イメージ2












前回は、カングー
1では「お馴染み」となっているメカニズムの代表的な弱点を、「サンク」のメカニックがひとつひとつ検証しながら対策していく過程を取材して報告しました。で、車両の購入代金は、その納車整備代と税金などの諸費用をプラスして、合計775810円(消費税込み)だったわけです。4.8kmという少なめの走行距離を考えると、安く上がったと思うのですがいかがでしょう。細かいところまで手が入ったのですから、まぁ、これでしばらくは平穏無事に走ることができます。いや、走れるはずです。で、若干調子に乗った担当者は、ちょっとした装備品を交換するだけで、見た目と実用性が格段に向上するプチ・カスタマイズを実施。今回はそのリポートをお届けします。

最初に行ったのがフロアマットの交換です。
古いマット










この車両に敷かれていた純正のマットは、すでに泥にまみれ、本来はどんな素材で、どんな色だったのかも分からないほど(たぶんクリーム色)、酷い状態でした。そこで、クルマ好きにお馴染みのマット「KARO」に交換。チョイスしたのは、特殊化学繊維をループ織りに仕上げてあるFLAXY(フラクシー)です。「KARO」には、カングー1用のマットが用意されており、もちろん運転席マットにはストッパーも付きます。ご覧のように、マットを交換するだけで室内の雰囲気はガラリと変わります。見事にポンコツ感が消えるのです。我がカングーもご覧のように明るくクリーンな室内に蘇りました。フロアマットはやはり中古車の「いろはのい」ですね。価格は、運転席、助手席、後席×2で、33,200円でした。

マット1














マット2







マットを交換するだけでも室内がパリっとします。


プチ・カスタマイズ:その2は、ステアリングホイールです。

古いハンドル










純正品は、いかにも商用車チックなまったく飾り気のないもの、しかもキズや汚れで、これまた酷い状態でした。

ハンドル










そこで、「サンク」がオリジナルで販売している本革への巻き替えをオーダー。ご覧のような仕上がりになりました。ちなみに、革の色は、上部・下部・サイド、それぞれに
30色以上が用意されていて、担当者は、明るいブラウンとフレンチブルーの組み合わせとし、さらに、トリコロールカラーのワンポイントを付けてみました。装着後、「ヤラカシた!」派手過ぎた! と思っていたのですが、娘たちに印象を聞くと、次女:「いいんじゃない。いつも紺かグレーのスーツで地味なおじさんなんだから、ハンドルくらい明るくても」、三女:「そうそう、クルマくらいお洒落にしないと終わってるからね」とのこと。なんと……、聞かなきゃよかった。まっ、とりあえず、年頃の娘たちが「お洒落なモノ」と認識してくれたということで、こういうカジュアルなステアリングホイールも、カングーだから「あり」かな、と思っている次第です。料金は、工賃込みで28,716円。日本製の革だからでしょうか、すごく安いと思います。


プチ・カスタマイズ:その3は、オーディオです。

カングー1_ステレオ










カングー1には、古典的な、というか、機能も音質もすごく「ショボイ」、これまた商用車チックなオーディオ(ラジオ+CD)が装着されています。長距離移動の多い担当者は、これでは間が持ちません。カングーは、レーシーな排気音を奏でるわけでもないですし……。ということで、「サンク」の店主に相談したところ、「新しいキットを作ったから、第1号車としてやってみる?」との誘いを受け、実施を決断したわけです。そのキットとは、カングー2の純正オーディオに換装するための配線のセット。ただし、本体は自分で仕入れてこなければなりません。担当者は『ヤフオク』にて11,880円で調達。「サンク」オリジナルの配線キット(部品代)が12,960円(消費税込み)、取付工賃が4,860円(消費税込み)ですから、かかったコストは合計29,700円でした。

ステレオ配線










で、仕上がりはご覧のようになります。カングー
2の純正オーディオを取り付けることで得られるメリットは主に2つあります。まずは、音質が格段に向上すること。少なくとも、近代的なサウンドになります。そして、二つ目が、USBの入力端子が付いていること。いまどき、車内にCDを持ち込むのは少数派、ほとんどの方はスマホで音楽を聴いているはずです。私のようなおじさんだってそうなのですから間違いありません。ゆえに、このUSB端子は非常に便利。ケーブルでスマホにつないでおくと、充電しながら音楽を聴くことができます。さらに、「Bluetooth」も付いていますし、もちろん、ステアリングの裏に付いているサテライトスイッチもそのまま使用することができます。
カングー2_ステレオ







それにしても、カングー1のダッシュパネルはシンプルです。

ただし、取り付けてみると、上部がほんの数ミリですがはみ出してしまうのです。やはり、カングー
2に比べると、カングー1は機能がシンプルなだけに、本体や配線を収めるためのスペースが小さいのでしょう。カングー2のオーディオを突っ込むと少しだけ出っ張ります。でも、上からのぞいて分かるくらいのものです。少なくとも、僕は気にならないのでそのまま使用していますが、余裕ができたら対策を考えたいと思います。


さて、今回のプチ・カスタマイズにかかった金額は、フロアマット33,200円+ステアリングホイール28,716円+オーディオ29,700円、合計:91,616円でした。

室内はご覧のようになりました。決して安いコストではないですが、これで我がカングー1の室内が美しく、さらに実用性も向上したことを考えると、大成功だったのではないでしょうか。なんて、自我自賛している次第です。

 室内










ところで、第2回のリポートで、エンジンのヘッド部分を移植する作業を報告し、前回、それを含めた購入代金などをお知らせしたわけですが、多くの読者や関係者より、「エンジンを丸ごと載せ替えた場合の目安となる料金を教えてほしい」との質問を受けました。そこで、「サンク」の店主に追加取材を行いましたので、その詳細を報告します。

以下、エンジン本体の交換工賃です(価格に本体の購入代金は入っていません)。

・エンジン脱着(中古でエンジン単体がある場合):117,000

・補器類(オルタネーターやパワステポンプ、エアコンコンプレッサー等)脱着18,000

・他の補器類(タイミングベルトやウォーターポンプ)脱着9,000

ドナーとなるエンジンがどの様な状態で来るか、また補器類の状態などによって変わってきますが、工賃だけでも140,000円くらいはかかるわけです。プラス、中古エンジン本体の代金、また、常識的に考えるといくつかの補器類は新調することになりますから、その部品代も合わせ、それなりのコストがかかってしまいます。最低でも、300,000円くらいはみておいたほうがいいのではないでしょうか。
さて、次回は、さっそく関西出張に引っ張りだし、長距離を走っていますので、その報告を行いたいと思っています。果たして、何事もなく東京に戻ってこれたのでしょうか。お楽しみに!
イメージ