IMG_9595それは、クラシックレンジローバーの一時預かりを依頼する電話だった。受話器の相手はMrレンジローバーと呼ばれランドローバーディーラーネットワークでは誰もが知る宮澤久哉氏である。「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今、何処です?」”はい、クルーズでシンガポールに向かっており2日後には東京に戻ります。「そうですか、実は〇〇さんに預けていた白のクラシックが戻って来ます。戻るときは声掛けてって云ってましたよね!」令和2年1月5日、昼寝中の船室で鳴った吉報だった。本車両は4年程前、宮澤氏自身が乗るためにジャガー・ランドローバー三島により渾身仕上げ(レストア)された初期型バンデンプラス、後部エアコンとウッドテーブルが装備された数少ない正規輸入車両。そして、クラシックレンジ・バンプラの一時預かり人を仰せつかりました。これより車両確認し追加手直し等の相談をする予定。

レストア間もなく制作された宮澤氏による車両紹介動画。こちら

*一時預かり人とは、
名車と呼ばれる車両を後世に残すためにシッカリした管理・保管を心がける車を愛する人。