ヤングタイマーのロングタームテスト

「車 市場」が購入したヤングタイマーを 担当スタッフが普段使いして長期リポート。

タグ: シトロエン


IMG_6552シトロエンC2リモコンキーを交換した。過去3回ほど起きた施錠不良。リモコン側に問題あるかも?との助言を受けてスペアーとして新調して有ったものにバトンタッチ。これで暫く様子見です。下が新品。そして、やっと開けた梅雨半月振りに洗車掃除を行った。




IMG_6554









IMG_6133師匠から弄ると愉しいと言われ車両価格の3倍も掛けて仕上げたシトロエンC2VTR
1600ccモデル。ほぼ1年、5,000キロ乗っての感想は「お気に入りに登録」と言って良いと思う。本コーナーのコンセプトである安価なヤングタイマーを弄って愉しむは正しい選択であった。半自動運転も出来ドライバーに暇を与えすぎる昨今の高価なクルマより、五感に適度な刺激を与えてくれるヤングタイマー車両。何気に合います。


IMG_6134う〜ん、1年経過したか!エンジン駆動系は絶好調、足回りは硬い、、カッコ付け過ぎた感はいがめない。此奴で高速道路を走ると解かる事がある。路面が荒れてうねっているのである。楽チンなクルマでは気が付かないと思うが東日本大震災で受けたダメージは修復出来ていない。東北道、常磐道はもとより東名まで及んでいると思われる。また、気候変動による熱さも影響しているかも知れない。と言うことで、見栄えより乗り心地を重視した方が良いと思うこの頃です。乗り心地からか、乗っている様で乗っていなかった。1年で5,000キロでした。
IMG_6131










 


IMG_6085クルマと何とかは新しい方がイイ!
いやいや、そうでも無いと思うのですね〜、好きか、嫌いか、と言うか好きになれるか!
だと思もう。ビジネスとして売るために出来たものと好きで造ったものでは味が違う。極端に言えば媚びないもの造り。そうこのヘンテコリンなシトロエンC2と約1年付き合って解かる「食わず嫌い」の意味。
 







IMG_5731 低速走行時荒れた路面でのガタゴト音が復活した!何と嬉しい事か!考え抜いた末に犯人を見付けた思い出で緩衝材対策をして効果が有った気がしたが、、
何事も無かったように同じ音がしている。さて、さて、如何したら良い事か、、後部座席で発生元を聞き分けるとするか?
気に成りだしたら気になるガタゴト音です。犯人探しもう少し掛りそうです。












IMG_5735最近は燃費を考えずにオートマモードで普通に乗っていた。そうだ燃費は如何なっていたか?と言うことで久し振りの燃費報告です。あら、何と単純な事か、満タン計算で186キロ走って18リッター給油した。ハイオクガソリンを使うコンパクトカーリッター10キロ。最近のクルマではあり得ない数字ですね!それでも何故か嫌に成らない旧車の味とでも言いましょうか?
IMG_5732
























IMG_5733












IMG_5530梅雨に突入しました。濡らしたくは無かったがC2で出かけた。ガタビシ音も大分減り静かになったキャビン。エンジンの調子も絶好調と言えるくらい気持ち良く回る。濡れた路面スリップに気お付けたアクセル加減を心がける。オヤジの過信は禁物だから、そんな注意を払いながら雨足が強くなり後方視界も悪くなったのでリアワイパーを稼働すると拭き残しが目に入った。先月の点検時ワイパープレート交換したは筈だが、もう一回拭いてて見る。するとワイパーは通過しても二筋の雨だれは残っている。あれ、内側だわ、、もしかしてリアゲートが締まっていないか?交通量の少ない所で確認するも締まっていた。それでも念のため開閉動作を行ったが、まだ残るバックミラーに映る二筋の雨だれ!その後、何故か治まって来た気がするのが不思議だ。まあ、乾燥していたゴムシールドに潤いが出てきたのでしょうか?
IMG_5526





