ヤングタイマーのロングタームテスト

「車 市場」が購入したヤングタイマーを 担当スタッフが普段使いして長期リポート。

タグ: sev


IMG_2344





















 今週のすご〜く寒かった日のこと。
 エアコン温度を24度にしていると何やら熱い。
 吹き出し口に手を遣ると確かに風が熱く昔のヒーターの様だ。
 やれやれエアコンセンサーが逝ったか?で、先ずは設定温度を22度ま
 で下げて見る。すると正常に反応するじゃないですか!
 あ、そうだ、忘れてた。SEVが犯人だ! エアーベストと+SEVが
 ホカホカ効果を生んでいるのだ。実際、自宅エアコン吹き出し口に
 SEVエアーベストを付けていた事を思い出した。
 それにしてもC2での効果は余りにも単純でチョット異常だと思う。
 因みに25度での風は熱風!間違っても25度以上は使えない。
 これがSEVエアーベストのホカホカ効果です。また、怪しいレポート
 をお届けしちゃいました、、、
 
 IMG_2343




















IMG_2231























 



IMG_2269 





















 SEV装着後の変化が著しい!
 何と言おうか別のクルマに乗っている様である。
 タイトルの通り「滑るが如く滑らかに!」と表現した。
 これ、本当ですから、、
 先ほどジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立さんまで首都高速を
 気持ち良く走って来ました。経験から言えるのですがSEVはヤングタイ
 マーと呼ばれる年代車両との相性は良い様です。怪しげなリポートでした。












IMG_2178 




















 書こうか迷った!
 真実なのだが「また〜」と思われる内容だからだ。
 でも、真実はひとつ。
 だから、書こうと思う。
 SEVを足し算して何が起こったか?
 以下は、今日静岡往復で体験した出来事である。
 我がシトロエンC2VTRは覚醒したかのように巡航速度が2割増しで
 走り続けた(以前は道路のうねりや、継ぎ目で跳ねハンドルを取られる
 ため真直ぐ走れなかった)それがどうした事か、うねり、継ぎ目をいなし
 真直ぐ走れるから必然的にアベレージが上った。
 更に、恐れも無く未知の世界にもチョットだけ行ってみれた。
 すると「ヒュゥ―」という吸気音の次に排気音が音楽の様に聞こえて来た。
 これを吸ったら吐く「阿吽の呼吸」とでもいうのでしょう。
 実に心地良く師匠が言っていた「音」の話を思い出しながら、ああ、この
 事か!と納得。そして、帰路途中で29リッター給油してオドメーターを
 確認すると348キロ、満タン計算でリッター12キロになる。
 これは2,000キロ程乗って初めての数字。良くて10キロコンマ前半、通常
 9キロ台だった。スピードが増し燃費が良くなるSEV信じて貰えますか?

IMG_2173
 













IMG_2104 




















 シトロエンC2VTR SEVの追加装備をした。
 
IMG_2089




















 センターオンに続きイプシロンで使用中のダッシュオンとロアアーム
 (生産終了、Sブロックに近い物)を追加装着した。
 ダッシュオン:ダッシュボード中央に設置して使用。
 エアコン吹き出し口に装備されているのはSEVエアーベスト、マイナス
 イオン効果で室内快適。
IMG_2090





















 4個一組で、室内4隅に設置。
 又は、足回りロアアーム4カ所にそれぞれ設置。
 
 効能については体感する事が一番と思いますのでコメントは控えます。

 今回センターオンを装備しての体感は述べました。
 SEVは足し算と言われる事から、ダッシュオン、ロアアームを追加して
 の感想は「乗り易くなった」と言えます。
 本来、チューニングとはクルマの基本能力「走る」「曲がる」「止まる」
 を手助けする事で、クルマをスムーズに乗れる様にすること。
 そういう意味でSEVの基本概念である「物はストレスによって100%
 の能力を出せていない」ストレスを減らすことで、本来の能力を出せれば
 充分であると言う。そして摩訶不思議な事にSEVは人体にも威力を発揮
 します。私は40数年来の肩こりをSEVによって抑えています。(完治
 では無く装着中はコリを感じない)日々肩こりのストレスを感じないのは
 有難いことです。これ以上は怪しくなるのでこの辺にしておきます。
 SEVにご興味がありましたら専門家に聞いてみて下さい。

 お問い合わせ
 株式会社 メディカルイオン
 東京都千代田区岩本町1−4−3
 TEL 03−5829−6020
 ホームページはこちら










 
 
 




  



















IMG_2049





















 ヤングタイマーのシトロエンC2VTRモディファイ。
 車齢10年を越えパーツも少なく限られた物で仕上げていた。そして、
 選んだ車高調整付タンパーは一番柔らかめにしてもまだ硬かった。
 特に高速道路の繋目では跳ねてしまい直進安定性に不安があった。
 対策は飛ばさない事ですが制限速度+αでも巡航はしたくないと思う始末。
 まあ、それでも10年を越えて良くぞ残っていたパーツ類に感謝しなくて
 は成らないと思い我慢していた。そこで、知る人ぞ知るSEVを試す事に
 し、手持ちのセンターオン(初期型)を規定通りセンターコンソール付近
 に置いてみた。で、ここからは怪しくもある内容になりますが私信として
 述べたいと思います。

IMG_2045




















何年も使っていたので文字も消えてしまった。
初期型センターオン。(現在は黒塗装でスタイルとレーシングの2種類)
IMG_2044





















車両中心に前後移動で走行フィーリング変化を体感できます。
IMG_2046




















 
C2はこの位置に決定。
 感じられる効果としては、
1.エンジントルクが増した。
2、エンジン回転レスポンスが良くなった。
3.高速道路ある速度域以上でも真直ぐ走る。 
4.道路繋ぎ目で跳ねない(柔らかくいなす感じ)
5.俄然走る事が愉しくなった。
以上、半日の感想です。センターオン1つでこれだけ体感できた。
SEVは足し算なので手持ちを増量してみようと思います。
次回をお楽しみに!

IMG_2047
































 






このページのトップヘ