡単に諦めない覚悟を持つべし。と、自分に言い聞かせながら国産足クルマを思案中でございます。”気長に楽しもうヤングタイマー” です。

IMG_0831


代車では有るが、初めて国産コンパクトカーに乗っている。トヨタヴィッツの初期型1.5L RSと言うスポーツモデルだ。中々トルクフルで走り出す時のアクセルワークは注意を要するほど軽快に走る。これでいいんじゃない!故障の心配も無いだろうし、なんて思っていたが、数日前に一般道と高速を200キロ程走り回ったら身体が悲鳴を上げた。シートが合わない!左足もも裏の痺れと腰痛だ。安価なコンパクトカーで有っても快適に移動出来なければならない筈なのに。因みに、我が相棒の極小スマートとて足腰の痺れは起きない。更に、小さな高級車を謳ったランチャイプシロンは上級車並の快適移動が出来ます。世の中EV時代と騒ぐけど、今の日本には安全で質の良いコンパクトカー(軽自動車も含む)が必要と思う。安全や快適は買うものですよね!

IMG_0836

オルタネーターが逝かれたと思われるイプシロン。今日ローダーに載って主治医の元へ向かいました。バッテリーの充電も行い自走可能状態でお渡ししました。それにしても満充電だと警告灯も点灯しない所も解せないけど、、次いでに12ヶ月点検も行う予定。いやぁ〜、イプシロン前から後ろまで破綻しないデザインは美しいと思いませんか?15年経っても飽きないのです。IMG_0828

IMG_4254


ギアがバックに入らなく成って5か月が経過したシトロエンC2 VTR。ディーラーに運ばれてから、更にDモードに固定されエンジン始動出来なくなり放置状態だったものをやっと引き取って来た。師匠曰く「最悪だ!」新品が存在しないシフトスイッチ。苦労の末見つけた中古品はマッチせず(年式によって違うらしい)お手上げ状態。あとは部品取り車を購入するしかないが、今は見当たらない。気長に待つしかないね!と、見つめ合う師匠と弟子でした。

このページのトップヘ