IMG_4549 変なようで、変ではない姿をしているシトロエンC2。見慣れると良いデザインかな?なんて思えてくるから不思議だ。朱色に黒いホイール程よい車高と、いい塩梅に見えちゃうのは云い過ぎか?14年前の安物を弄ってこんなに愉しませてくれる此奴は偉い!安価にヤングタイマーを愉しむお薦めしたい。


IMG_4511 特別な事は無く元気に走りまくっているC2。軋み音もシリコンスプレー効果で消えたのですがガタゴト音だけは残った。低速時に出るので耳を澄まして発生元を探る。考えられるのはリアトレーが暴れている気がするので緩衝材を使って見ようと思う。こんな事もクルマ好きには楽しいことなのです。


IMG_4431 シトロエンC2のエアコンはオート機能が付いている。当時コンパクトカーながらコスパが良いと言われたひとつでもありました。が、適当な働きしかしないのです。暖房も冷房もAUTOにすると上・中・下から送風が始まりいつまでも続きます。新車だったら文句のひとつも言いますが中古車だからしょうがない。安価に楽しむヤングタイマー間違っても直そうなんて考えないのです。エアコンは正常に作動しているので単に手動に切り替えれば済むこと。まだ、液晶表示が欠けてないだけましなんでしょう。と言う事でAUTOエアコンはマニュアルになっていると言うお話しでした。
IMG_4456


IMG_4428数日だが自宅第1ガレージに戻った。シャッターを降ろせば近所に気兼ねなくクルマ弄りが出来る。クルマ好きには何よりの楽しみだ。汚れても無いのに掃除機掛けをし、暫く眺めて”イイじゃない” なんて独り言を言って、ほくそ笑む!クルマ好きなら解かって貰えますよねぇ〜


IMG_1813





















 
 「弄ると愉しいよ!」と言われ来月で1年に成ります。
 確かに「弄ったシトロエンC2VTR」は愉しい。そして、まだ飽きてはいない。
 それどころか、リポート車は1年位での交代と思っていたが乗り足りていない気がす
 るのでもう暫くリポートを続けたいと思います。
 そして、出張前に依頼していたシートのほころび、フロントガラスリペアーは終了して
 居たのですが、師匠は気を使ってくれて経年劣化したベタベタのスイッチボタン2つ
 とスペアーキーを発注していた。更に、来月12ヶ月点検を迎えるため序でにディー
 ラーに入庫させることに成った。気づけば年齢同様にあっと云う間の1年を振り返って
 思う。クルマは安全面を考慮すれば新しい方が良い。でも、、この続きは本リポートで
 体験して行きたいと思います。まだまだ続きますシトロエンC2VTRリポート。
 
 
 










IMG_2252




















 
 馴染んで乗り易くなったシトロエンC2 VTR 1.6L。
 磨き込むだけ綺麗になって行くのも嬉しい。
 そこで、私を見てとばかりに写真を撮ってみましたので見てやってください。
 私のクルマは何時も綺麗がモットーです。
IMG_2209




















IMG_2228











 








IMG_2211




















IMG_2210




















IMG_2227




















IMG_2216




















IMG_2235




















IMG_2243




















IMG_2225




















IMG_2223




















IMG_2214




















IMG_2199




















IMG_2217




















IMG_2230




















IMG_2222




















IMG_2220




















IMG_2241




















IMG_2206




















IMG_2198




















IMG_2194














 


