IMG_9766 (1)
 



















 
 シトロエンC2弄ると愉しいよ!リポート車。
 納車と一緒に師匠から追加見積書を渡された。予算を決めての弄りと
 解っていたはずなので、チョット足が出たのだろうと受け取っておいた。

 予算大幅オーバーです。何で!
 
 何か理由があるんだろうなぁ〜、何でも良い方に考える様にしている
 私としては、、でも、困ったもんだ!

 そんな思いの中、納車後初めての徹底掃除を行った。
 先ず、洗車からボディ全体に散水すると水が弾かれボディから流れ落
 ちる。ウインドウ、ホイールまでも同様にだ。ああ、コーティングが掛
 ってる。師匠が遣りそうなことだと思いながら作業を進める。

 見えてくる、見えてくる、予定外の物が、キャリパー前後がイエローに
 塗装されローターにはスリッドが入っている(後輪も)そう言えばブレ
 ーキ強化でパット交換とホースもステンレス製にすると聞いていた。
 これ、良かれとの思いからなのだろう。

IMG_9718





















 そして、室内灯がLEDに交換されていたのは、あ〜やったんだ!
 と、スルーしてトランクスペースを掃除中に感心したのが、ここもLED
 に交換されていた。いや〜師匠、息を吐いたら吸う関係「阿吽の呼吸」
 ですね。実に細かいところまで手が入っている。師匠のクルマ愛を感じる
 のです。

 そんな愛を感じながら、数日後、「遣り過ぎでしょう!師匠」と声を掛けた。
 すると、「はい、遣り過ぎた」と、神妙にする師匠。

 永いお付き合いなので、責めると言うより掃除から伝わったクルマ愛の
 話をしだしたら、走って来た?と聞かれた、まだ、と答える。
 すると、先ほどまで神妙だった師匠は、息を吹き返したかのように、今回
 手を入れたC2が如何に変身しているか雄弁に語りだした。

IMG_9723





















 そして、その場はクルマ愛を感じた時間になってしまった。

 クルマ好きは、如何してクルマに優しすぎるのか?

 結論は、「しょうがない」

 但し、師匠! 反省し少しのペナルティは受けないと駄目よ!

 これが、今回の始末でした。

 さて、C2リポートスタートから可笑しな事から始まりましたが、これで
 
 まともにスタート出来ます。

 車両と追加見積りを受け取りスタートしたC2は、アクセルを開けると
 
 ボボボ、、と太い音がする。あれ〜、ボーイズレーサーを気取ると言った

 けど、これ、チョット恥ずかしいくないかい????

IMG_9739





















 続く

IMG_9765