IMG_2178 




















 書こうか迷った!
 真実なのだが「また〜」と思われる内容だからだ。
 でも、真実はひとつ。
 だから、書こうと思う。
 SEVを足し算して何が起こったか?
 以下は、今日静岡往復で体験した出来事である。
 我がシトロエンC2VTRは覚醒したかのように巡航速度が2割増しで
 走り続けた(以前は道路のうねりや、継ぎ目で跳ねハンドルを取られる
 ため真直ぐ走れなかった)それがどうした事か、うねり、継ぎ目をいなし
 真直ぐ走れるから必然的にアベレージが上った。
 更に、恐れも無く未知の世界にもチョットだけ行ってみれた。
 すると「ヒュゥ―」という吸気音の次に排気音が音楽の様に聞こえて来た。
 これを吸ったら吐く「阿吽の呼吸」とでもいうのでしょう。
 実に心地良く師匠が言っていた「音」の話を思い出しながら、ああ、この
 事か!と納得。そして、帰路途中で29リッター給油してオドメーターを
 確認すると348キロ、満タン計算でリッター12キロになる。
 これは2,000キロ程乗って初めての数字。良くて10キロコンマ前半、通常
 9キロ台だった。スピードが増し燃費が良くなるSEV信じて貰えますか?

IMG_2173
 













IMG_2104 




















 シトロエンC2VTR SEVの追加装備をした。
 
IMG_2089




















 センターオンに続きイプシロンで使用中のダッシュオンとロアアーム
 (生産終了、Sブロックに近い物)を追加装着した。
 ダッシュオン:ダッシュボード中央に設置して使用。
 エアコン吹き出し口に装備されているのはSEVエアーベスト、マイナス
 イオン効果で室内快適。
IMG_2090





















 4個一組で、室内4隅に設置。
 又は、足回りロアアーム4カ所にそれぞれ設置。
 
 効能については体感する事が一番と思いますのでコメントは控えます。

 今回センターオンを装備しての体感は述べました。
 SEVは足し算と言われる事から、ダッシュオン、ロアアームを追加して
 の感想は「乗り易くなった」と言えます。
 本来、チューニングとはクルマの基本能力「走る」「曲がる」「止まる」
 を手助けする事で、クルマをスムーズに乗れる様にすること。
 そういう意味でSEVの基本概念である「物はストレスによって100%
 の能力を出せていない」ストレスを減らすことで、本来の能力を出せれば
 充分であると言う。そして摩訶不思議な事にSEVは人体にも威力を発揮
 します。私は40数年来の肩こりをSEVによって抑えています。(完治
 では無く装着中はコリを感じない)日々肩こりのストレスを感じないのは
 有難いことです。これ以上は怪しくなるのでこの辺にしておきます。
 SEVにご興味がありましたら専門家に聞いてみて下さい。

 お問い合わせ
 株式会社 メディカルイオン
 東京都千代田区岩本町1−4−3
 TEL 03−5829−6020
 ホームページはこちら










 
 
 




  



















IMG_2029 (1)




















 依頼していた純正マットが届いた。向かって右側が新品。
 見た目は変わらない(同じ物なので当たり前)が、触れれば解かる13
 年間とでも言いましょうか!13年掛けて柔らかく「ふにゃふにゃ」に
 成っていた。そうか13年前はこんなにシャキットしてたんだ!
IMG_2030




















 向かって右側が新品。
 同一物なのでストッパーもそのまま利用できます。
 IMG_2026




















 正直、よくぞ有りましたです。

IMG_2032




















 ドアを開けて最初に目に入るこの光景。
 汚れたマットにチリゴミ、更に曲がっていたら興ざめですよね!
 特に、中古車ならマットは新品にしてから乗りたいですね!
 気分が違いますから、、



























 





 


IMG_1417 
















困っちゃうよね〜、愉しいわ、絶好調で、燃費は悪化した
マンマのシトロエンC2VTR。
最近、名車館ステージの取材や営業でプロショップにお邪魔
する機会が増えたのですが、何故かメカニックの方々が出て
来られるのです。今日もガレージENZOで工場長が出て来
られて○○さんマニュアル?と仰る。いえ、2ペダルですと答
えると、入って来た時の音がなね! イイ音してました?
うん、なかなか、、嬉しいですね〜、、最近こんな会話が増
えました。








IMG_0812 
















 またぞろ燃料費が上りだした。
 C2はハイオク仕様なのでリッター160円になる。
 そして、28,92Lで何キロ走れたのか?
IMG_0815
















 答えは、327,6キロ。
 1リッター当たり 11,3キロになる。
 実は、この数字チョットした気遣いから13%位良くなった
 ものなのです。
 以前に陳べました、ひとつ下のギアを選び「何時もやる気」
 のミッションが学習をし、早めのシフトアップをしたり、
 強制操作しての数字なのです。
 やはり「何時もやる気」のミッション選択は燃費に影響する
 と思っていたのは正解だった。たかが、では無かった。
 C2現在も学習中、今後どの程度まで伸ばせるか楽しみ!

IMG_0768







































IMG_0819
















 だらしなく口を開けだしたダッシュボード。
 師匠の処置では持たなくなった。これ、本格的な処置を
 する必要に迫られた。

IMG_0380
 















 問題はオス側、メス側フックが交わらないのが原因。
 今回その理由が解かった。経年変化による独立したグローブ
 ボックス枠が変形。ダッシュボードに固定されているメス側
 とに距離が出来たためと判明。
IMG_0572
















 で、師匠はオス側で処置を行っていたが、見ての通り。
 恒久的に持つわけもなく今回の仕儀となった。
 (輪ゴムは私が掛けた)

IMG_0816
















 同じ延長するにも硬い物をと金属プレートを用意した。
 オス側に合わせようと曲げたりして見たものの合いません。
 試行錯誤を繰り返した結果、オス側でなくメス側で考える
 事にした。
IMG_0867
















 金属プレートを半分に切り固定されているメス側を延長
 注)枠がズレテいるのが解かりましょうか?メス側が枠
        に固定されていない。これが問題でした。
 この上からテープで化粧をしてこの通りに成りました。
 まあ、成功と言えますか?
IMG_0868
















延長かみ合わせに対しフックバネの力不足を補う意味で
蓋をロックした。使い時は解除すれば良いので。

経年変化か、すると此奴も何時かは?
電動ドアミラー開閉時に発する 「ゴゴゴゴ、グアーン」
音は不安を覚えます。畳んだ状態で止ったら、、、
だからなるべく使わない様にしています。でも、使わない
と壊れるとも言われますね!これが経年変化ですか、、
IMG_0839
















IMG_0838
















IMG_0840

















 続く






















 





















 


IMG_9935
















 ヤングタイマーを弄って愉しむリポート。
 シトロエンC2 VTR 1,6L 第3回目はエクステリア編に
 成ります。上の写真はチョット遣り過ぎた完成状態。
 以下、特別説明は致しませんのでビフォーアフターをご
 覧ください。
 ルーフ再塗装
 IMG_5554














IMG_9943
















ボンネット再塗装
IMG_5549














IMG_9944





 










バンパー・グリル再塗装及びシェブロンマークマッド
ブラック塗装
IMG_5556














IMG_9960

















ヘッドライトユニット左右交換。LEDライト化
IMG_5536















IMG_9946
















フォグランプLED化、及び外付けイカリングタイプ
LEDデイライト追加。(4段階調整付)
IMG_9938
















ホイール
純正16インチから
OZレーシング スーパーツーリスモGTマットブラック
17インチへ変更。

IMG_5542














IMG_9948
















タイヤ
装着されていた中国製からTOYO PROXES T1R
205-40-17に交換
IMG_5539














IMG_9951

















テールランプユニット左右交換。
スポーティ感の演出の為交換。
IMG_5593














IMG_9955
















リアエンブレムの整理とマットブラックへ塗装
IMG_5577














IMG_9958
















 リアの長いアンテナはショートタイプに交換。
 見栄えも良くなりました。
IMG_9970
















車高調整サスペンションにより適度(私信)に落とされた
車高とホイール面一になったフェンダーのバランスはイイ
んじゃないでしょうか。

IMG_9963
















マッドブラックホイールから覗くイエローキャリパー。

次回は足まわり、吸排気編に成ります。












このページのトップヘ